ライフの作品情報・感想・評価 - 222ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

皆、スペースホラーってジャンル他に知ってる?
エイリアンとかプレデターとか空想のものじゃなくて現実味のあるスペースホラーは、これが初めて観た映画。
俳優陣が豪華!ジェイクと真田広之最高でした。カルビンの生存能力すごすぎます。。。
期待を裏切らないエンディングの後味の悪さ (^o^)v◎
真田広之が可愛かったので点数高い、とにかくキュート、ラブリー、可愛い、可愛いよ……。
お前は可愛いよ……。
火星から来たイカ星人をまるまる映してんじゃねえええええ!!!!!!
監督はあんま上手くない、ただし真田広之は可愛い、ジェイクもまあまあ、以上、🐸からのリポートでした!
ふるこ

ふるこの感想・評価

3.7
ついにジェイクが宇宙へ出た!

だけで満足なのであった。
怖すぎて吐きそうになったのはまだシンゴジラとカルビンだけだ。
恭介

恭介の感想・評価

3.7
観終わって、よくこの企画に映画化のゴーサインがでたなぁってのと、よくこの役者さん達を集めたなぁってのがまず頭に。
ジェイクとライアンが出演決めたから通ったのかな?

直球SFスリラー過ぎるんでつい(笑)

いや、バカにしてるとかじゃなく、この手のジャンルは大好きだし、本作も王道路線をちゃんとなぞりつつ、独自の味付けもなされている点に好感度大。

さらに、ジェイクにライアンにヒロユキさんにファーガソンって何気に豪華。
だから観てて非常に安心感があったけど
このメンツだから、何か今までと違ったエイリアン映画になってるのかな?と思わせて・・・
カーブかな?シュートかな?いやフォーク・・ズドン!とやっぱり直球ど真ん中!
ですよねーっ!って感じで(笑)

エイリアンの1作目もそうだけど、本作も出てくる地球外生物は侵略者じゃない。あくまでも生存本能に正直なだけ。本作はその辺をちゃんと作品に取り入れて、宇宙というまだまだ未知の領域だらけの世界に行く場合はある程度、リスクマネージメントは必要ですよ、ってことをちゃんと描いてる。しかも、舞台が外宇宙とかじゃなく、ステーションから地球が眼下に見えている距離だから中々、リアル。

最初の犠牲者の誰かさんがヤられるシーンも見どころ。あぁーこの死に方はヤダなぁ〜と思わせてくれる。

ただ、個人的には
地球外生物の造形がちょっと・・・
インパクトが弱いかな。まぁ彼の暴れ方や動き方が物語的には重要なアイテムとなっているので、あんな感じにせざるおえないのは分かるが・・・かといって可愛い外見からは想像もつかない凶暴さ的なキャラでもないし。その点がちょっとマイナス。

けど、こういうある程度のバジェットで役者さんを揃えて、B級臭が漂っている映画は大好きなんで楽しく観させて頂きました。ラストのオチもいい!
J

Jの感想・評価

4.0
・物語★★★★
・配役★★★★★
・演出★★★
・映像★★★★
・音楽★★★★

し…し…心拍数が……😫

暑さも吹き飛ぶ心臓バクバク感を、不穏な音楽と鮮明な映像が盛り上げてくれる。
ISS(国際宇宙ステーション)を舞台に地球外生命体“カルビン”が大暴走するSFスリラー🛰

それは最初、アメーバかゾウリムシかみたいなちっこいヤツ👾
クリオネみたいにかわいくなったと思いきや、次第にヒトデのような姿⭐️、やがてはイカのように進化を遂げる🦑
そして、まさに“憎しみ”ではなく“本能”で、“生きるため”に人類の夢も未来も砕きまくる😱

*************************************

(※以下、ラストシーンについての言及アリ)

ヤツの前では、有名俳優だろうが人気俳優だろうが関係ない😵
「このキャストは最後まで生き残るだろう」なんて甘い先入観は、いともたやすく裏切られるのだ!😱

人類にとってあまりに衝撃的なラストは、クライマックスのカメラワークによって予測は出来る。
でも、「え…?まさか…まさか⁉︎」と思っていた光景がスクリーンに映し出されたとき、観客は例えようのない絶望感に打ちひしがれるのだ😭

折しも、生命の起源を探ることをミッションとする探査機「はやぶさ2」が目標の小惑星に到達するまであと1年。
さぁ、この夏一番の絶望感、体験してみる勇気はあるか…⁉️

*************************************

劇場用パンフ★★★
全26ページ。
可もなく不可もなく。
だが、実際のISSの写真を使った内部の紹介や、宇宙生物学者と天文学者によるレヴューは、初歩的な科学誌のようで興味深い。
ストーリー紹介はネタバレ満載につき、鑑賞前に読むのは厳禁だ⚠️
moe

moeの感想・評価

3.6
面白かったです! 良かった点を挙げると、
①ラスト (好みのタイプ)
②キャスト (ギレンホールLOVEは勿論のこと、我らが真田さんもいい味出していましたね~)
③テンポが良い
といった感じですね~!

エイリアンシリーズなどと比べられると、物足りないかもしれませんが、この作品はこの作品で、なかなか良かったと思います。

もし、地球以外の惑星で、新たな生命が誕生したとき、地球の人々はその脅威が分からずに、この作品の人々がそうであったように、ただその奇跡に興奮することでしょう。
未知の生命体って本当に怖いものですね~。実際にも、どこかはるか宇宙の惑星に、未知の生命体が存在しているかもしれません。この作品を見て、本当に怖くなりました(笑) 

もし存在しているなら、どうかフレンドリーな生命体でありますように。
かに

かにの感想・評価

3.0
ジェイクギレンホール、ライアンレイノルズ、真田広之とくれば観るしかないでしょう。骨太のSF映画かと思えば、いたってオーソドックスなエイリアン映画。ラストは「へ?」と、後味の悪い映画となるでしょう。
YMY

YMYの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画好きだからってのもあるかもしれないけど、よくあるホラー映画より怖かった、、、

「ザ・コア」的な展開からのラストを想像していたので、ラストの展開は結構まさかだった。

ネズミのシーンはとても衝撃的で耐性強目の私でもかなりうっ、、!!となった、、

あとまさかレイノルズが、、デッドプールが、、笑
という感じでした笑

あとエンドロール明るいww
sei

seiの感想・評価

3.6
『人類の夢も希望も砕かれる』
この文句に寸分の間違いもありません(´Д`|||)砕かれた…

宇宙空間に何の違和感もなく、私がSFを見てなかった何年かの間により映像がリアルになったもんだと変なとこで感心してしまった。

話もありそうな感じ…新しい発見は素晴らしいが、人が手を出してはいけないものはあるよ…

真田広之が思ってたよりもガッツリ主要人物だったので、何か嬉しかったな(^^)