ライフの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

ニロ

ニロの感想・評価

3.8
久々に当たり映画来ました。
宇宙船エイリアンパニックの王道好きなんです。
ドキドキハラハラしたいんです。
ドキドキハラハラさせてくれます。
登場人物がアホな行動することも無く、むしろ最善策取って行くんだが、それ以上にエイリアンが強いのなんの。
オチも好き。
Il

Ilの感想・評価

2.9
宇空間にある密閉された場所目一つの宇宙生命体に翻弄されて殺されてゆくというシチュエーションで初代エイリアンが頭をよぎった

内容はちゃんとSFホラーとしては良く出来ているし役者陣も各々好演していて最後まで飽きなかった

おそらく最後の結末で好みが分かれるだろうとは思う(現に自分はなんとなく察したが嘘マジでそっちにしたのかよとなった)が良い体験になると思う

(いっその事あの宇宙生命体が実は某アメコミに出てくるシンビオートになってトムハーディに取り付くとかねーかなと淡い願望持ってる0

このレビューはネタバレを含みます

書置きしておいたのを投下

映画冒頭の長いワンショットでISS(国際宇宙ステーション)の内部が映し出され、その狭苦しく息苦しい空間で何かが起きることを暗示させながら一人一人をカメラに映し出します。ドントブリーズでも同じような手法が使われていましたが、閉塞空間を間を置くことなくアナログに映し出すということはホラーではかなり効果的なのでしょう。そして物語は生命体を持ってきた無人探査機「ピルグリム」を回収するところから始まり、ISS内のラボで調査を開始します。調査を初めて最初の数日はクルーたちの関係性や抱えているものが描き出されます。しかし右手を握りつぶされるところの描写は中々エグいです。骨折の痛みを知る人間からすると、あれはキツいです。そこから成長した生命体がラボを抜け出し・・・という感じで展開そのものにはラストを除いてこれといった新鮮味があるというわけではないです。が、ISSという実際にある場所、それも極度に限定された無重力空間という現実にある非日常的空間は、やはり真っ暗で広い劇場で体感するのが一番でしょう。まースターとはい一番最初の犠牲者であるライアン・レイノルズがパンフやポスターのメインを務めるのは詐欺な気もしますが・・・そういう瑣末な部分は置いておいて、わたしがこの作品で気に入った点は「現実的と地続きにある得体の知れない恐怖」を生命体の造形で見せてくれた部分でしょうか。話の構造なんかはまんま「エイリアン」そのものなんですが、「エイリアン」がエイリアンという生命体・造形として完成された生物によってなすすべなく人間が殺されていくのに対し、「ライフ」ではあくまで地に足付いたデザインの生物が襲ってくるところでしょう。アメーバのヒトデのような、半透明で葉脈のようなものが浮きだったデザインは生理的な気持ち悪さを際立たせます。この恐怖感は、「エイリアン」や「遊星からの物体」のようなものではなく、むしろ「ミクロの決死圏」などの自分の体の一部などの「細胞」そのものに脅かされる恐怖に近いと思います。現に、劇中の生命体はあくまで単細胞生物であることが強調されていますし、作り手もある程度意図しているのではないかと。まったく違うものではなく、一定の近似を見せているからこそのおぞましさ。それでいてエイリアンのように明確に顔や手といったものがないため、そういったもの以上に理解ができないためエイリアンよりも怖い。ただし、得体の知れないなにかであるのは中盤までで、成長を続ける中で明確に顔が形成されてしまうんですよねぇ・・・これははっきりって失敗だったと思います。デザインそのものは好きなんですけど、顔を作ってしまってはもはやそこからなにかを読み取れてしまうんですよね。それすらできない単純な細胞生物だからこその恐怖だったはずなのに。単細胞生物でありながらーというのを狙ったのかもしれませんが、だったらなおさら顔とかいらないと思うんですよねぇ。ここはちょっと残念なポイントでした。あと生命体視点のあれとかいらないかなーやっぱり。まあ気になった点はその程度で、あとは全部大好きですね。
ふも

ふもの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の死に方がいちいちバリエーションと新鮮さに富んでいて良かった。タイトルにもなっている人間のライフ(命)ってのは思っているよりも脆くて、いとも容易く壊れるんだよって事を死人が出る度に思い知らされる。あっさり死にすぎるもんだからコメディっぽくも感じてしまう。

