ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価


今回も諸事情によりアメブロ復活!'`,、('∀`) '`,、

https://ameblo.jp/bionic-a/entry-12319705336.html

よろしくお願いいたします。
slv

slvの感想・評価

4.0
あれ?私何でここで泣くんだ?…って何度も思いながら、どうにも涙が止まらない。

二人の少女と認知症のおばあさん。言葉にしなくても伝わってくるそれぞれの心情が、心の大事な部分に触れてくる。
リアルで痛くて、ファンタジーのようにやさしい作品でした。
Karen

Karenの感想・評価

3.7
別に中学、高校でいじめられてたりとかそういうことがあったわけじゃないけど、あの学校という独特の嫌〜な雰囲気を思い出してなんとも苦い感じがして、それでも世界はここだけではないと、垣間見た希望に懐かしい感じとわたしも大人になったんだと思いました
菊地監督の前作「ディアーディアー」は、良かったのですが
今回は期待したのとは違って、優しい映画でした。
前日、たけしのアウトレイジみてたから余計そう感じた 笑
女子高生って面倒くさそう。
新作「望郷」に期待。
わたしは4回泣きました。

木野花さんに泣かされ
もたいまさこさんに泣かされ
渡辺真起子さんに泣かされ
久保田紗友ちゃん、萩原みのりちゃんに泣かされ

映画を観て、あんなふうに泣いたの久しぶりだ。
アタマよりココロにぐぅときた。


ぐにゃぐにゃした思春期の中であおい、はづきのなんとも言えないザラザラした感覚。

久保田紗友ちゃん、萩原みのりち
ゃんがあの女優たちの中でとても自然にあおいとはづきをやりきっていてとてもよかった。

自分の中高生時代と重なったり、
いい意味でとても引きづる映画。

そして、たくさんの人にオススメしたくなる映画。
演技が吸い込まれた。表情とか綺麗に撮る。

まさか泣くとは思っていなかった。
ユーモラスな作品から一転の衝撃でした。
ant

antの感想・評価

3.0
序盤は、ちょっともさっとした進みでJKの乾いた友だち関係性から入り 、呆けの老婆をめぐる関わりから、世代を超えた孤独から刻む歩み、手紙と音楽が絡んだ終盤の一点には、ぐさっとやられた。(>︿<。) 台詞少なめJK役の二人の心情の変化の演技は、一本の映画としての成立に寄与してたな。+トークショー、片桐はいりのもぎりTalkは絵になるね。
ササ

ササの感想・評価

4.5
正直途中までキツかったけど、良い映画だった。
菊池監督、もたいまさこ、久保田紗友、片桐はいりのトークショー込みで楽しめた。
鮭

鮭の感想・評価

3.8
瑞々しい女優2人を邪魔せず、それでいて存在感たっぷり、さすがのもたいまさこ。貫禄。安定感。
主人公の2人、とてもとても良かったです。

菊池監督の映画は、ディアーディアーディアー以来2作目の観劇で、前作は詰め込み過ぎ感があって、観ていて少ししんどかったのが正直。
でもこのハローグッバイには、シンプルですっきりした、観やすさがありました。

だって今までもありそな設定。
学生生活にクサクサしている女子高生2人が、学校の中では関わらないけど、あるおばあさんと出逢ったことで距離を縮めていく。
王道。わたしの好きな少女漫画・女性漫画にありそうな雰囲気のはじまり。ベタ〜とは思いつつ、案の定引き込まれる。
さりげなさが強い脚本に、監督のクドさが入ったことで、すごく良い具合に、登場人物の感情の動きが表現されている感じがしました。

シュローダーヘッズ好きとしては、ワタナベシュンスケさんのピアノのシーンはたまりません。
音楽、とても良かった。

あの頃、早く大人になりたかったのに、今は思い出にしがみついている自分を、少し進ませようと思わせてくれる映画でした。
niino0217

niino0217の感想・評価

4.5
思い返す度、切なくもほっこりもさせられる。そして目頭熱くなる。素敵な映画と音楽に出会えて大満足。