ディザスター・アーティストの作品情報・感想・評価・動画配信

『ディザスター・アーティスト』に投稿された感想・評価

~2/16(土)仲間内の『マイナー映画プレゼン大会』にて鑑賞~

“映画愛”が詰まった作品。
創作への熱意・愛情・プライドが1つの物語に仕上がっている。

『カメラを止めるな!』を見終わった後と同じ様な感動を受けた。


物語は、
カルト映画『THE ROOM』という“超絶面白くない”映画を製作した監督の伝記物。
『THE ROOM』は監督の自主製作。さらには主演・脚本・製作全てトミー・ウィソー監督。→彼は素人です。
さらにさらに製作&宣伝費でなんと六億円かけたという!
そんで面白くないのだからスゴい。
内容が酷すぎる話題になって、カルト人気を誇っている。

この訳あり作品が出来上がっていく経緯を描いているんだけど、創作に対しての葛藤や苦難、青春など、映画を楽しむ要素がたくさん詰まっている。

まさに“映画好きに送る映画好きのための映画”

かなりオススメの作品です!
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.9
トミーという人間、嫌いじゃない。
物凄く変人だから実際会ったらちょっと距離置きたいかもだけど。
めちゃくちゃ不器用だから、色々と理解されない存在なんだろうけど、自分の夢にひたむきなところ、友人を大切にするところなど、なんかすごく人間らしい部分が出まくってて、つい応援したくなる。

色々上手くいかなくて、生きづらくて大変だよね。頑張れよ。って。

映画が意図した反応ではなかったにせよ、大歓声を受けて嬉しそうにしてるシーンがすごく良かった。

ジェームズフランコの名演が抜群に光る。
トミーの正体は何なのか、お金はどこからでてきてるのか、、、すごく気になるな〜。
すすす

すすすの感想・評価

3.4
Rick Astleyが流れてた
そしてフランコ兄弟の共演作
あの不朽の迷作「ザ・ルーム」でお馴染みのトミー・ウィゾーの自伝を読み感銘を受けたジェームズ・フランコが、自分で監督・主演を務め作り上げた異色の伝記映画。
先ずここまで完璧にトミー・ウィゾーを演じ切ったジェームズ・フランコがすごすぎるし、これを作ろうとしたのも凄い。もう冗談抜きで観ている間トミー・ウィゾーにしか見えなかった。
グレッグ役はめちゃくちゃジェームズ・フランコに似てると思ったら、まさかの弟。
他の登場人物も決して顔が似ているわけでは無いのに、めちゃくちゃ忠実に動きや配置を再現していて、如何に本気で取り組んだかが分かる。

未だに素性がわからないトミー・ウィゾーという人物が既に恐ろしいが、そんな彼に着いていったマーク役のグレッグも中々恐い。しかもこれが全部実話っていう凄さ。一応当方はは役者を目指している身で、思い悩む前に実行に移すところとか、役者になる上で恥を捨てる姿勢とかは確かに見習うべきなんだけど、観た人には分かると思うが肝心の「ザ・ルーム」の出来が余りにも酷いのと、トミー・ウィゾーの純粋さ(?)が故に撮影現場が破茶滅茶なあの場面を考えると、ウィゾー本人への理解はやはり難しかった。
寧ろ、アホなのか分からんが良いやつ過ぎて、終始可哀想なグレッグへの感情移入は出来た。
他にもネットミームと化した「You're tearing me apart Lisa!」の元ネタがやはりジェームズ・ディーンだった所とか、ブライアン・クランストンが本人役で登場したりとか、なんだったらトミー・ウィゾー本人も登場したりとか、色々楽しい発見や要素も盛り沢山。
周りからの批判を気にせず自分を信じて貫いてきたトミー・ウィゾー。今作を観れば、「ザ・ルーム」に込められた想いを、再発見できる...かも?
トミーがシンプルに怖かった、、、
ちらっとThe room見たけど忠実に再現されてて驚いた。あと大好きなザックエフロンいて嬉しくなった笑

つまらないと嫌いは別物だよね。
yuta

yutaの感想・評価

4.2
色々ぶっ飛んでて面白かったし謎が多い笑
この映画みるとthe roomみてみたくなる
シーンの比較が最後にあるの面白い
レッドブル飲みたくなった
Toku

Tokuの感想・評価

2.4
気になった音楽たち
Never Gonna Give You Up/Rick Astley
It Takes Two/Lyn Collins
Rhythm Of the Night/Corona
What You Want (Feat. Total)/Mase
Can’t Get You Out Of My Head/Kylie Minogue
Epic/Faith No More
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
傑作か駄作か


それを決めるのって
結局その映画を最初にプレミアとか
映画祭とか試写会で見た
批評家と観客なんじゃないかと

その後で見た人たちは
その人たちの評判を確認するだけで
答え合わせしてるだけで
実は映画を見てないんじゃないかと
そう思うことがある

駄作を作るのも
結局大変ってこと。

もっと笑えるコメディだと思ってたら


実話かよ!!!
エドウッドかよ!!!


と言うわけで結構シリアス

監督(director)が
独裁者(dictator)からきてるってのも
強ち間違ってもないのかもしれん

塗れ場撮ろうとしたら
女優の肌に出来ものがあってブチ切れる
ってシーンと
セリフが何回やってもとんで
テイク65回ぐらい重ねてるの
笑った

やっぱりアメリカ人て色々
極端すぎる人間が多い印象←偏見

ただこれを見て
「ザ ・ルーム」を見たくなったかと言うと
うーん。微妙だ笑
17

17の感想・評価

-
記録用
inu

inuの感想・評価

3.0
Oh Hi Marcが最高。
ゆるゆる生きるトミーは何者なのだろう。
最後まで判明しなくて笑う。
拳銃自殺シーンの、生き返ったぞ!に吹き出した。
プレミアで爆笑されて泣いてしまうシーンが好き。
>|

あなたにおすすめの記事