サラエヴォの銃声(2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:
  • フランス
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • / 上映時間:85分
    監督
    ダニス・タノヴィッチ
    脚本
    ダニス・タノヴィッチ
    キャスト
    スネジャナ・ヴィドヴィッチ
    イズディン・バイロヴィッチ
    ヴェドラナ・セクサン
    ムハメド・ハジョヴィッチ
    ファケタ・サリフベゴヴィッチ
    あらすじ
    2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

    「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.9
    多元的見方を多民族国家であるサラエヴォのホテルでの一幕とサラエヴォ事件への考察を通して考えさせられる。島国で単一民族国家だと思い込んでる日本人はピンと来にくいかもしれないけど、気づかせてくれる映画。

    思いを歴史に馳せる「サラエヴォの銃声」
    http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/03/123000
    ap
    apの感想・レビュー
    3日
    3.9
    2017シアターセントラルbe館
    ロック
    ロックの感想・レビュー
    5日
    3.1
    ダニス祭②
    Tangerine
    Tangerineの感想・レビュー
    6日
    3.3
    第一次世界大戦の引き金。というより、90年代の内戦の事を考えさせられる。まだまだ勉強が足りない。
    take
    takeの感想・レビュー
    2017/05/17
    4.7
    映画 サラエヴォの銃声
    旧ユーゴスラビアの悲しい戦い。
    ムスリム、クロアチア、セルビア…いつの時代も政治に操られ苦しめられてきた…今もなお…
    1914年6月28日に起きた事件が題材の作品。だけどこれは昔の話ではない2017年今現在も問題は解決していない。繰り返し政治に操られてきたそれぞれの国民たちの感情をそれぞれの役のなかでここぞとばかりに議論をするインタビューのリアルさに様々な視点からの問題がよくわかった。
    そして、この作品がとてもスリリングだったのは数々の仕掛け。VIPがチェックインして終わるまでの82分過去の事件に絡ませ同じ時間で進んでいく。スクリーンの中で秒を刻むカメラの時刻が緊張感を上げ、独特の作りのホテルの中で起こる個々のドラマをカメラが追いかけて映すようなその揺れがドキドキ感を上げた。
    武力だけでは争いは収まらないこと、今もなお政治に操られていること、この旧ユーゴスラビアのなかでの国境・政治・宗教への複雑でやりきれぬ思い。これらをノンフィクションとして事実を絡ませて映画にしたことがとにかく凄かった。見終わってからの満足度は高かった。
    yusuke
    yusukeの感想・レビュー
    2017/05/16
    3.5
    ボスニアヘルツェゴビナの辿ってきた歴史を知っていればもっと面白かったんだろうけれど、そんなに知らなくても十分楽しめた。
    人物をひたすら追っていくカメラが印象的。
    KenOkabe
    KenOkabeの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.0
    ●どんだけ一人で練習してるんだよ…
    ●スト関連というかホテルの話が一番面白い
    ●そして誰もいなくなった
    えみシティジョーンズ
    えみシティジョーンズの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.2
    "汚れたミルク"と同じ監督。
    ボスニアヘルツェゴビナの揉め事をずっと抱えている人達。
    セルビア人とクロアチア人とボシュニャク人が現在もそれぞれ対立している様を映し出している。
    実は勝手に戦争真っ只中の話だと思い込んでいたのでかなりガッカリ。
    ストーリーの運び方は昨年観た"イレブンミニッツ"のようだった。
    あずみ
    あずみの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.8
    「サラエヴォ事件」に関しては、歴史の教科書に載ってるくらいの知識しかないので、世界史に対して教養があればもっと楽しめたのにね…

    約90分という比較的短い尺とは思えないほど、長い。ワンカットが長い。台詞が長い。
    背後から追っていく芸術的なカメラワークで、緊迫感出しまくり。ロッカールームから廊下までを撮す、y=1/xのグラフみたいな軌跡を描くカメラワークが個人的に一番グッときた。
    >|