乗組員の行動が、やる事なす事裏目裏目に出て、気がついた時にはもう遅く、とことん厭な方向にことが転がり、ズンズンと突き進んでいく最悪な展開に終始ニヤニヤが止まらなかった。絶望的なラストも最高。劇場で思わずガッツポーズ。

『ゼログラビティ』の時にも思ったけど宇宙空間に投げ出されるシーンで無音になる演出はズルい。こんなの怖いに決まってる。観ているこっちまで緊張感で息がつまるかのような、まさに文字通り窒息映画だった。

『プリズナーズ』の頃からふつふつと湧き始め『ナイトクローラー』で爆発したジェイク・ギレンホールの発狂芸も今作でついに行き着くとこまで来た感じ。

あと海外メディアでは『クローバーフィールド』か『ヴェノム』の前日譚では?という説が上がっているが流石にそれは無理があるよwたしかに夢はあると思うけど。
佐藤

佐藤の感想・評価

3.9
B級映画のお手本のような傑作。
今年一番の掘り出しモノ作品かもしれない。
ありふれたエイリアンものと思いきや、ストーリー展開が非常に上手く、最後まで緊張感が途切れない。キャストとスタッフがとてもいい仕事をしている。
映画館で観てとても楽しめました。
APO20113

APO20113の感想・評価

4.0
こんな……
……こんな絶望って!!!!

これは飛行機で鑑賞したのですが、逃げ場のない宇宙空間と機内とが重なり、本当に観ていて呼吸するのも大変でした。。
鑑賞後初期エイリアンが観たくなった人はきっと私だけじゃないはず。

おかげでコヴェナントを観る前に復習できたw
aka

akaの感想・評価

3.5
謎の生命体を地球に持ち帰らない様に必死に戦う。人の体の中にまで入り込んで殺されてしまうシーンが怖くて残っている。こんなのが本当にいたらどうしよ...
今日本人が観るべき映画はこれだ!!!
真田広之の大活躍ぶりに全米が泣いた!
『サンシャイン2057』がなんぼのもんじゃい!

① ワイヤーアクションをハリウッド俳優陣に教える真田。
② その彼らからレジェンド俳優と崇められる真田。
③ 撮影で4時間以上吊られるも、衣裳の肩にある日の丸ワッペンを見て耐え抜いた真田。

上記の撮影秘話のように、57歳を迎えてもなお、ストイックに演技に打ち込むその精神、まさに真の"ラスト・サムライ"だ!
無重力でくるくるする姿もまさに忍者!まさに「百地三太夫が一子、鷹丸!!!」

作品内でも、誰よりも事態に冷静に対処してたし、唯一エイリアンを足蹴にした、人類最強の男だよ、あんた…。

その他、ライアン・レイノルズは『リバイアサン』のピーター・ウェラーだし、
普段気持ち悪いのに、酸素棒をぎゅーっとするケルビンにギャップ萌えだし、
ラストなんか音楽で強引にねじ込む力技!
という、俺の好きなボンクラ要素も詰まりまくった作品だった。

「待ってろ…メイ!!!!!」
RYUP

RYUPの感想・評価

-

未知の生物との遭遇…
新たな生命の誕生と誕生…
襲う事に理由は無い”本能”と言う恐怖…
この物語はウッチャンもBスティラーも出て来ない『ライフ』

ISSのディテールや綿密な設定は評価したいが、序盤の静かな滑り出しから終盤の大立回りが勿体無い。
この手のSFスリラーで”出尽くした感”のある脚本が観客の眼にどう映るか?
ギレンホールが演じるいつもどおりの人間関係諦めキャラ。
人気俳優の割に今作でも冒頭途中退場のレイノルズ。
想定以上に頑張った真田広之。
(しかし主演が彼等じゃなかったらDVDスルーの可能性もあったかも⁇)

展開は『◯イリアン』や『◯ロ・グラビティ』で 「観た事あるぞ」の既視感福袋。

監督曰く
「偉大なる先人達の道を追った…」
オマージュとは実に難しいモノである。


監督 ダニエル・エスピノーサ
CAST ジェイク・ギレンホール レベッカ・ファーガソン  ライアン・レイノルズ  真田広之  アリヨン・バカーレ etc

原題 『Life』
2017年 アメリカ 104分

http://www.life-official.jp/

『エイリアン』日本版劇場予告
https://youtu.be/yI7m4Tl36XM
『ゼロ・グラビティ』予告
https://youtu.be/2O2dW4oJs_k