空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎の作品情報・感想・評価

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎2017年製作の映画)

妖猫伝 Legend of the Demon Cat

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:132分

3.1

あらすじ

中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海(くうかい)が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る一大スペクタクル超大作。

「空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎」に投稿された感想・評価

TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

1.5
ある程度覚悟はしていたが、中国資本をふんだんに使いきった完全なる駄作。。。

原題「妖猫伝 Legend of the Demon Cat」そのままで、名探偵クーカイ君と白楽天が謎の黒猫に振り回されながら楊貴妃の生死の謎を淡々と解いていくだけのなんの捻りもないストーリー。製作費150億円?が全くもって勿体ない。CGも多用し過ぎで現実と虚構の違いの分別がつかなくなるほど。。。ある宴のシーンなんて、タチの悪い偽の「鼠の王国」に迷いこんでしまった感覚。

これは「空海」ではありません!
ai

aiの感想・評価

-
白楽天役の俳優さんが推しのバンドマンに似てた

このレビューはネタバレを含みます

テンポが早いものの、固有名詞を言い換える等の工夫がしてあって分かりやすかった。
話も面白く、また話の根幹に関わる楊貴妃の魅力、黒幕の悲しみも存分に表現されていて映画に引き込まれた。
映像が美しく、CGも不自然さがほぼなかった。現代の黒猫に違和感がある時もあるが、人間の魂が入ってると分かるとそれが味に感じた。

ただ、パンフを読んだところ原作とは大分違うようなので、原作未読故に存分に楽しめたのかもしれない……
高野山讃岐別院にて特別上映を鑑賞。『空海』のタイトルで硬い映画かと思いきや、男2人のバディものです。探偵と助手。天才になれない男です。
景色建物衣装はすっごい
染谷君の中国語が聞きたい気持ちだったのに、公開当初は吹替版ばっかり…
今ひとつ興行者の戦略ミスの気がするけどなぁ。

途中眠くなってしまったのもあって、というのもあるけど、回想シーンでついていけなくなってしまった。
中国っぽい色彩は楽しめた。

ちょっと期待はずれだったけど、原作は読んでみたい。
ミヤ

ミヤの感想・評価

2.5
映画自体に迫力はあるものの、SF展開が多くイマイチ入り込めない。
映像はとにかくきれいでスケールも大きい!
楊貴妃さんが美しすぎます
途中から誰が誰だかわからなくなってしまった(双子とか)
最後はしっかり涙しました
原作もじっくり読んでみたいと思う
>|