ライフの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

tomomi

tomomiの感想・評価

3.5
タコみたいなエイリアンのカルビン。誕生したての可愛らしい見た目に、宇宙飛行士たちも騙されちゃったはず。
内容をほとんど知らずに観たので、なかなかのグロテスクな映像に驚いちゃいました。
最後の最後、、、驚き😲💦
“文化圏遠くラジオ『ライフ』。今回のテーマは「育てていいの?〜未知の生命に出会った時」。”…何言ってんのか分かんないですよね。すいません…。

ふわぁ〜い。た〜のしいよー!
『ライフ』というタイトルの映画の中で多分一番バカバカしいです!

火星だったか何処かで拾った微生物を嬉しくて宇宙船の中で愛でていたら、なんかあかんやつだった…のだ!

すごくシンプルな、まるでPCのアダルトゲームくらいのストーリーですよ。(想像です!)『メッセージ』と同じジャンルの映画とは思えません!
その割にキャストが凄く豪華です。ジェイク・ギレンホール!ライアン・レイノルズ!レベッカ・ファーガソン!ヒロユキ・サナダ!…顔つきからするとジェイク・ギレンホールが犯人だと思ったのですが、そういう映画ではなかったですね。犯人は宇宙生物です。宇宙生物が、最初のうちこそ吉田戦車さんの描く“なんかヘロヘロした奴”って感じなのですが、育つに連れて『アビス』の水棲人がヤサぐれちゃったみたいな凶悪な姿になっちゃいます。そして巻き起こる惨劇は…、まあこのジャンルではよくある感じです。そりゃそうだ。
宇宙船自体が割と小さいので、1人また1人と違うパターンで犠牲になっていく流れはソリッドシチュエーションホラー的でもありましたね。
ラストの展開の、意地の悪い突き放し方が最高です!なんとなく『人喰いアメーバの恐怖』とかクラシカルなホラーも連想しましたね。是非、続編を作ってもらいたいところ。
それにしても、こういう映画は気楽に見られて良いですねー。特に学ぶ事も無かったです!…強いて言えば、宇宙に行ってもダクトテープはやはり頼れるという事ぐらいです。アメリカ人のダクトテープ信仰は凄い!ダクトテープがあればタイタニック号は沈まなかっただろうし、アイアンマンスーツもキャプテン・アメリカのシールドもダクトテープで作れば良いのです。あと、ハーヴェイ・ワインスタインを後ろ手にグルグル巻きにして、ハリウッドサインから投げ落としたりも出来ますぞ!
ダクト・テープ教団万歳!D・T‼︎ D・T‼︎ D・T‼︎ D・T‼︎…
寄生獣に出てくるミギーみたいな地球外生物が出てきます。

個人的にこちらの内容は色んな意味で怖かった。
ryo1

ryo1の感想・評価

4.0
ジェイクさんが出てる映画は間違いねー!派です。

今回も充分楽しめました!
映画館で観といても良かったかなー。
どーなるのかなー?
こーなるのかなー?
と思いつつの終り方も良かったと思います。

あの地球外生命体には悪意は無いのだろうけど生存本能だけでキバを剥くと驚異的。

ヒトの興味は新しい発見もあるが、ヤケドもするぜー!ってね。

レベッカ・ファーガソンさんは相変わらず美人さん!

真田広之さんも良かったです。
宇宙から見守る地球での娘の誕生にホッコリ。

ライアン・レイノルズさんには今回、画面の向こうから1度もはなしかけて来なかったけど、良し!

なんか評価が低いようだけど、オレは好評価です!

願わくば続編とか、やめて下さい。
Chanele

Chaneleの感想・評価

3.5
ハラハラドキドキ、知性派SFホラーの雰囲気を漂わせつつ、でも内容はよくある話。
まここ

まここの感想・評価

3.6
気になってて観たけど疲れた〜
どこかリアルで静かに迫ってくる怖さ。

美しい未知の生命体は恐ろしく凶暴性のあるもので宇宙飛行士たちは仲間を失っていく悲しみに暮れると共に、この状況を何とかしようとする頭の回転のなんと早いことか!
それぞれがそれぞれのために行動する姿が優しくも心苦しい。
「ただ、あいつ(生命体)が憎い」

宇宙は美しいものだけれど、その分のリスクは計り知れない。
"カルビン"とすぐに名前をつけてしまうところも人間の純粋さや危機感の弱さを物語るようで‥
衝撃のラストには思わず「えー‥」と声が漏れました。後味悪いけど、これもまたアリです。
軽いタッチのエイリアンかな・・・と思って観ていると、ゼロ・グラビディの影響か若干の浮遊感を観せて、ラストは70年代後半か80年代のSFのようなちょっと古臭いオチだったという感じだろうか。

SFとして全く新しいものは無いけど、ハラハラするし普通に楽しめる。カルビンはじめデザイン性も極普通と言った感じだろうか。
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.6
「80億人のバカがいる所へ戻りたくない。」

いわゆる宇宙ジョークというやつだろうか笑

宇宙開発って夢のままで終わらせた方が良いのかもしれない。と思ってしまうほどに恐ろしい映像。
Dwarf

Dwarfの感想・評価

4.4
時間的なまとまりもめちゃくちゃいいし、役者の使い方や緊張感の作り方など、いちいち面白い要素満載でした。難しい理屈やちょっとしたツッコミどころは抜きにして、だいぶ楽しめました。

最初の音楽の使い方やタイトルの入り方だと、初見の人絶対騙されるよなぁ(笑)

宇宙モノや、エイリアンものはたくさんあるとは思いますが、この作品もオリジナリティは十分あると感じました。役者たちの演技も素晴らしかったです。レイノルズとギレンホール入れ替えたバージョンも見てみたいなぁ。

キレのあるラストもたまらんっす。「ゼロ・グラビティ」ばりに着陸シーンをネットリ映すんで、まさか…とは思ったけどね(笑)

平均評価としてはまあまあらしいですが、自分的にはかなり面白い作品でした。
TAKE

TAKEの感想・評価

3.0
宇宙ものが多すぎて。
どんなオリジナリティがあるのかなって期待して。
ジャケもセンスが無さすぎて。
結局キャストだけで見ることを決めて。

思ってたのと違う!に尽きる。
different goodとは言えない。
今の技術の映像美がなきゃ、絶対最後まで観れてない。