ライフの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

3.1
リドリー・スコット監督の『プロメテウス』を予告が面白そうというだけで鑑賞し、トラウマを植え付けられたどぎつい経験から、この手のSF作品を鑑賞するには勇気がいる。配信期限間近であることとジェイク・ギレンホール出演作だから頑張ったが、頑張り切れなかったところもあった。後半の方が心に余裕があった。ラストは予想通り。
まあ、ジェイク・ギレンホールの怯える目力の強い演技と叫びは堪能できたのでよしとする。
エイリアンの二番煎じといった感じ。
torakage

torakageの感想・評価

4.0
こ・こわいっっっ!
ほぼダレどころなしの緊張感。宇宙ステーションでの様子もすごくリアルに感じられた(まあ行ったことないけど…)。キャストもよかった。宇宙では少量の水でも溺れるってのもリアルポイント。あと足の悪い人は無重力だと自由なんだね。
とみー

とみーの感想・評価

3.2
ラストこわすぎる。
柴猫

柴猫の感想・評価

4.0
火星で発見された未知の生命体。
それを調査研究する6人の宇宙飛行士。
一言で言ってしまえば、宇宙船という閉鎖空間で行われるパニックムービー。

あらすじもパッケージもB級映画の雰囲気をバンバン醸し出しながら、俳優陣は何故か一流。そんなちぐはぐさに興味をもって見てみたのだけど、いやいや面白かった。

とにかく見終わった後の余韻が素晴らしい。
大規模な予算やら論理的で矛盾のないストーリーなんかより、SFはこの余韻。終わった後の余韻こそが大事なんだよ!と思い知らされた。
全然違うはずなのに、初めて「猿の惑星」を見たときの「これからどうするのこれ?」っていう絶望感に近いものを思い出した。その後を描かないのも良い。

ドラマ部分も個々の宇宙飛行士の背景が語られ、それぞれが救いとして宇宙を求めてるって描写が好きだな。
未知の生命体に公募で名前をつけるという傲慢さや皮肉も忘れない。
宇宙飛行士なのにと言う雑さはあるけど、パニックになれば論理的な行動が取れなくなるのが肝でもあるし。
エイリアン系?としてはかなり好きな作品。
未知の生命体に宇宙船の中で追っかけられる話し。
あんなに可愛いかったカルビンが...
ちょっとビビっと電気あてただけなのに...
なかなかぐーろー
頭使わず楽しめた!
ダニー

ダニーの感想・評価

2.9
なんでこうなったかな~!
というかこの脚本でこの豪華俳優がなんで集まったかな~!

映像も役者陣も一流だけど、物語がどうしようもなく面白くない。他の映画で見たかった。

いや、待てよ…噛み合わせが悪いのか。

この役者陣ならもっと地に足ついた物語で…アポロ13とかgravityみたいな。

逆にこの脚本ならもっとお手頃俳優にしたら楽しいはず…セガールとか。

★65本目感想★
ぴこ

ぴこの感想・評価

5.0
地味にじわじわ怖いやつやった。学習能力発達した生命体はやばばば。超短時間で成長しすぎてエグい。解決策を見い出せない私は手をつかまれた時から諦めていたので、感情移入なしで、はらはらもどきどきもせず、ただただ見守ってた。キャストは最高。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.4
ダニエル・エスピノーサ監督作品!


火星より採取された生命体…

ミドリムシくらいの細胞からどんどん大きくなって高い知能も覚醒していく…

第1の犠牲者が出るまでの展開はなかなか引き込まれました(^^)

狭い宇宙ステーション内での攻防戦!
無重力状態での演技はリアルさを出す為に苦労したんじゃないかなぁって思いました。

エイリアン👽👾物を意識した映画愛は感じましたがラストは振り切って南極🇦🇶に落下させてさらにオマージュを捧げて頂けると私は嬉しかったですね(^_^)笑!

チャイナマネー…また出た😎

良か映画!