裏切りの街の作品情報・感想・評価

裏切りの街2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:132分

3.7

あらすじ

同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイ トで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、あ る出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」すること…

同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイ トで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、あ る出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、生温い日常に浸かり、流れに身を 任せて生きてきた二人は中央線沿いの街の中でぐるぐると、あてどなく彷徨う・・・。

「裏切りの街」に投稿された感想・評価

中央線の端は滝になってるって話、誰のだっけ、穂村弘か
matsuco

matsucoの感想・評価

5.0
超…っっ面白かった!!!
予告からは想像も出来ないくらい面白かった。不倫の話って全然好きじゃないしイラつくなーといつも思うけど、余裕で超越する面白さ。三浦大輔監督の映画ってほんと面白いな、大好き。こんな映画今迄無かったねを塗り替えていく三浦監督。二週間しか上映して無かったから、何回も行く機会逃して何とか最終日に行けた、監督も出て来て沢山のネタばらしの話に脱帽しまくりだった。
あとこの作品の中で、中央線の電車からの風景とか駅メロとかの出し方、流し方最高、電車の中でも断トツで(そーゆ人多いだろうけど)中央線好きだから良かった。中央線ってしょっちゅうドラマとか映画とかで出るから、中央・総武が舞台なんてありがちだとか思ってたけど、中央線が出てくる作品の中でもかなり良い中央線具合(笑)。流石だよ〜。
エンドロールも最高…。しかし乗り物酔いが酷い私は少し酔う(笑)
最後に質問も出来たし、この作品にきゅんきゅんしながら帰れた。素敵な時間だった。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

2.6
(M-1歴代王者が全員で戦ったら、今ならサンドウィッチマンが勝つと思う)

世の中興奮することいっぱいあるけど、一番興奮するのは他人の不幸で間違いないみたいです、よくわかんないですけど。

話が大きく転換したあと、配られたカードでの戦い方に性格が出ていて、歳重ねてるがゆえの狡猾さや、若さゆえの馬鹿さが絶妙に交錯していく。
色んな人が少しずつ手札切り合っての展開が適度に最悪。

ただ、そこから余りにも全部明かしていくので、結局、人は誰でもたいした理由もなく不倫の1つや2つくらいする、みたいなすこぶるどーでもいい話になっちゃってて、ちょっと何言ってるか、わからないです。

もういいぜ!
何だこれ監督小学生か?と思ったら「何者」の人だった。小学生でしたね。

二つの視点から物語が進んでいくんだが、まーー見事なシンメトリー。どっちかがケンカしたら片方もケンカして、もう一方が浮気バレたら片方もバレて……何だこれ監督小学生か?と思ったら幼稚園児でした。

池松壮亮くんの情けない男っぷりに1点、浮気がバレた直後突然セックスし始めるシーンに1点で2点。あのシーンはマジに笑えた
rann

rannの感想・評価

3.3
何もする気が湧かないと言って,フリーターですらいられない主人公だけど,魅力的だった。そんな主人公が最後はちゃんと社会人になれていた事に感動した。描かれた恋事情については私のキャパオーバーでした。
SHO

SHOの感想・評価

4.3
池松くんのクズキャラ最高すぎる。人間のリアルな性事情だった。
人間の複雑な感情を繊細に表現してる。
役者陣も上手
A

Aの感想・評価

4.5
脚本、キャストが最高だと思った映画。
オチが見えなくて、ハラハラさせられた。
人間不信にはなりそうだけど、、、。
寺島しのぶさん、まさにカメレオン女優
RUBI

RUBIの感想・評価

3.5
なかなか無さそうで実はありふれてることなんだろうな〜
本当の事っていうのは、一つだけじゃないんだよ。沢山あるんだよ。
>|