裏切りの街の作品情報・感想・評価

裏切りの街2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:132分

3.6

あらすじ

同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイ トで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、あ る出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」すること…

同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイ トで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、あ る出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、生温い日常に浸かり、流れに身を 任せて生きてきた二人は中央線沿いの街の中でぐるぐると、あてどなく彷徨う・・・。

「裏切りの街」に投稿された感想・評価

中央線の端は滝になってるって話、誰のだっけ、穂村弘か
皆が怖い。しかし時に滑稽すぎて笑えて、同時にそれが気だるいしイライラもさせられる。観ている側も裏切られ続ける。
人の内面の一番誰にも言えないところを炙り出させたら右に出る者無しの三浦監督、さすがでした。
池松壮亮にしかできない、このクズ感(最高に褒めてます。好きです)と、でも誰もが身に覚えのあるリアリティ。堪能しました。
dohi

dohiの感想・評価

-
誰も傷ついてないしぶっちゃけ愛よりお金の方が人間繋がれるし浮気って別にダメなことじゃないんじゃ…?ってなるくらいには麻痺る
3

3の感想・評価

3.0
本当のことは一つだけじゃない。たくさんあるんだよ。。

裏切りばっかやねー
形状変えるんだってー

みんな誰かを裏切りながら生きてるみたい

周りから子供できたって固めていくの怖い
jrs

jrsの感想・評価

2.0
こういう人多そう
寺島しのぶ夫妻すごい。耐えられない
azu

azuの感想・評価

2.3
13
どいつもこいつもって感じ
こういう役は池松壮亮しか出来ない気がする
mizu

mizuの感想・評価

3.5
レンタル
同棲相手の彼女から小遣いをもらって怠けて暮らすフリーターのゆうちゃんと、専業主婦として平穏な日々を送る橋本智子。
特に目的もなく、なんとなくアクセスした出会い系サイトで偶然出会った2人は、意味のない逢瀬を重ね、やがてそれすらも惰性となっていく。
流れに身を任せて生きてきた2人の日常が、智子の妊娠によって揺らぎ始めるが、、


ヒモ男のゆうちゃん。
彼女は化粧もしない服もダサい絶対に浮気しないと思い込んでた矢先に親友と浮気していた。
専業主婦の智子は、特に夫に不満はないものの何となく過ぎ去る日常が退屈だった。
そして夫も偽装工作しながら、ほかに女がいて浮気した。
みんなそれぞれ隠しながらバレなきゃ何してもいいという考えと、バレても偽装工作で真実に見せかけるとか嘘に嘘が積み重なっていく。

「ちゃんとバイトするから」
「明日からちゃんとする」
「まだ本気出してないだけ」
何回そう言うの?ゆうちゃんのどこがいいの?ヒモ男の何がいいの?
ゆうちゃんの子供かもと妊娠させたことを「重大な過ちを冒したように思ってたけど大したことなかったんだな」って言ったときは頭にきたな。欲望だけでしか考えられないのかよ。
結局男と女は男と女でしかない。
浮気はやめられない。
智子の旦那は頭いい。

こんなにリアルで誰かの日常生活をのぞき込んでいるような、ぬるっとした雰囲気と電車で会いに行くまでの気だるさみたいな、漠然とした焦りや不安がバックで支えてるようなそんな感覚の作品でした。
ダメ男役には池松壮亮しかいない。
み

みの感想・評価

4.3
なんか、体温くらいの温度の、ぬるさのあるストーリーと芝居でした
良い意味です

現在のパートナーとの息の詰まる関係から、つかの間逃げて呼吸をするために逢瀬を重ねるふたり
本当は何を期待されていて、次に何をするのか完ぺきにわかっているのに、え?え?ととぼけながらわからないふりをするのが、なんかとてもだるくてよかったです

愛じゃなかった、それはほんとにそう思うのですが、だから互いに楽で、気安かったのかもしれない
道ならぬ恋に溺れて熱く燃え上がっているのでもなく、悲劇に浸りきっているのでもなく、ほんとにぬるい、そういうこともあるよね、困ったね、というような現実味のある不思議な感じがしました

ほんとに、逃げたかっただけなんだなあと思った
悩みを話すでもなく、安易なほうに逃げるから、他にすることがなくなるんだ
サンドイッチマンの話、もっとたくさんすればよかったのに
そうしたら、すこしは愛が見つけられたかもしれないのに、と思ってしまいました

ラストが2回あった感じで、どっちの感じもすきでしたよ
不倫讃歌でも純愛讃歌でもなくて、むしろよかったです
>|