ライフの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

ナオヤ

ナオヤの感想・評価

3.0
真田広之が少し活躍したよ
コウ

コウの感想・評価

3.5
宇宙ステーションの中の宇宙飛行士たちの描写は好きだったが、ストーリーは先が読めて物足りなさを感じてしまいました。

船内活動や船外活動のシーンは好きでした。

地球とのやりとりをもっと入れて欲しかったな。

個人的にはエイリアン・コバレントよりは好きな作品でした。

キャスティングはなかなか豪華でしたが、B級ですかね・・・
最初はドキドキするけど後々展開が丸わかりって感じ。
結末がよくわからぬ。
エイリアンシリーズやその他のSF作品おける防疫対策についてずっと不満をもっていたため、この作品は大いに楽しめた。
既存のウイルスや病原体でさえ簡単に人を死に至らしめ、また今なお原因不明の病も多い中、地球外生命への防疫対策にやり過ぎという事はないのだ。
この作品は万全に対策した防護壁が如何にして破られるかから物語が始まる。

狭い宇宙ステーションに持ち込まれた謎の宇宙生物カルビンが暴れまわるシチュエーションは一作目のエイリアンに似ているが、一部を除いて様々な面で現在考えうるリアリティーを追求しており、2017年版のエイリアンだと思えた。
ラストは想像通りのオチであったが、最高の恐怖を描ききっている。

残念に感じた部分もある。
見る者の想像を超えるカルビンの攻撃性や行動力にはスリルがあったが、最終形態の姿がハリウッドSFにありがちな怖いツリ目顔をしたモンスターなのである(正確には眼球当たるものは確認できない)。ここは徹底して未知の姿であって欲しかった。
あれれなB級映画
あらた

あらたの感想・評価

2.9
もうちょっとうまくやれよ。もっと頭使えよというかんじ。
Fumie

Fumieの感想・評価

3.3
機内にて。
ドキドキ恐怖系SF、でもちょっと先が読めちゃった残念感。
うえの

うえのの感想・評価

3.4
火星探査機の回収に成功し、世界初の地球外生命体の存在を証明できること喜びに沸く国際宇宙ステーションのクルーら6人。
しかし知性を持ち始めた「サンプル」がその獰猛で凶悪の性格を見せ始め、クルーらに襲いかかる。
地球存亡の危機に立ち向かうクルーと進化を続ける「サンプル」の戦いを描いたSFスリラー。

実はエイリアンとかプレデターとか観たことなくて、こういうSFモンスターパニック的な作品は新鮮笑。
ありがちな設定だけどやはりこの手の作品は怖いし、キモすぎてキモい「サンプル」のビジュアルインパクトがヤバすぎて超キモい(語彙力)

さらにはキャストがやたらと豪華。
ジェイクギレンホールにレベッカファーガソン、ほぼこの2人観るために観たと言っても過言ではない笑。
大人気ライアンレイノルズも参戦し、さりげなく真田広之もいる。普通に豪華メンツ笑。
この作品観て改めて思ったけど世界中でFUCK'Nの発音が最も素晴らしいのはライアンレイノルズなのではないだろうかと感じた笑。
CKの爆発音が素晴らしい笑。

ワンシチェエーション物に新風を巻き起こすというのがこの作品の売り文句だったみたいだけどそこまで斬新な印象は受けず。。
ただこの作品ですごいなと思ったところが1mmも希望がないこと笑。
ラストシーンには震えた。いろんな意味で笑。
2時間近くの鑑賞時間を全て無にする圧倒的で容赦ないBADエンドを是非ご覧いただきたい。
みつき

みつきの感想・評価

3.3
人が死んでいくペースが早くて怖かったけど、宇宙飛行士の映画好きなので、、、この評価。