ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

ぬる

ぬるの感想・評価

3.8
過保護のカホコで糸役を演じた久保田紗友ちゃんが主人公で登場!
委員長役似合う。
萩原みのりちゃんもかわいいー。
ほんと二人とも美しくてはまり役で最高。
正反対の二人、ずっと喧嘩しててほしい。
桐島を思わせる女子のあるある〜がイタくてチクチクする。
曲を書いて本編にも登場する渡辺シュンスケのピアノがとてもいい。
まなか

まなかの感想・評価

4.0
どこにいたって自分の名前を呼ばれないことほど辛いものはないと思う
校舎が綺麗だから女子グループがよりリアルだった
ms

msの感想・評価

4.0
委員長と、複雑な女子グループの中の女の子と認知症のおばあちゃんの不思議な関係、もたいまさこ目当てで見たけど高校生役の2人もめちゃくちゃ良かった
ラストシーンがすごいジーンと残った。
実際に言葉を交わさなくてもあの歌で2人はずっとずっと繋がっていれるような気がしたな
(2018 18)
kyokoron

kyokoronの感想・評価

4.3
思いがけず、とても良い作品に出会ってしまったと言う感じ。渡辺シュンスケさんのピアノがとても良かった。
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.8
いい映画を見たなぁという気持ちでいっぱい。はづきと葵。気づいたら隣にいた、みたいな感じがいい。はづきの女子高生特有『友達ごっこ』感は思い出して痛くてズキズキきた。友達でいようと努力してなきゃ成り立たない友情ならいらない。大人になるとそう思えるけど、何故か学生のときは必死にしがみついてしまう。孤独じゃない人間なんて魅力ないな、と思った。終りかたもスッキリはしないけど、これでいいんだと思えた。
FMK

FMKの感想・評価

3.6
女子高生って5年で全く違う女子高生が誕生しているもので、これは2010年代の花とアリスのような。
境遇も生き方も居場所も違う2人の女の子が、ある一部分だけ重なるお話。
lucalump

lucalumpの感想・評価

4.3
この映画すき、よかった。ピアノで泣いた。曲も素敵、とってもいいシーン。終わり方も好き。もたいまさこ も女の子二人もよかった。二人が帰りの挨拶するシーンも泣けた。
とても好きな世界観である。
実はその手紙はっていうのも良い。
本当に孤独な友達のいない委員長アオイと、つるむ仲間はいるけど本当は孤独だと気付いてないようで気づいているハズキ。
認知症を患って徘徊していたえつこさんのところにいたハヅキとアオイがえつこさんの渡せなかった手紙を届けていくことで少しだけ2人の距離が近づく話し。

なのにあえてのこれからは関わらないから。的にエンディングもなんか余韻が残る。

良い作品だった。
t

tの感想・評価

3.0
母に振り向いてほしくて万引きを重ねる優等生と妊娠疑惑のある少しやんちゃな女子、という既視感しかない設定は良いが教科書的な印象が拭えないまま終わった。あのペンタトニックなオリジナル曲に感動できるか否かで結構左右されるような。階段やスマホは機能しているし主演2人が良かった。久保田紗友さんはずっと川口春奈だと思って観ていた…
草

草の感想・評価

3.0
新文芸坐にて鑑賞。
高校生特有の孤独さや見栄や強がりがリアルだった。
ピアノの旋律がズルい。泣かされそうになった。