ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

4.0
とても観たかった作品。

エイリアンものだとは全く想像してませんでした!

隔離工学?というものにとても興味を覚えました。多層的な隔離パターンを事前に準備し、それを実行する。

ま、リスクマネジメントの一種なんでしょうけど、クルー全員は知らない「規約」として秘密裏にコミットメントされている。

この作品は基本的にはエイリアンなのですが、この「規約」の捉え方が進化しておりとても感慨深いものがあります。エイリアンシリーズでの秘密の規約は「生きたまま地球に持ち帰ること」だったのですが、本作では「絶対に隔離できるコンディションをキープすること」でした。

時代が変わればエイリアンの取り扱いも変わるということですね。

そのキーパーソンであったレベッカ・ファーガソンはとても魅力的でした。

本作の序盤にも終盤にも、「危機」が「人情」から生まれるエピソードが埋め込まれており、それこそが「人類の最大の弱点である」ということが本作のメッセージではなかったでしょうか?
続編をお願いします。
すんげードキドキした。まあこういう映画は得意ではないんで余計に。

オチは予想通り…というか2通りしかないので、予想もクソもないんですけど。
YUKA

YUKAの感想・評価

4.1
げろこわ。エイリアンの見た目は全然怖くないのに、展開がホラーすぎる。エイリアンシリーズよりも怖い。恐怖。最後も最高。
よしき

よしきの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

カルヴィン、ハリウッド版ゴジラvsキングコングに殴り込み待ったなし!

序盤の長回しシーンは『ゼロ・グラビティ』にも通じるものがあって、見応えありました。
急速に成長していくカルヴィンの造形が禍々しく変化していくのも、観ていて飽きなかったです。
エンドロールの曲がストーリーとかけ離れた明るい曲だったのもグッド!笑

想像を掻き立てられる恐怖演出を見事に演じ切ったライアン・レイノルズ…にしても、退場早い!主演じゃない時の彼の扱いって毎回こんな感じなのでちょっと笑ってしまった。(^^;

死と隣り合わせでもなお、船員を救おうとする船長。SFパニック映画にありがちな叫ぶだけのキャラではなく、冷静なところは好感がもてる。
以下、エイリアンと同じ部屋に閉じ込められた時の反応の違い
コヴェナント「早く開けろ、このくそ女!」
ライフ「指示を出してくれキャプテン」
この差ですよ。笑
まぁエイリアンの方がインパクトが大きいので仕方ないのかもしれませんが…。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

2.7
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之と、えらい豪華なキャストによるどストレートなSFホラーというか、エイリアンムービー。

科学的な探求と好奇心が招く人類の危機。

ストーリーに一片のひねりも無し!だけどチープなわけではなく、演技も流石、ほぼずっとドキドキなので、その手が好きなひとなら。

カルビンとことんキモくて憎らしいな。
優妃

優妃の感想・評価

1.0
SFのいい所は冷静且つ論理的な宇宙飛行士か登場することなのに、この作品はギャーギャー煩い宇宙飛行士ばかりだった(状況が状況だから仕方ないのか)

このレビューはネタバレを含みます

のちのタコである。
miki

mikiの感想・評価

3.5
次作に期待!
たつみ

たつみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

途中からまさかね、、と思いつつ。
最後はやはりミストばりのどんでん返しがありました。
終わりかたは賛否両論かと思いますが個人的にはありでした。
SFパニックムービーです。
>|