サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

多元的見方を多民族国家であるサラエヴォのホテルでの一幕とサラエヴォ事件への考察を通して考えさせられる。島国で単一民族国家だと思い込んでる日本人はピンと来にくいかもしれないけど、気づかせてくれる映画。

思いを歴史に馳せる「サラエヴォの銃声」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/03/123000
papico

papicoの感想・評価

-
事前に、ボスニア・ヘルツェゴビナをはじめとした欧州やサラエヴォ事件、第一次大戦時の背景の知識がないと意図を楽しめない内容

不勉強のためスコアつけられません。
2017/04/22 シネマカリテ Sc.2
現代ヨーロッパの問題をサラエヴォ事件に写し風刺していて面白い。

世界史の知識を持っていればちゃんと楽しめただろうな…(^^;)
キイロ

キイロの感想・評価

3.2
前半は思想の話が多く家事しながらのながら見になってしまったけれど、ラストに向かっての物語の転がりは釘付けに。
"大人の味わいシネマ"の謳い文句に、なるほどと。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2017.12.2 DVD

アルトマン的な群像劇をベースに、立場に囚われた各人物の背中を流麗なカメラワークによってひたすら追いかけていくが、作品を通じてあらゆる対立が構造的に浮かび上がっていく様をただ観念的なものとして俯瞰するしかなく、細かい背景とか固有名詞とかはほとんど掴みきれませんでした。ごめんなさい。いかにも『ノー・マンズ・ランド』の監督的な二発の「銃声」が響くシーンにはなんとなく響くものがあったし、カーテンの開閉とか、エレベーター前での反復とか、白い祭服を纏った小太りの男が経営者の部屋の窓の外を悠々と横切って行くシーンとかは良かったです。
サラエボ事件や欧州の姿というものの縮図を救いようのないホテルを舞台にして表したとの事なのかな。

そもそも知識がないが為にインタビューの場面はさっぱり理解ができなかった。
だから評価のしようがないかもなのだがカメラワークが独特で良かったよん。
ni5ro

ni5roの感想・評価

2.5
無知すぎて!
ついていけなかった(;o;)

同じ職場で働き立場が違う
母と娘の描き方に
うるっと(;_;)
Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
第一次世界大戦の引き金とされるサラエヴォ事件を題材に、ボスニアヘルツェゴビナという国の難しさを語る社会派映画。
現在とサラエヴォ事件当時の時間を混ぜて作られているが、映像やキャラがはっきり分かれているため分かりやすい。カメラ回しや衣装など、なかなかおしゃれ。
しかし歴史的背景や、文化的背景の知識に疎い私には、淡々としすぎていて入り込めなかった。
もう少し、感情的になれるように作られていたら良かったなぁ。
love1109

love1109の感想・評価

3.3
様々な宗教をもった民族や、様々な思想をもった人々が、何千年もの昔から、争い、啀み合いながら生きてきたヨーロッパの、ほんとうの歴史を私たちは知らない。また、未だ明らかに存在する階級社会の中で、思いを飲み込みながら生きていかなければならない現実を、私たちは実感することさえできない。その意図的かつ緻密で巧妙な仕掛けに、日本人である私は、ただただ愕然とするだけだった。
サスペンスかと思いきやだいぶ淡々と話は進む。搾取される側と搾取する側の関係を戦争の記憶と共に、賃金未払いスト寸前のホテルにサイジングして物語は進む。歴史的知識あるとより楽しめるかと
>|