ライフのネタバレレビュー・内容・結末

「ライフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ミストに似た衝撃。久々にズドーンきた。最後からの続きも見たいライアンレイノルズすぐ死にすぎて寂しい。Davidは、最後ハッチを開けられるあの時までなぜ生きれてた?!
どっひゃー!な映画
こんな気持ちにさせられるなんて…
火星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始した。しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめる、、

SFスリラーって感じでしたね!
生命体はタコ見たいな生物でした!
前半は良かったんだけど後半になり飽きが来てしまった!
結局ラストは脱出ポットで海の彼方と地球に落ちるはずがミランダの脱出ポットが破損したせいか海の彼方にディビットのポットが地球に落ちてしまった!
まぁ続編ありきなのかまぁまぁでした!

真田広之いい役もらったな笑
仲間の死など困難を乗り越えつつ最後は平和な終わり方っていうよくあるパターンだと思ってみたら全然違ってびっくり(笑)こういう終わり方も嫌いじゃない🤭あの後地球が侵食されていく様子もちょっと見てみたい
火星生物可愛いから愛着湧くのわかるかも。
結末すごい予想できすぎたのとライアンレイノルズが早く死にすぎたのが残念
え、最後のオチやばすぎんか?地球オワコンだし、もう全員死んでて草。最後かろうじて生けてるのも可愛そう。タイトルとのパラドックスか。
まさかジャケットにいるライアン・レイノルズが1番最初に死ぬとは思わないじゃん???
『これがフェーズ3よ』

ISSの火星調査任務により
初めての地球外生命体(細胞)を発見するという物語。

緊迫感やべー!
なんとなく知ってた!
知ってたけど、予想以上だった。

成長したら
カルビン全然かわいくないし。

殺し方が派手じゃないんだけど
えげつないんよぉぉ。
ローリーとキャットのシーンはもうね。
絶句だよね。

それから
マジで、あの生物学者なんなん!!

てか、なんで両足まひ人間がISSいるん!!
おかしいやろ!
そんな人間、宇宙飛行士なんて無理ですから!!!

…え?
無理だよね?

それから、なんで自分の足を
カルビンの餌にしとんねん!!!
完全に頭おかしいやろ!
それをみて、だれも生物学者のこと
罵倒しないの絶対おかしいやろ!
俺なら「◎△$♪×¥●&%#?!」
って絶対言ってる!!!笑

ラストは、ちょっと露骨だったけど
普通にこの作品っぽいオチとしてよかった。

テンポもよく普通に良作。

◆キャスト
・監督:ダニエル・エスピノーサ
さすが、スウェーデン出身監督やで。
陰湿な演出はピカイチでした。
さすが北欧。

・デビッド:ジェイク・ギレンホール
ISSに長期滞在しているドクター。
軍医の経験もあり、地球に絶望した演技がいい。

・ミランダ:レベッカ・ファーガソン
検疫官。隔離システムの発案者。
あんまり詳しくないけどMIでも出てた人ね!
今回は化粧が薄くてちょっと印象違ったきもする。

・ローリー:ライアン・レイノルズ
お調子者のエンジニア。
ライアンはライアンだったね。
いつもおしゃべりな役やってる気がする。

・ショウ:真田広之
システムエンジニア。
まさかの一人目の脱落者じゃない…だと!?笑
絶対、一番初めに退場させられると思ってたから
めっちゃ生き残ってるやん!!って感想が一番!
エイリアン物
真田広之出てる、死ぬけど
オデッセイよかったからそのノリで見たら、そのノリでみちゃいけないやつだった。エイリアン、ちゃんと空気読んで移動とかしたり、攻めてきたりして、えらいなぁ。練習練習頑張ったんだなぁとか考えないと持たなかった。
>|