ライフの作品情報・感想・評価 - 221ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

ライフ(Life)鑑賞しちゃいました〜〜〜〜〜〜。笑笑海外系の動画配信サービスで、鑑賞しちゃいました。しかも字幕入りで、合ってるかどうかそのまんまかどうかは分かりませんけど・・・・・この他にも、家で映画を系3つも鑑賞しています。時間の配分配分も((有りまして))、二つは・レンタルしたもので有り「返却日」も迫ってた為「Life」全鑑賞をせずに消してしまいした(残り13分有りましたが・・・・・・)***3つ鑑賞と書きましたけどまだまだと全部が全部を鑑賞できませんでした。

SFパニック・スリラー????ライフ(Life)砕く砕く!!!!!!砕く映画

監督:ダニエル・エスピノーサ

脚本:レット・リース
ポール・ワーニック

キャスト:ジェイク・ギレンホール
ライアン・レイノルズ
レベッカ・ファーガソン(ガール・オン・ザ・トレイン)に、出演してました。
真田広之
アリヨン・バーカレ

上映時間:104分

SONY(ソニー)***この映画SONYなんだーーーーーーーと思いました。映像がですねスゴイスゴイで有りますよ。。鮮明的な鮮やかさ

映画の中では、一つの個人個人の部屋が・全て作り上げた制作費が「2000億円」笑笑

日本・ロシア・中国・アメリカで宇宙ステーションを作り上げた・・・・・・

なんかですねR-12指定が付いてる見たいです。見た感覚的に付ける必要が有る・・・・・かなぁ〜〜〜〜〜とは思うので御座いますけどね・・・・・

ストーリーと感想レビュー+++で御座います(仮)(仮)(仮)
火星から⭐️⭐️⭐️謎の微生物的な生命体を火星から見つけ・・・それを火星から持ち込み宇宙ステーションで研究研究研究とし続けるので御座いますけど、まぁその・・・・・微生物的な生命体が一定区間で超超進化をしてしまい更には頭脳も持ち人間達を襲い破壊への道へて進んで行きます。まぁまぁごくごくありがちな展開で有りました・内容で有りました。グロさはそこまでは???・・・・・無いで御座います。。ドンドンと進化神化して行き大きく大きく成りまして、微生物からミジンコみたいに成りそして更に更にヒトデ見たいな形に成り血管や細胞体がハッキリと分かり・ゴム手袋のような薄い薄い白いヒトデさん。そして更に大きくなりカブトガニ見たいな感じに成り人間達を襲い始めます。奇襲と・・・・カブトガニ++顔立ちがチャンと見えます・分かりますカブトガニ。(脚はタコみたいな感じです、🐙)「ゴジラ」や「ガメラ」なんかで出て来そうな!!!!!そんなモンスター・化け物ような感じで御座います!!!!!!。好きな食べ物。「水と炭水化物と人間で有ります。」「ジュブナイル」の宇宙人的な感覚で御座いまして・・・面白い・面白く無いで良いマスト・・・「天秤⚖⚖」なような感じで御座います。面白さがあっちに行ったりこっちに行ったりと面白くなさがアッチニ行ったりと・・・・う〜〜〜〜ん、なんだかな〜〜〜〜〜なって良いマス映画をで御座います!!!!!ただ怖さは全く持って有りません。
うわっッッッッて言います感じは有りません。怖いッテ言いますエイリアンやSF的なモンスターを放物・放たれます映画では御座いません。


ただもうメチャクチャメチャクチャ映像が綺麗綺麗綺麗綺麗で御座います。一つ一つ一つの宇宙の作り込みが鮮やか鮮やか鮮やかで有ります。流石は「SONYさん」で、御座います!!!そこを夏に映画館で鑑賞するのも良いかもしれません!!!!!

エイリアン????愛が全く持って感じ取れない・モルテン・ティルドゥム監督の最新作もう公開されてます「パッセンジャー」***あの男女に化け物やモンスター機械的な未知の生物や宇宙人・謎の未知の生命体が牙を向いてあの男女叫びながら叫びながらウワーウワー・キャーキャー言いながら、なんとかあの艦を脱出する退治する「パッセンジャー」。
アルフォンソ・キュアロン監督の「ゼロ・グラビディ感感」がスゴォイ有ります!!!!!「ゼロ・グラビディ」な感じの宇宙観がスゴォイ出てまして宇宙がメチャクチャ綺麗過ぎるぐらい綺麗で御座いました!!!!!
あとは、似てると言いましたら「スピーシーズ/種の起源」がスゴォイ有ります!!!!!!エイリアンやスピーシーズ見たいな感じが出て来て欲しかったで有ります。***スピーシーズ見たいなメロンさは🍈🍈🍈🍈全く持って有りません!!!!!!!!ヌルヌルとしてるような感じが有ります、ネトネトとしましたヌルッとしました「Life」の未知なる生命体はそんな感じで有りました。。ベチョ〜〜〜〜〜としました。地球外未知なる生命体。。「(ラスト)」は・・・・なんか「ゼロ・グラビディ」有りきなのも有りました。砕かれる砕かれる砕かれるとスゴイ言ってますけどこちら側としましては、そこまで「砕かれる」砕いているかなぁ〜〜〜〜〜と言います感じも有りました!!!!!!

