ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

映画ファン必見の青春映画

両親が共働きということもあり、学級委員長でありながらも友達があまりおらず
寂しさを補うように100均で万引きを常習する葵。元カレで友人の瞳の彼氏尊と関係を持ったことで生理が来なくなり…
妊娠をしているのではと悩みを抱えつつも友人や元カレと本音をぶつけ合うことはないはづき。ある日、学校の帰りに葵は認知症のおばあちゃん悦子とぶつかってしまう。偶然にもはづきはその光景を見たのではづきも葵と合流し、道に迷っているであろう悦子にどこに行くはずだったか案内することにした。当初、悦子は銀行に行くのかと思われたが認知症であったこともあり、暗証番号は覚えていなかった。結局、3人は悦子とファストフード店に行ったりゲームセンターに行ったりするなかで、悦子が本当は初恋の人にラブレターを渡そうと道に迷っていたのでないかと葵は思うのであった。


萩原みのりさんと久保田紗友さんに関しては私自身テレビドラマで見掛けることもあったので知っていたのですが、ダブル主演ながら隠れた良作に近いかなぁと思いましたよ。

青春映画というジャンルには入るものの「友達」「友情」といった簡単そうで難しそうなテーマを80分に押さえていて、若干ホラー要素もありつつも感動させられる描写や微笑ましいラストを含めて普段関わらない二人の交流を上手く描いていた映画だと思います。

私としては強いて言えば友達をあまり作らない人間なので寂しさを埋めるために他人には打ち明けにくいことをしがちな人間ではあり、でもちょっとははづきのように群れで行動する人たちの輪に入りたいなぁなんて思ってしまうのですが、
ちょっとこの映画で怖いのははづきが妊娠検査薬で陰性だと分かり、元カレや友人たちにLINEで返信が山のようにかかるのですが、演出を抑えつつもまるでACJAPANの広告を彷彿とさせるような演出でゾッとはさせられ、結局岡本夏美らは一体本心では何考えてたんだろうかと……。そう思うと、やはり友人がいない方が楽だなぁと考えざるを得ないシーンでした。

短期間の撮影ということもあってか、時間は短いものの役者陣の演技はよく、特にもたいまさこさんや木野花さんといったベテランの演技には助けられているところもありつつも、主演二人が中盤で葵の家で衝突する様や陰性だと分かってホッとするシーンなんかはとても印象に残る演技でした。

ちょっと悦子さんの過去の話はちょっと察しないと分からなかったりするところもあるし、結局はづきはあの何考えてるのか分からないし上辺だけの付き合いのような友人や元カレと高校を共にするのか……とちょっとモヤモヤ感はありつつもラストはちょっとではあるものの当たり前ではあるかもしれませんが葵とはづきが高校で挨拶する光景を浮かべてならない……そんなホッコリとさせられるものの友情が何なのかを考えさせられる良作でした。
otkino

otkinoの感想・評価

3.7
いつも存在感を放ちながらも一般人に化けるもたいまさこが完成された女優に見えて画面から浮き出ちゃうぐらい、女子高生たちがあまりにも自然体でいい演技だった。。。
椿

椿の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの邦画。
なかなか好きな雰囲気とストーリーでした。
わりとベタな、タイプの違う子たちのガール・ミーツ・ガール。
(島本理生や豊島ミホの青春小説みたいだなーと思いつつ… )

なんだろ。10代のときって、学校周辺だけが世界の全てなんだけどある程度のトシになると、全然そんなことはないって気がつく。
はづきとあおいの苦しさも、もう何年か経ったあとには、そんなことあったな…くらいになってしまうんだとおもう。
そういう感覚の入り口に、えつこさんとの交流によって立ったのかな。

『ハローグッバイ』……こんにちは、さようなら。
ささやかな出会いと、お別れ。

あの人にも、この人にも10代の頃があって、出会って別れて、ここにいるんだよ、というこじんまりとした、でもやさしい話でした。

劇中曲は軽やかな仕上りだったんだけど、あれが相手への気持ちや過ごした時間を表現してるなら、ほんとに明るくて幸せな時間だったんだろうな。
0milligram

0milligramの感想・評価

4.2
女子同士のぶつかり合いって男子より怖いよね…
でも真の友達ってこういうものか〜と感じました

もたいさんにつられて涙…
どの役者さんも素晴らしくて
久々に響く作品でした
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

