裏切りの街(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:132分
    監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    三浦大輔
    キャスト
    池松壮亮
    寺島しのぶ
    中村映里子
    落合モトキ
    駒木根隆介
    佐藤仁美
    平田満
    あらすじ
    同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイ トで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、あ る出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、生温い日常に浸かり、流れに身を 任せて生きてきた二人は中央線沿いの街の中でぐるぐると、あてどなく彷徨う・・・。

    「裏切りの街」に投稿された感想・評価

    中央線の端は滝になってるって話、誰のだっけ、穂村弘か
    エンドロール立たなくてよかった。

    やっぱりこういう人間味の塊みたいな
    映画がどうしてもクセになる。

    映画館にいるときは
    言っちゃいたくなるほどもどかしくて
    逃げ出したいほど恥ずかしくて
    終始もやもやしてるのになぁ。

    「本当のことはひとつじゃないんだよ」

    いわゆるグレーってやつだ。
    白か黒かじゃないんだよね。
    グレー大好き。グレーに生きてしまう。

    もう人を信じれない…あの人もあの人もあの人も、みんな裏切っているんだ、裏切られたくない、とゾッとするとともに、

    なぁんだ、みんなそうなんだ、
    じゃあ今まで恐る恐る罪悪感をもって
    やってきたけど、ホッとしちゃったな
    とか思う自分もいて、怖くなった。

    池松くん目当てだったのに寺島しのぶばっかりみちゃった。




    賢くないと優しい人ではいられないんだよ
    仙台で観逃した映画を転勤先の盛岡で観れた!時差に感謝(。-人-。)

    池松くんの演技を2時間も拝めるだけでアタシ的には満足。今回も見事なクズっぷりだったなー。またもやアラフォー女性をたぶらかしてたね。

    浮気する方される方、どっちの立場でも観れて色々怖かった。エンドロール後のシーンがなければ星3の上★★★くらいだったかも。

    でも池松くん、こんな役ばかりでちょっとお腹いっぱい(;´д`)たまには全然違うテイストの役も観てみたいな。思いっきり爽やかな役とか、めちゃくちゃインテリな役とか。次回作も楽しみにしてるね!
    池松くんのこういう役好きです
    ダメな関係なのになんだか素敵にみえて、どうしたもんかと!
    しかし予想以上に裏切ってた
    三浦大輔の映画とか凄いリアルなんだよな。
    人の見せ方が上手いと思う。
    どれも、登場人物がちょうどいいクズなんだよな。

    オススメは恋の渦
    後半の展開が、凄い。読めなかった。目が離せなくなるとはこのこと。
    くぅぅーーーーー!!!
    クズっぷりが清々しい!!!(笑)
    池松壮亮さんの演技がリアル!!
    最低なクソ、ヒモ、クズ!池松壮亮。
    同棲している彼女が いるのに。彼女の働いている金で、毎日 何するでもない。毎日、2000円小遣い貰って、バイトにも行かずに、部屋でグダグダ、ネットでエロサイト見てセンズリこいて、出会い系で浮気をして。サイテーな男。
    寺島しのぶ。滅茶苦茶旦那に愛されて、新築一戸建てに住んで、何不自由無い生活をしているのに。期待して観てるから、何気無い行動そのものが、エロい女。
    こんな二人の何となくの逢瀬。しかも、それが なんとも 純情っぽくもあり。
    しかし、だけと思っていたら 。えっ?❗出演者全員、クズ!

    人間は罪悪感を持ちながらも裏切りまた裏切っていく。

    とっても人間らしい映画だった。

    クスッと笑ってしまうシーンもあって面白かった。

    やはり池松壮亮がハマり役。
    案外人間ってあっさり人を裏切ってるのかも
    >|