ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.6
『ライフ』宇宙飛行士達が火星から回収したサンプル。その未知の生命体が急速な進化を遂げクルー達を襲い出す。彼らはこれを地球に持ち帰ってはならないと宇宙ステーションの中で戦うことになる。
神秘からの残酷なまでの生存本能にヒリつかせられて、からのラスト!
非常に良き鈍痛作品。
地球外生命体もただ敵対心で殺すではなく、生存に必要なものを吸収する為である上で人間がターゲットの一つになっていくんですけど、だから故にのあの絡みつく感じでの殺め方は良いですね。『エイリアン』『アビス』の遺伝子受け継ぎながら、個人的にはB級快作『ディープ・ブルー』を彷彿。
pecori

pecoriの感想・評価

-
ニガ😂真田👌
まあまあ。ありがちな設定とオチ。クリーチャーもイマイチ。
見応えあり
登場人物のキャラクターが際立つと言うよりは映画自体が壮大だったからそっちにもってかれた。ケルビンが主人公だった。
こういうラスト久しぶりに見てとてもよかった
51.宇宙の死に方萌え、クリーチャー萌えでした
ri

riの感想・評価

3.0
予算でピカイチになった映画。
炒飯

炒飯の感想・評価

3.6
ジェイク、ライアン見たさに

心臓に悪い笑
ハラハラドキドキ。
宇宙ステーション系は閉所恐怖症の私は毎度息がつまる。

エイリアンを彷彿させるどーしょもない感。

ありがちな裏切り者はほぼいないので真っ直ぐなストーリー
真田さん、もー完全なハリウッドスターですな。

ラストは完全に読めてしまったけどドキが胸胸する作品でしたー
hinano

hinanoの感想・評価

3.7
宇宙飛行士たちが火星で発見した未確認生物。観察を続けていた彼らだったが、その生物は少しずつ変貌を遂げていき、、、

テーマの割に静かな暗い雰囲気で展開していくのが印象的でしたが、ジワジワ恐怖が拡大していく緊張感はしっかり楽しめます。

例の未確認生物のビジョンもちょうど良い不気味さ、気持ち悪さ(笑)そして描写もグロすぎないので、普段こういう作品を観ない私でも安心して鑑賞することができました。

ラストもしばらく余韻に浸れるような終わり方で好印象でした◎!!!
最後の展開は読めたと思ったら違った。
続編は観ない。

このレビューはネタバレを含みます

「エイリアン」に出てくるエイリアンはカッコ良さがあるけど、この作品のは気持ち悪さのみ。最初は可愛かったけど。

最初はヒトデみたいで家で観賞用として飼えるレベルだったけど、成長したのは無理w

でもそんな気持ち悪く成長していくシーンが好きです。
個人的にもう一段階の進化を期待してたwて言うかエイリアンの変化が一番の楽しみでした!
まぁまぁ豪華なハリウッド俳優のキャストの中日本人がいると、自分が出ている訳ではないけど誇らしい。


エイリアンを地球に入れないようにする検疫官が宇宙の彼方へ行って、エイリアンは地球に到着。皮肉なもんだね~w
>|