同じクラスだが会話を交わすことすら稀な2人の女子高生が、偶然2人で認知症のおばあさんを助けたことをきっかけに交流を深め、やがて一緒におばあさんの初恋の人の居場所を探すという話。

あらすじの印象では心温まる物語を想像していたが、女子高生のうわべだけの人間関係やスクールカーストを生々しく描いた作品だった。一方はカースト上位のグループに属し、もう一方は地味で友人のいない学級委員。相容れない両者だが、お互いの他者には言い難い悩みを知ったことで素直な感情を遠慮なくぶつけ合う仲となる。2人は友人とは言えないかもしれないが、打算が一切無く、変に言葉を取り繕わない。言葉少なめながら、少しずつ絆を深めていく流れは大変興味深かった。おばあさんの件が終わったあと、お互い明日からの決別を宣言しているのに別れ際に名前で呼び合うくだりは感動的ですらあった。
反面、同時並行で進むもたいまさこ演じるおばあさんのエピソードが少し弱い。おばあさんと初恋の相手との思い出のピアノ曲はかなり良い曲だったけれど。ただ、認知症のおばあさんが最後に女子高生2人のことを忘れてしまうのは切なかった。

ラストに委員長の女子高生が完全に孤立してしまった際に、よくある話だとそれまでの友人関係全てを投げ打ってでももう一方の子は委員長の子を助けそうなものだが、助けようとする葛藤を見せつつ、結局何もしないという対応をとった。その行動は不思議と説得力があった。
友達とは何かという深いテーマをていねいに描いていて意外な良作だった。
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

3.5
木野花さん、すごい。
ほとんど無名のキャストなんですがすごく口当たりの爽やかなストーリーであとあじがよかったです。
今の時代の風をちゃんととらえていて、心地の良い映画でした。

さきちゃんは気が強くて、のくだりなきました。
渡辺 真起子さん、愛のむきだしとはまたちがったよさでした。いい役者さんだ
性格の違う二人の女子高生が認知症のおばあさんに出会い…という感じで始まるストーリー。ヒューマンドラマに近い青春映画ですかね。

ストレートな内容の作品ですが、その分テーマについて細やかに描かれているなという印象。最初、女子のめんどくさい人間関係を「うわー」と伏し目がちに観ていましたが、総じてみるとなんだか澄んだ気持ちに。

主演の二人もかなり良かったのですが、もたいまさこの佇まいが映画の雰囲気を優しくしていた気がします。特に泣かせようとしている感じの作品でもないのですが、いくつかのシーンで涙してしまいました。

個人的にはなかなかの良作!
maco

macoの感想・評価

3.6
映画としていいと思うけど、偶然出会うシーンが多すぎる気はした、偶々出会う感じをもっと丁寧にみせたらもっと良くなったんじゃないかと思う。
あと、見終わって結局どこへ繋がっていくのか分からなかった、だからどうなんだ、という根源的な希求、豊穣な海への感情の広がりを求めているからかもしれない。
macoto

macotoの感想・評価

-
“ 私たち友達でしょ “ …のあの言葉。
相手の笑顔に身動きとれなくなって
合わせて作り笑いなんかもしちゃたり。
あのプレッシャー。なんなんだろね。

“友達”って。ほんと…難しいね。。

映像のカラーがより現実的だから
そんな風景がとってもリアルに思えた。
amelie

amelieの感想・評価

4.0

友達ってなんですか

この時期の友達って
むずかしい
いや、いくつになっても
友達の定義って
難しいのかもしれない

交わらなかったこの二人が
ひょんなことから
通じる瞬間

まったく大きさの異なる歯車が
たまたま合致して
ほんの少し動いた
そんな感じ


''友達未満''



あの二人の距離は
妙にリアルな
人との距離感