ライフの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

Saito

Saitoの感想・評価

3.8
B級SFホラーのフォーマット。
絶望感や閉塞感のある死に方をする登場人物とラストの展開に満足。真田広之は謎起用。アジア人なら誰でも良かったのかもしれないが。
ひわも

ひわもの感想・評価

3.8
こわかった。
そして船員たちの横のつながり、連絡、意思の疎通の少なさ、やりとりの希薄さにイラっとした
anankeigo

anankeigoの感想・評価

4.3
機内で鑑賞。最高ですね。
のぶ

のぶの感想・評価

4.8
ずっと飽きずにハラハラしながら観れた。真田広之がかっこいい❤️
Kino

Kinoの感想・評価

3.8
『ライフ』宇宙飛行士達が火星から回収したサンプル。その未知の生命体が急速な進化を遂げクルー達を襲い出す。彼らはこれを地球に持ち帰ってはならないと宇宙ステーションの中で戦うことになる。
神秘からの残酷なまでの生存本能にヒリつかせられて、からのラスト!
非常に良き鈍痛作品。
地球外生命体もただ敵対心で殺すではなく、生存に必要なものを吸収する為である上で人間がターゲットの一つになっていくんですけど、だから故にのあの絡みつく感じでの殺め方は良いですね。『エイリアン』『アビス』の遺伝子受け継ぎながら、個人的にはB級快作『ディープ・ブルー』を彷彿。
Hirorororo

Hirorororoの感想・評価

3.1
「エイリアン」系。だと思う。エイリアンちゃんと見たことないけど。エイリアンちゃんと見よう!
最初は可愛かったのに…
それにしてもエイリアンの造形って偉大だなぁと改めて思った。
エイリアンちゃんと見よう!
2017年の”ALIEN”はこっちだ!!!
この閉ざされた空間でのどきどき感、未知のものへの恐怖感こそが映画の醍醐味。かわいいものが恐怖に変わって、そして…。人間の浅はかさ、単純さが導く結果に、え~そんな~と傍からみると思えるけれど、その場になったそんなものかも。CGや出演者の演技も素晴らしい。
mayao

mayaoの感想・評価

4.0
最後いいねえ〜
ACDC

ACDCの感想・評価

2.8
あらすじ(大嘘)
火星で静かな冬眠生活を送っていたライフは地球人のせいで宇宙ステーションに監禁されてしまう。
ライフは宇宙ステーションからの脱出を試みるが、ここはあらゆる生命の可能性を拒絶する地球の衛星軌道上。空腹、低温、酸素不足、地球人どもの浅知恵…様々な障害を前に果たしてライフは生き延びることができるのだろうか?
まぁ『エイリアン』だよね。目新しさは無いよ。でも面白いよ。まず演者が良い。ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之と良い顔が勢ぞろい。特に真田広之の活躍が結構あったのは嬉しい。また無重力空間を縦横無尽に動き回るカメラがサスペンス性と迫力を高めていて良かった。〝今の技術で『エイリアン』を作ったら〟という感じの作品で、目新しさはあまりないけど、一定の面白さは保証できます。