ライフの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

swansong

swansongの感想・評価

4.5

"アストロノーツ心得10ヶ条" その4、
「寝る子は起こすべからず。」

あ~、コワオモシロかったぁ♪

「本家」の最新作にはちょっと不足していた "オバノン風味" が、コッテコテに利いてますやん♪

お刺身にしたら美味しそうな「あの子」と、高度な訓練を受けた科学者6名からなる「人類代表チーム」との、「種の存亡」をかけた密室デスマッチ。

どちらも絶対に負けられない両者が繰り広げる息詰まる攻防に、ラストシーンまでハラハラさせられっぱなしでしたよ!

宇宙飛行士のみなさん。
大気圏外へと旅立つ前に、「B級SFホラーあるある」 がすらすら言えるようになるまで、しっかり勉強してね!
MEMO : It's common... including the last.
TomNord

TomNordの感想・評価

4.0
機内鑑賞。
ホラー映画というのは基本的に何か不吉な事が起こると決まっていて、我々もそれを観に行く訳だが、そのくせ、もうこれ以上恐ろしい事は起こらないでほしいと願ってしまう。
その心理を見事に操り続ける映画。
宇宙という極端に制限された世界は、同僚が次々に悲惨な事態へと巻き込まれていくのを、文字通り「見ている」ことしか出来ない空間。そこを自由に駆け回る今回の「主役」に文字通りLifeを吹き込み、さらに自由を次々とお膳立てしてしまうのは人間。まさにオバケの映画と同じく「そんな事しなければ良いのに!」「そもそもそんなところに行くなよ!」とつっこみつつ、当然我々にはなすすべもなく(当たり前だが)、案の定の悲惨な結果を見ては恐怖を感じている時点で、この映画をもう十分に楽しんでいるということ。

それでもところどころ、今までにはないような工夫された恐怖表現の新鮮さが強く印象に残る。そして何より、6人の乗組員が役者の個性によって見事に描き分けられていて、説明がなくてもいつの間にかその人達を知っているような錯覚が起こるのは、まさに演技の力。
(それにしても、相変わらずジェイク・ギレンホールの演技の素晴らしさといったら!)
竹犬

竹犬の感想・評価

4.1
塚口サンサン劇場にて。上映逃してたので助かった。
久々に観るホラー?サスペンス?エイリアンもの。
火星の生命体サンプルを培養してウッカリ刺激与えたもんだから逃げ場のない宇宙ステーションで遅いかかられるというハラハラ感が楽しめた。
カルビンの締め付け砕き殺法をもっと見たかったなぁ。
状況を何度も悪くするあいつ。何考えてんだ?あほかと。みんな生き残るために頑張ってるのになんで黙っとるねんとツッコミまくり。

真田幸村が出演してたのはビックリ。確か先日アメリカに活動を写したけどなかなかチャンスを掴めないという記事を読んだところなので頑張ってはるねんなぁ。
宇宙船密室型の地球外生命体コンタクト系SFホラー映画。

船内が無重力状態な設定は好みで、生死をかけた戦いはホラー要素も満載なのだが、宇宙船内の息苦しさや臨場感の演出は『エイリアン』の影響が多く、意外性に乏しく既視感の強さも否めない。

前知識ない鑑賞なので、真田広之が宇宙飛行士ショウ・ムラカミ役で出演していて驚く。
どうせ「バイオハザード:ザ・ファイナル」のローラのようにセリフが殆どなく直ぐにいなくなると思ったら、他の飛行士と違い追い詰められても冷静に行動して何度か危機的状況を回避し好演。セリフも多い。
他の飛行士が落ち着きがなく誤った状況判断をすることと対象的に。

設定も過去の日本人宇宙飛乗組員と似ていて、乗組員唯一の日本人で、重要な任務を行う役割なのが意外なリアリティを生む。
せめて日本向けのポスターには真田の顔を入れれば良かったのに。

B級映画的なラストは予想通りだが、真田広之の熱演でスコア以上に楽しめた。
ten47

ten47の感想・評価

3.0
予告編でオチとか予想できる
豪華俳優ばっかり使ってる割には面白くない
特に目新しさがなかった
LUKE

LUKEの感想・評価

4.3
単純に面白かった。
生命体の見た目がよかった。

予想外の展開が好き。

私的に泣けるシーンが多かった。
食欲がなくなる映画。
簡単に想像できるようなラストはかなり好み。(むしろ逆のパターンとかやと嫌)
観ててまぁまぁ普通に面白いんやけど、終わった後はあんまり残らない。
カルビン君、顔っぽいのができた事が何よりも残念。あのままでいて欲しかった。
AyaMitani

AyaMitaniの感想・評価

2.0
うーん…………
結構設定は面白そう!と思ってきたいしていたんだけども、そうでもなかったかなあ。
何にたいしても既視感というか、まあそうなるよね~という展開。

展開にドキドキはするけども、だよね~という………
見せ方は良かったということですかね?笑
funny3

funny3の感想・評価

3.5
ありきたりな設定ではあるが、昨今の宇宙開発の技術の発展を考えると、そこまで突飛ではないかも、と思わせるSF。

ラストも読めるけど、好きな展開。

日本では真田を推してるけど、アメリカのキービジュにはいなくて、まぁそうだよなぁと思った。