ライフの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

あらすじはありがちなB級っぽいけど映像、キャストが良かった。最初の長回しで引き込まれた。生命体の起源がリアルやしみんな理性的なのがいいね。襲われ方、順番も結構予想外でラストもパニックものっぽい良い意味で意地悪い終わり方。
🔶

📌なぜ作業をしているかまでの説明
国際宇宙ステーション
火星ピルグリム7計画 初日

火星の土のサンプルを持ち帰ってきて戻る予定がピルグリムが損傷
宇宙ゴミの衝突により軌道が外れました

『エイリアン』の1作目のような展開
船内に回収された地球外生命体は成長がとても急速なピッチです
それによって船員の命が危ないことになっていきます

凄く期待できるところまではいかなかった
かといってそんなに悪くもない
____________________

ジェイク・ギレンホール♠デビッド・ジョーダン(医師、アメリカ)
レベッカ・ファーガソン🔴ミランダ・ノース(検疫官、イギリス)
ライアン・レイノルズ♠ローリー・アダムス(航宙エンジニア、アメリカ)
真田広之♠ショウ・ムラカミ(システムエンジニア、日本)
OLGA DIHOVICHNAYA🔴キャット・ゴロフキナ(司令官、アメリカ)
アリヨン・バカーレ♠ヒュー・デリー(宇宙生物学者、イギリス、黒人)
____________________

📍地球外生命をカルビンと名付けられた

1回目
らっこ

らっこの感想・評価

3.4
凄い嫌な殺し方してくるなぁって感じでした。
エイリアンさんの必死さが伝わってきてハートフルな感じ。

このレビューはネタバレを含みます

2017年。ISSが舞台。研究者たちが火星からサンプルを採取し、史上初めて地球外生命体の存在を確認。ところがそれは、他生物を養分として成長する危険な存在だった。人間とカルヴィン(地球の小学生命名)の痛みと痛みの応酬。しかし最初に痛みを与えたのは、「刺激して成長を促す」ことを意図した人間側だ。「本能は生存するための攻撃であり憎しみとは違う」という台詞があるが、カルヴィンの面相は憎悪に満ちている。エンディング曲がNorman Greenbaumの"Split in the Sky"というのは気が利いていた。
「日本人目線で観て」良作。
これはSONYpicってことも関係するのかな?

国際宇宙ステーションで回収した火星の土に冬眠状態とおぼしき単細胞生物がみつかり。。。なSFスリラーもの。
話はこれ以上派生無し。
映画好きなら何度も観たあの系統をがっつりトレースします。

それでも、この映画に込められたメッセージはとても深く、現代的で、しかも古典SF的だと感じました。

舞台が国際宇宙ステーションということで色んな国のメンバーがそれぞれの能力で活躍します。しかもかなりそれぞれの国のステレオタイプをなぞっていて納得感あります。ロシア、イギリス、アメリカ、日本。
特に真田広之の重い存在感が光ります。
途中で中国も多額のお金を出しているとのセリフがありますが乗組員に中国人はいません。(実際には中国は資金的にも参加していませんので、この辺りもこの映画の言いたいことの断片なのかも)

監督は親日派なんでしょうか。
(スウェーデン人とのことでかなり視点は客観的に思えました)
脚本を変えてまで真田広之の出演を求めたようですが、実際脚本のベースはわりと侍魂が溢れてます。

特撮もかなり上質で説得力あります。
これだけでも観る価値ありなディテール。それに何と言ってもオープニングの長回しでのワンカット(ぽい)流れるようなカメラワークはまさに「ツカミはオッケー」な必見シーンです。

もちろん、真田さん含め名優ぞろいのキャストの演技は期待通りです。

そしてSFあるあるを我慢してw観た我々を待っている衝撃のラスト。
そこに関わるのは、かの国の一般労働者階級な方々。
これもこの映画の(ry

伏線はきっちりキレイに回収されます。
ただ、それがさりげな過ぎて伏線とは気づけないものも多く、かつ回収があまりドラマティックでないためちょっと盛り上がらないのはこの映画の評価を下げる一因かも。

エンドロールの曲に007や君が代なテイストを感じましたがこれは勘ぐりすぎかしらんw是非聴いてみて判断を。

ともかくよくできたメッセージ映画だと感じました。クライマックスで彼女が語る「線」にはグッときました。

世界が変われば見方も変わるかもしれませんが、今観たい作品ですね。
(個人的にかの国の「国民」には偏見無しです。)
kirito

kiritoの感想・評価

3.5
【家族】

宇宙飛行士って一体どんな覚悟を背負って宇宙に飛んでいるのだろう。
そんなことを1番考えさせられた映画。

火星から持ち込んだ1つの細胞。
そいつはどんどん成長し、究極の進化を遂げて行く。
これは6人の宇宙飛行士の物語である。

エイリアンよりもこっちの方が静かな恐ろしさだけにリアリティがあった。
特に人間を捕食して行く過程が地味だからこそ実際にありえそうだと思えてしまう。

ここまで過ごしてきた仲間たちが目の前で死んでいくのを見るのはどんな気持ちだろう…

ラストは絶対そうなると思ったらやはりだった。

2018.9.10
Mountain

Mountainの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ベン・スティラーの方じゃない
宇宙ホラー ライフ。

地球外生命体を発見、採取したものの
宇宙船内で逃がしちゃってパニック!!
という宇宙もののベタ展開w

あまり期待してなかった分、
意外と緊張感あって楽しめました。

真田広之×宇宙だと
サンシャイン2057連想しちゃいますw
すぐ死ぬんじゃね?とか思ってましたが、真田さん予想外に健闘してて、なんか嬉しかったです。

宇宙船内の隔離ガバガバじゃね?
とかツッコミどころもありますww
けどまぁ、なかなか良かったです。

あんなに頑張ったのに、
笑えるオチ持ってくるあたり、優秀ww

エイリアン コヴェナントよりも
よっぽどエイリアンな映画でした。

エイリアンキモッーとか
皆んなで叫びながら楽しむのが吉。
mayo

mayoの感想・評価

3.2
地球外生命体を地球に持ち帰らないための戦い。。
人間の傲りか…
自分達より優れてるとは考えにくくとも(姿、形はアメーバでもね)もっと危機感もたなあきまへん。。
潜在能力は計り知れないのだから…
ハラハラドキドキさせられっぱなしでした。
いやぁ〜…しっかし胸くそ映画!!
だけど、嫌いになれないこの後味。。
悪趣味(笑)

ジェイク・ギレンホールとライアン・レイノルズという、お気に入りの2人+我らが真田広之!
真田さん、英語は流暢なのに、日本語が下手に聞こえるのはなぜ(笑)
変なもの育てちゃいかん。無重力状態ではグロもグロくないのだな。我らが真田広之の流暢なイングリッシュが良かった。最後の最後で絶望のダメ押ししてきたのが最高。たいへん面白かったです。
まさ

まさの感想・評価

3.0
宇宙船で宇宙外生命体に襲われるのはありがちな設定と思いきや、まさかまさかのエンディング。こんな終わり方、いかんやろ...