ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.0
高評価のレビューが多いけれど、オチに意外性を感じなかった私にはイマイチに感じた。
ただ途中のハラハラさせる演出はとても良かったし、出演者の豪華さや宇宙の景色など見応えのある部分も多かった。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.7
通っている大学とTSUTAYAがコラボして、
ブルーレイ上映会を開催!(もちろん、無料。笑笑)
いつもあまり行くことのない、新しいキャンパスに行って鑑賞!

地球外生命体を回収した宇宙ステーションの船員たち。
歴史的大発見に喜ぶ彼らだったが、それは悲劇の始まりだった...。

というわけで、
上映会は
「ライフ」(←本作)
「メッセージ」
の二部構成だったのですが、
「メッセージ」は以前観たばかりでしたし、
鑑賞後、本作のパクr...、いや、オマージュ元wの「エイリアン」を観たくなりまして、一部だけ参加することに...。
とはいえ今回のイベント、宣伝がいまいちだったのか?
参加人数は僕も含め、5人しかいませんでしたwww
いや~、もったいない、
室内の空間が丁度良い感じに寒くて、映画(特に終盤のシーン)と同じ状況で楽しめる絶好の環境だったのに...。

おっと、失礼いたしました。
ここから、感想です!笑

この作品、前述の通り、「エイリアン」から影響を受けていると聞いていたので、どれほどのものかと期待して観ていると、
OPは、むしろ「ゼロ・グラビティ」に近い雰囲気でした!
まるで、ワンカットの様なシーンで宇宙ステーションの中の様子を追っていくカメラ、しかし、そこに映されるのは無重力の世界で、カメラもそれに合わせて動いていくという手法が、中々斬新で印象的でした!

あ、とはいえ、もちろん「エイリアン」要素もしっかりありましたよ!
タイトル以降は、
いかにも「エイリアン」現代版という感じで、物語の展開はもちろん、タイトルの行間の取り方なんか、そのまんまでしたし。笑

前述の2作品に共通する
"閉鎖空間の中での恐怖"
を描いていたのも良かったですが、
個人的に面白いなぁ、と思ったのは、キャラクターの背景を「エイリアン」以上に深く描いていたこと。
これのおかげで、"人間の死"は、より理不尽になっていましたし、ちょこちょこ豪華な役者を使っている分、「えっ!この人殺しちゃうの?!」という予測不可能な展開も後押しして、作品がもつ絶望感は、一層高まっていたように思います。
ネタバレは避けますが、そんな中でのラストも、
王道の作品がそうするであろう展開を上手く利用して、結構リスキーな選択をしているのも好印象でした!

まぁ、真田広之さんが、
日本語でしゃべるシーンで日本語字幕が出てくるのは、いまだに納得いってないんですけどねwww

というわけで、
(「エイリアン」+「ゼロ・グラビティ」)÷2=「ライフ」
というような等式が成り立つような本作でしたが、ぜひ、これからの冬の時期、友達と一緒にひやひやしながら観るのにピッタリなSFスリラー映画でした!!
2000年前後の王道展開
cinema

cinemaの感想・評価

3.8
頑張るけど全て裏目な感じがもどかしい
結構好き。宇宙空間での絶体絶命な感じ、最後のおち、気持ち悪くもあるけどよかった。
SYU

SYUの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最近見たSFサスペンスの中では秀逸
ラストの後味の悪さはミストに匹敵する絶望感。
この後の展開が見たいので、続編希望
tomoko

tomokoの感想・評価

4.5
自己犠牲の精神、宇宙飛行士としての覚悟がある人達というのがいい。
オチも含め、好き!
エグくて怖いけど大丈夫ならぜひ
ヤン

ヤンの感想・評価

1.0
随分前に誰かのネタバレ読んじゃった💦

残念!
ぽるぽ

ぽるぽの感想・評価

4.0
ああ、なんてこった。『エイリアン』を再び観ることになるとは。凄まじい緊張感にSFホラーの面白さを感じた。少しグロいシーンあり
>|