一応はスコア無しで御座います(仮)(仮)(仮)

あと一番最初で4つ映画を鑑賞をと書きましたが・・・・・

1:はこちらのライフで御座います。
2:SNSホラー映画のデッド・フレンド・リクエスト(鑑賞済み)(レンタル)
3:ホラー映画の(ラスト/ナイト) (まだ)(レンタル)
4:不倫小説。(鑑賞済み)
の系4作品で御座います。


2017年6月14日 水曜日。付け
bless

blessの感想・評価

3.0
the first attack is so painful

このレビューはネタバレを含みます

新宿ピカデリーのプレミア試写会にて



軽くネタバレ気味です。








ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、そして日本代表で真田広之…





キャストが豪華で期待しますね〜。なんかテーマも壮大そうだし。ワクワクします😆








『ゼロ・グラビティ』のようなSF?そしてシュチュエーションホラー?スリラー?



ホラーって括り、どうなのかな?とちょっと思いますが、どうやらそういう括りになってるらしいので。真田広之登壇トークイベントでも、真田広之が出演していた『リング』を引き合いに出し、貞子とどっちが怖いか?とか聞いてましたし。あの質問もどうなのかなと思いますが…






火星で採取した“地球外生命体(カルビン)”の細胞を国際宇宙ステーション内で調査する世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たち。その地球外生命体は次第に進化・成長し…





ぎゃ〜っ





高い頭脳を持つ地球外生命体に変化して…






大変です!






手が…、手がっ…




隔離された部屋で地球外生命体の調査をしていた宇宙生命学者のヒューの手が、地球外生命体に絡みついて離れない。更に締め付けてくる!




でも、助けるわけにはいかない!地球外生命体を部屋の外に出すわけにはいかないのだ!





それでも、なんとか助け出された宇宙生物学者のヒューは手を骨折






そしてヒューを助けたローリー役のライアン・レイノルズは地球外生命体に侵食されて死んでしまいます。頑張ったんだけど、口から進入されちゃうのだ。なんで助けるのよ!見捨てられない正義感がチャームポイントなのか?でも、なんか最近、死ぬの早いよ!!!『クリミナル2人の記憶を持つ男』でも、出てきたと思ったら、すぐ死んぢゃうし。




そして、今度は、通信が途絶え。亡くなったローリーの次に機械系が得意な司令官が修理の為に船外に出ると…






ぎゃ〜っ、



また、アイツが…




って具合に次々と地球外生命体にやられてしまいます。





最後に助かるのは誰なのか?誰も助からないのか?地球外生命体は地球に持ち込まれてしまうのか?日の丸戦士、日本代表の真田広之はどーなるのか?てか、真田広之、何歳の役なのか?子供の誕生とか…。いくら日本人が若く見えるったって。




怖いですね〜





ラストのシーンは『ゼロ・グラビティ』?





スリル満点だし、キャストは豪華だし、セットもお金かかってるなーって思うけど…







はっきり言って駄作?





てか、Be move(moved?)って、続編、視野に入れてるの?





http://ameblo.jp/bird210bird/entry-12283509865.html
ジェイクギレンホールはいつも魅せてくれる。我々の期待を超える。必ず裏切らない。私がもはや崇拝しているほどの彼は本作でもやってくれた。


あらすじはエイリアンとほとんど変わらない。かつて火星を支配したのではないかと言われるほど、完璧な生命体がISSで研究対象となる。しかし、ISSの乗組員はそのことを知らない。そして1人、また1人と餌食になっていくのだ…


このような題材で、絶望がメインテーマとなって展開されるのだが、グロの使い方がとてもうまいと感じた。決してグロすぎるわけではなく、気分を害することなく鑑賞できるのだが、謎の生命体の恐ろしさを存分に伝えていたと思う。


6人しかいない密室で、しかも全編無重力空間で展開されるため現実味がやはり懸念されるわけだが、真田広之も言っていたようにリアリティのある仕上がりにもなっている。いつ起こってもおかしくないようなところが恐怖を増す。


ホラー、スリラーという枠組みに入るのだろうが、宇宙の壮大さも描かれており、SFとしても楽しめる。


それでもやはりこの類のよくあるストーリーであることに変わりはなく、技術が進歩してリメイクされたエイリアンのよう。
しかし、ラストではニヤニヤが止まらなくなった。前述通り、ジェイクギレンホールなのだ。やはりやってくれた。すべてジェイクギレンホールだと思い知った。


是非映画館で迫力と衝撃を味わって欲しい作品。
きゆ

きゆの感想・評価

-
プレミア試写会にて鑑賞。

ホラーが苦手なのであまり見た数も多くないのですが
見ていて震えたのははじめてです...
膝ががくがくして席立とうと思ったこと数度・・・!
予算をリアリティにかけた映画だと思いました
ホラー&えぐい、絶望感が好きな人には是非見て欲しい…
デッドプールの制作陣、振り切ったなあという感じでした

