ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

まさしく“ゼロ・グラビティ×エイリアン”といった感じのSFサバイバルホラー!

周りの評価の割には私はわりと楽しめました!(^^)

たしかに、もう少し作り込んで欲しかった!ていう意見もわからないでもない。

でもこの王道であり、どストレートに見せるこの映画の潔さというか、清々しさ!

監督の「こんなんやってみたかってん!」感のあるSF映画、好感持てて良かったです笑

そしてエイリアンよりも割と現実味ある映画!

実際に地球外生命体が居たとして、必ずしもそれが友好的である可能性は無きにしも非ず。

そして、エイリアンより個人的には怖い笑
エイリアンは何となく銃とか炎とか浴びせれば倒せるイメージだけど、こいつに関してはよく分からない笑

とりあえず逃げるしかない。

(まぁ…戦闘する人達じゃない研究者達だから当たり前なんだけどもね笑)

最初は単細胞生物みたいなのから、エイヒレみたいなのに進化して小さい隙間とか入って脱走しちゃう上に知性も持ち合わせているからもー恐怖よね。

個人的には、ライアン・レイノルズの殺され方が1番エグいし嫌だし絶望的。

今作、真田広之さんがちょい役ではなく結構活躍するのがなんか嬉しかったり。


ラストはこの手の映画を見慣れてる人なら読めると思うけど、どストレート映画で何も考えずに観ていた自分は逆に「あらら」みたいな笑


予告見て「多分、最後こうなるんじゃないの?」て予想してる方、多分当たってますそれ笑

あと、“人間を砕く”というよりは“捕食する
”といった感じ?(゚∀゚)


まぁでも!映像が綺麗で宇宙空間はほんとゼログラビティみたいな感じなので映画館で観るのをオススメします!




火星で発見されたこの地球外生命体。

マーク・ワトニー(※映画 オデッセイの主人公)さん、こんなのに遭遇しなくて良かったですね〜笑
17年米。『エイリアン』に似すぎ。宇宙でお化け屋敷。ありとあらゆることが古臭く、穴だらけで、何かの暗喩なのかと勘ぐりたくなる。なんで蛸なの?だから日本人なの?あまりに頭の悪い展開と低すぎる危機管理、メンタル弱すぎのクルー。なぜ作った作品。困ったものでござるよ。
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.6
思ってたより面白かった。
強い、攻撃力より防御力
過去の鑑賞記録。
miya38

miya38の感想・評価

3.3
キャストが私の中では良く、楽しみにしていたけど、なかなか観れなくてやっと観賞
ジェイク・ギレンホール
レベッカ・ファガーソン
ライアン・レイノルズ
真田広之
好きな役者さん達に期待して!

ん〜

こういう鬼ごっこSF、展開はどうしてもエイリアンの様になってしまうが・・

最後の展開は、ザ・ウォールの終わり方みたいで面白かった。

でもジェイク!ん〜もったいない!

ライアンは良いと思います。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.3
カルビン強すぎ…
まるでエイリアン。でも本当にこういう可能性もゼロじゃないから恐い。
栞

栞の感想・評価

3.8
マジかぁ…

見てる最中、ずっと体に力が入っててしんどかったー!笑

最終的にそっちだったか〜マジか〜笑

ホッとする間がなくて、かなり良くできたSFホラーだと思います!

宇宙空間もリアリティあってすごかった。
ハル

ハルの感想・評価

3.8
グロいけど面白かったです。
国籍や性別が違うだけで争ってるレベルなのに、異星人なんかと仲良くできるわけないだろうと思う今日この頃、この手の敵対的地球外生命体を扱った映画は大歓迎である。

さて、内容と言えば閉鎖的宇宙ステーションで地球外生命体が逃げ出した、という「エイリアン」に真っ向勝負を仕掛けたようなお話なので、「エイリアン」と比較して考えてみる。

搭乗員の男女比は4:2で計6名(アンドロイド:アッシュ除く)と両作品同じであり、かなりフィーチャーしている様子。
逆に異なる点としては日本の扱い。
ウェイランドユタニという日系企業を出して公然と日本叩きをしていた「エイリアン」とは対照的に、本作の日本人であるショウ(真田広之)は頼りになるエンジニアとして登場している。
日本は許されたのか(笑)
ハリウッドSFホラーに日本人が出ているというのは何かうれしいものがある。是非生き残ってほしい(笑)

次にエイリアン:カルビンについて。
デザイン的にはヒジョーにシンプルな、悪く言えば大した特徴もない生き物だ。
これもまた「エイリアン」をフィーチャーしてか、人の体内に侵入し大きくなっていくという特性があるようだが、エイリアンと違い口から入って
口から出ていく行儀のよい生き物である。
とにかく見た目が弱く、ゼノモーフのような生理的嫌悪感を感じるまでには至らず。
これはギーガーが凄すぎるのでしょうがない。

最も異なる点は「リプリーの不在」。
ネタバレしない程度に言及すると、この映画には2名の女性がいるがリプリーに該当するようなエイリアンに立ち向かう女性キャラクターは存在しない。
さて、リプリーのいないエイリアンが面白いでしょうか。
面白くないんだ、これが。

勇敢に敵と対峙する聡明なヒロインがいない場合、どういうことになるのか自分の目で確かめてみてください。(どうしてもという場合は確かめなくてもよい)
>|