ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

火星の土から採取された生命体が凶暴になり、宇宙飛行士を襲う

最後のどんでん返しもあり、SFスリラーとして楽しめました
ジャケ写だけ観て視聴決めたら思てたんと違った(笑)

LIFEとかいうタイトルなので、なんか哲学的なメッセージで最後に説教されるような話かと思いきや、めっちゃ現代版(SFなのに現代版て言うのもおかしいけど)エイリアンでした。

想像と違ったのも評価低めの原因だけど、クルー達の凡人ぶりが好きでなかったかな。
アストロノーツってもんは、厳しいメンタルフィジカルトレーニングをくぐり抜け、知力体力を兼ね備えた超人がなるもんじゃないのか!想定外の事態が起こったらすぐ大声で叫んだり、指示を無視して独断専行しようとして揉めたり、よくそんなんで火星ミッションに選ばれたなお前らと問い詰めたい。

エイリアンに、ひとりまたひとりと消されていくパターンは好きなんだけど、反撃シークエンスを入れて欲しかった。終始逃げ惑ってるばかりで、エイリアンに一泡吹かせるシーンがないのが消化不良。さらにそれを超えてくるエイリアンの機転とかあれば尚良かった。

ジュラシックパークで、ラプトルがドアノブ回して部屋入ってくるみたいな「マジかよ!」ってシーンが見たいんじゃー。


良かったところ。
冒頭、長尺での宇宙船無重力描写。画面端で小物がクルクル浮いてるとこなんて丁寧で好き。
エイリアンのデザイン。シンゴジラよろしく、はじめ可愛いのに徐々に形態変化していって、最終形態の禍々しい顔面とか特にいいね!

でもまぁ特にスカッとする展開もなく、淡々と終わりましたって感じで何か淡白。ラストにびっくりオチを持ってきてはいるんやけど、そこに至るまでにもっともっと絶体絶命感を演出してから、助かった!!から〜の、やっぱりダメでしたどーん!!!っていう高低差が足りない。

宇宙船じゃなくて、豪華客船内のモンスターパニックみたいなシナリオで同じことやったほうが面白かったような気がする。
ayamilky

ayamilkyの感想・評価

2.0
「有名俳優達のB級映画」とある人に説明されてすごい納得した。見る前から不安だったので最後にちょっとしたサプライズあってよかった(読めたけど)
ノリ

ノリの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンの為だけに作った映画。
それまではいたって普通。
地球突入シーンで、まさか。。。とニヤリとしてしまった。
mkr

mkrの感想・評価

3.5
やっと観られた。
最後の最後の着水シーンで寝落ちした、記念すべき映画。普通に面白かったけど、あと一歩でした。というか観るまで、こういう話だと全く知りませんでした。
おぉ~、これは期待以上の面白さと怖さ。前半だけなら評価3.3。徐々に面白さと怖さが増していきます。そして、もう一度観てみたいと思える作品になりました。
タイトルとパッケージの雰囲気、イメージからだいぶ違ってました。
まさかのエイリアンもの。
しかもタコ型エイリアン。
このエイリアンの生命力がはんぱない。
そして力強い。怖い。キモい。
衝撃のラスト。まさかの展開でした。
NAVY

NAVYの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

終わり方めっちゃ嫌w
あそこまですごい楽しんでたのに・・・
結局、カルビンが地球に到達してしまったから次回作フラグが立ったってこと?

真田広之があんまり好きじゃなかったんだけど、この映画で好きになりました
影の軍団もよかったよw
あの髪型似合うなぁ
ちょっとマチェーテ入ってる感じがw

レベッカファンガーソン、美人だなぁ
あの顔大好き♡

そして、ダメ出しするけど
ヒューはまじで疫病神だね
カルビンより、あいつこそ一番宇宙に連れてったらあかんやろ
いや、地球にいたらあかんやろw
あいつ1人のせいで、どんだけ被害者出てんのよwww
全滅だわ
大真面目な正統派のエイリアンもの。

って、思い込んでたらラスト完全にヤラレた。
最近B級映画みたいな笑ってしまうくらいのどんでん返しエンド多し。
NuTs

NuTsの感想・評価

2.5
やっぱりか…こういうラスト。
"生命体"要素は無いが「 ゼロ・グラビティ」の方が個人的には面白い。
美しいと思う一方で怖さはこのジャンルの醍醐ですね。
>|