私はライアン・レイノルズ目当てでしたがなかなか辛かったです
真田広之さんは日本人代表を名乗って頂きたい…!と思うほど格好良い
「舞台挨拶付きプレミア試写会」にて鑑賞。やっぱり女性客が多い。真田広之さんのワイアー宙吊り撮影の話、面白かった。すっかりハリウッド俳優の風格。本人に会ってからの映画は、なんか親近感が湧く。

この映画、SFホラーと言うけど、あまりドキドキはしない。早い展開でずっと緊張が続く感じ。宇宙ステーションという選択肢が少ない中で、やれることをし続ける。宙吊りで。息が詰まった。

初めてのプレミア試写会は、思った以上に楽しめた。たぶん映画だけ観たら、違った感想だと思う。
予告編を観た時から1979年のリドリー・スコット監督の「エイリアン」との類似性を感じたが、その予想はそれほど的外れではなかった。
本作は「エイリアン」のような世界観にリアリティを与える為、舞台となっている国際宇宙ステーション(ISS)を外見だけでなく、船内も本物そっくりに再現している。
そして、この船内における無重力(ゼロ・グラビティ)も、キャストとスタッフによってリアルに表現されている。
この無重力のISSという“密室”で繰り広げられるクルーたちと火星で採取された未知の生命体との間で繰り広げられるSFサバイバルホラーは、「エイリアン」とアルフォンソ・キュアロン監督の「ゼロ・グラビティ」を足して二で割ったような、両作品のいいとこ取りをしたような感がある。
この作品で登場するカルビンと名付けられた生命体は「エイリアン」の見た目と比べ、グロさが軽減されているが、その知性というか狡猾さと凶暴性、強靭さはある点において勝っている。
この最強(最恐)最悪なカルビンに振り回され、追い詰められるクルーたち6人を、ジェイク・ギレンホール、レべッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、アリソン・バカレ、オルガ・ディホヴィチナヤ、そしてハリウッドで活躍している真田広之さんが演じている。
この人類に計り知れない厄災をもたらしそうなカルビンを地球にもたらしていけないと決意した彼らは何とか排除しようと奮闘する。
排除にあたってはカルビンとの直接対決もあるが、強靭で素早いカルビンに対し、非力な人間であるクルーたちは頭脳戦で退治しようとしていく。
果たして、命をかけたサバイバルの戦いの行方は…
ラストが「ゼロ・グラビティ」のそれを彷彿させるが、そこに込められた意味合いが強いインパクトを残します。
りり

りりの感想・評価

3.8
ホラー映画という意味がラストでわかりました。こわい。真田広之さんが「サダコよりこわい」と仰っていましたが、ある意味私も同意!
SFは苦手なのですが、満足する映画でした。観てよかった!

一時間半宇宙にいたせいか、観終わって立ち上がったらふらついてしまいました(笑)これからご覧になる方は、観終わったらゆっくり立ち上がってお帰りくださいね😅
ShimaD

ShimaDの感想・評価

3.5
新宿ピカデリーのジャパンプレミアにて。真田広之さんが登壇されました~!
まさかの客席入り口からの登場で、近くにいたじぶんたちは大興奮😍
写真撮影タイムでは遠すぎてボケた写真ばかりでしたが、肉眼でダンディなお顔を拝見できたので満足です😁

曰く、ベテラン宇宙飛行士としての任務達成への責任感と、生きて地球に帰りたいという人間らしい気持ち、その葛藤を演じることが難しかったとのこと。
たしかに、日本代表として年長者としてみんなを引っ張ってやり遂げたことが伝わってきました👏👏👏


さてさて、作品につきましては『エイリアン』から続くSFホラーの系譜に連なる正統派な作風でした。
100分そこそこの映画なので展開はスピーディーで、緩急がめっちゃありますね⤴
悪く言えば、緊迫感も恐怖も感動も悲しみも深く味わえずに次から次~って感じで全体が薄味でした💨

泣けそうで泣けないラインをギリギリ攻めてきて(なんだこれ…歯切れ悪いなぁ)って思ってたけど、ラストの展開を観て納得。
ラストはホントもう一気に好みに🌟
惜しいんだなー。ラストのテンションが中盤からキープされてたらなぁ。


ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソンら6名のクルーだけで話の進む密室劇とも言えるので、キモは演技力なわけですがそこはさすが。

ロンドンのスタジオにISSの実物大セットを建てて撮影をしたらしいのですが、たしかに美術のこだわりは観てとれました。
全編無重力なのでほぼワイヤーで吊っていたらしいのですが、たしかに腰に重心があって吊られてる感が強すぎたのはビミョーですねー💦


万人受けするタイプではないですが、「あのときああしてたら」「こうしてたら」を話せて楽しかったので、ジャンル映画が好きなひとは観てもいいんじゃないでしょうか💡
今日試写会にて鑑賞
面白いです
是非 映画館で鑑賞お勧め
します