ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

4.0
とても観たかった作品。

エイリアンものだとは全く想像してませんでした!

隔離工学?というものにとても興味を覚えました。多層的な隔離パターンを事前に準備し、それを実行する。

ま、リスクマネジメントの一種なんでしょうけど、クルー全員は知らない「規約」として秘密裏にコミットメントされている。

この作品は基本的にはエイリアンなのですが、この「規約」の捉え方が進化しておりとても感慨深いものがあります。エイリアンシリーズでの秘密の規約は「生きたまま地球に持ち帰ること」だったのですが、本作では「絶対に隔離できるコンディションをキープすること」でした。

時代が変わればエイリアンの取り扱いも変わるということですね。

そのキーパーソンであったレベッカ・ファーガソンはとても魅力的でした。

本作の序盤にも終盤にも、「危機」が「人情」から生まれるエピソードが埋め込まれており、それこそが「人類の最大の弱点である」ということが本作のメッセージではなかったでしょうか?
たくま

たくまの感想・評価

3.5
一緒になって怖がってビビって絶望してほしい。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.5
ハードSF映画。個人的に大好きなジャンル。なんか”イエリエン”と”スピージーズ”を合体した感じ。スペースステーションで働いてる科学者たちが火星からサンプルを回収し、地球以外に生き物があると証拠を掴めたので大喜び。でも火星の生物の成長が思ったより早く、そして、生きるために科学者たちを襲われる。中々面白かったし、最後の結末はなんか昔のホラ映画をトリビュートしてる感じもする。SF好きならおすすめ致します。
とと

ととの感想・評価

4.3
ラスト好き。
こういう系にしてはというか、面白かった。
ハラハラしてた。
カルビンこわい。きもい。
ラストについては好き好きって感じかね。
私はそっちじゃないラストのほうが好みでしたわ。
銀四郎

銀四郎の感想・評価

3.6
SFホラー。俳優さんが豪華。サムライ真田も。見た目も侍っぽい。
この手のものは、気にくわない奴がよくいるけど、今回は皆自分を犠牲にする立派な人たち。
意外と面白かった。ラストは、オッ!
サクサクすっきり話が進み、
後味の濁った終わり方。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

船内のせまい通路の、無重力の長回しが気持ちいい。船内がすごくリアル。
最初の友好的な雰囲気から一転、恐怖が広がっていく展開はよかった。
ストーリーはほぼ『エイリアン』かな。船外に出たり、逃げ回って隔壁閉めたりと、王道というかありきたりだけど、追い詰められていく緊迫感で最後まで観れた。
生命体の造形は最初はよかったけど、結局タコ系かいなって感じ。
キーン

キーンの感想・評価

3.3
ハードSF風とんでもホラー映画
>|