ライフの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

JUN

JUNの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

設定が面白そうだったのでDVD視聴しました。

全体的にSFパニックものという感じで宇宙船の故障やら道の脅威に立ち向かう登場人物たちの物語といった感じでした。
ありがちな設定だとは思いますがなかなかこういった作品は見ないので新鮮でした。
あとはカルビンの動きや造形がリアルで、本当にこんな生物がいるんじゃないか、本当にこんな風に人を殺すことができるんじゃないかと怖くなりました。

次から次へとトラブルが発生し、カルビンを乗せたまま宇宙ステーションが地球に落下するしかない、もうダメだと思わせておいて最後の最後でミランダを地球に帰し、カルビンを宇宙の彼方に追放しようと作戦を実行。
見せ方が本当に上手くて、最後の最後まで作戦は成功した!カルビンは宇宙の彼方に行ったんだと思っていました。
結局、作戦は失敗し、宇宙の彼方に行った救命ポッドはミランダが乗ったもの、地球に落下したポッドにはカルビンが乗っていて、発見した漁師がポッドを開けてしまうところで物語が終わるというなんとも後味の悪い結末でした。

洋画はこういう作品がちょこちょこありますね。
昔視聴した洋画のミストもなかなかの後味の悪さでしたが、この作品も負けず劣らずです。
洋画好きな人でこの作品をまだ見てない人がいたら是非勧めてあげたいです。
minami

minamiの感想・評価

3.6
迫ってくる感じこわい、、、
ワイヤーの無重力がリアルすぎて圧巻😲
チュン

チュンの感想・評価

3.3

初の地球外生命体を確認

ついに地球外生命体を発見して、カルビンなんて名前もつけて実験してたらどんどん大きくなって、襲われるぅ〜映画。
そりゃそうだ、いきなり捕まって実験されたら誰だって、敵意をもつだろう。自業自得なんだけど、こいつは地球に連れてったら大変なことになる、船内で殺そうとするわけですが、どうやって殺るかがおもしろいとこで、豪華キャストがなにもできずどんどん死んでいくもったいなさ、月並みのエイリアン、なんだかどこかで観たような展開、せめていきなり仲良くなったりしたら新しいんだけどこれじゃあ物足りない。
ラストはこの後どうなるか期待できる、続編のほうが観たい。
まあとにかくジャケットに騙された笑
長さもちょうど良かった。前情報一切なしで観たからかかなり楽しめた!展開も意外でラストもアリだと思う。

これを観る人には是非ともレビューも作品紹介も読まずに観ていただきたい。
ちー

ちーの感想・評価

4.0
思っていたより怖くて他の宇宙映画とは違った息苦しさがずっと続いた。限られた宇宙空間で緊張感のある展開が次々と襲い掛かる密室パニック。最後のオチは驚愕だったんだけど個人的には好き。面白かった!
既視感ありありの物語設定で、既視感ありありの展開と既視感ありありのクリーチャー。これを見るなら「物体x」をもう一度見よう。
リアルな設定と描写のエイリアン1っぽいSFホラー。
とある星で活動休止してる生命体っぽいの見つけて宇宙船に持ってって蘇生させたらとんだキリングマシーンで大パニックってジェイソンXと同じあらすじ。

久々に悪いエイリアンの映画見たかも。ここ最近のエイリアンは宇宙人ポール、スーパーマン、メッセージと良いエイリアンが多かったから。

あとエイリアンの説明で、単一細胞で神経も筋肉も視覚細胞も備えるって言ってたんだけど。
それ寄生獣の説明まんまじゃん。
himaco

himacoの感想・評価

3.0
ジェイク・ギレンホール目当てでレンタル。
壮大な宇宙ドラマが展開されるかと思ってたら、あれ?違う!?これはSF?ホラー?

怖いし、グロい。

地球外生命体はぺらっぺらのういろうみたいな外見なのにめっちゃ賢いし強い。
クルーが弱すぎる訳じゃないよね?

期待を裏切らないラストも好きだけど。
この映画は余計なものが少なかったように感じる。
だからか、雰囲気が似たような映画が数ある中でも変な感覚を抱く事なくクライマックスを迎えれたのではなかろうかと思っています。
奇をてらった展開よりも、如何に緊迫感を出して没入させるか、そんな感じの映画。

豪華キャストを惜しげもなく使う。
それもこの映画のポイントかと。
ジェイクが大好きなのですが、今回の抑え目な雰囲気ジェイクは久しぶり。
クセの強い役者が普通なタイプを演じるとまた不思議な魅力がありますね。

しかし、カルビンの全身が脳と筋肉?だという設定はかなり怖い。
デカくなればなるほどヤバイって事だもんね…
keko

kekoの感想・評価

3.5
出演者が豪華なSFホラー?
エイリアンみたいな映画の豪華版w

ずっと怖くてハラハラしました。
地球外生命体がちょっと残念な感じなんですが、そこを豪華メンバーがカバーしてくれてる感じです。

本日ジェイク作品二作目ですが、
ジェイクが最後あんな姿になるなんて!
真田広之さんも結構良い感じで
活躍してくれてました。
ライアン・レイノルズ好きなのに、
もう少し観ていたかった😭