ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

まさしく“ゼロ・グラビティ×エイリアン”といった感じのSFサバイバルホラー!

周りの評価の割には私はわりと楽しめました!(^^)

たしかに、もう少し作り込んで欲しかった!ていう意見もわからないでもない。

でもこの王道であり、どストレートに見せるこの映画の潔さというか、清々しさ!

監督の「こんなんやってみたかってん!」感のあるSF映画、好感持てて良かったです笑

そしてエイリアンよりも割と現実味ある映画!

実際に地球外生命体が居たとして、必ずしもそれが友好的である可能性は無きにしも非ず。

そして、エイリアンより個人的には怖い笑
エイリアンは何となく銃とか炎とか浴びせれば倒せるイメージだけど、こいつに関してはよく分からない笑

とりあえず逃げるしかない。

(まぁ…戦闘する人達じゃない研究者達だから当たり前なんだけどもね笑)

最初は単細胞生物みたいなのから、エイヒレみたいなのに進化して小さい隙間とか入って脱走しちゃう上に知性も持ち合わせているからもー恐怖よね。

個人的には、ライアン・レイノルズの殺され方が1番エグいし嫌だし絶望的。

今作、真田広之さんがちょい役ではなく結構活躍するのがなんか嬉しかったり。


ラストはこの手の映画を見慣れてる人なら読めると思うけど、どストレート映画で何も考えずに観ていた自分は逆に「あらら」みたいな笑


予告見て「多分、最後こうなるんじゃないの?」て予想してる方、多分当たってますそれ笑

あと、“人間を砕く”というよりは“捕食する
”といった感じ?(゚∀゚)


まぁでも!映像が綺麗で宇宙空間はほんとゼログラビティみたいな感じなので映画館で観るのをオススメします!




火星で発見されたこの地球外生命体。

マーク・ワトニー(※映画 オデッセイの主人公)さん、こんなのに遭遇しなくて良かったですね〜笑
松

松の感想・評価

3.8
こんなにラストがタイプの映画久しぶりに観た
ラストが…意外でしたが。

第2のエイリアンじゃん!

地球外生物を甘く見てはいけないのです。
Akiminex

Akiminexの感想・評価

1.0
エイリアンの1作目同じだよね。ただその一言です。
映像が進化しててもエイリアンの方が面白かった。ちょっと残念。
ジェイク・ギレンホールはよかった。
Shiiisan

Shiiisanの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ホラーというかSFパニックでしたね!
ちょっとホラーよりに期待しすぎたorz

ライフ=エイリアンの命
で、流れは単調
エイリアンとの攻防戦にしては人間側が弱かったから一方的感あった。
宇宙の感じとかリアリティさは楽しかったけどね。

あと、やっぱり日本人だからか、それとも真田広之だからなのか、他のクルーに頼りにされてる感あって応援してたのに、案の定やられた時は残念で仕方なかった。
ラスト以外は評価3.2って感じ。
ateko

atekoの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

監督 ダニエル・エスピノーサ

国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明した。喜びに沸くクルーだったが、実験の過程でサンプルが知性を持つようになったことが判明する。急速に成長するサンプルによってISSに閉じ込められたクルーは、地球を守るために孤立無援の状況下で戦うことになる。(wiki


パニック映画ものはあまり見たことがないのだけど、一言でいえばラスト何じゃこりゃって感じだった。ホラー映画のテンプレであまりひねりのない、脅威はまだ続く...エンドな訳だけど、そういうエンドにする意味あるー?
それに全体的にクルーがポンコツに見えるんですよね。もちろん頼りになるキャラもいるんだけど、冒頭から安っぽいアメリカンなやりとりに、パニックに叫ぶだけの面々やヒロインキャラ。
最後もヒロインが生き残りに選ばれるのはいいとしよう。でも不運が重なったとしてもしくじるってお前...。ほんとポンコツやな!というか他クルーがなんか報われねー!って感じ。
仲間の別れもキャーキャー叫ぶだけなんだよね。冷静な判断ののちに救出が不可で、今回を引きずるってのなら分かるんだけど、宇宙飛行士という選ばれた人たちにしてはどうなのかなーって。リアルな宇宙飛行士を知っているわけではないけど。

良いところは中盤の地球外生命体が急速成長して逃げ出すところですね。その辺の緊迫感や恐怖感はあった。

ところどころ荒い感じがしたので点数は低め。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.9
最初 「つまんな」

中盤 「あちゃー」

ラスト 「あちゃぱー」

って感じ
Sadao

Sadaoの感想・評価

-
記録❗️
後味…!
>|