サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

多元的見方を多民族国家であるサラエヴォのホテルでの一幕とサラエヴォ事件への考察を通して考えさせられる。島国で単一民族国家だと思い込んでる日本人はピンと来にくいかもしれないけど、気づかせてくれる映画。

思いを歴史に馳せる「サラエヴォの銃声」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/03/123000
yoko45

yoko45の感想・評価

3.6
ホテル内を行き交う人を追う撮影技法が面白く見入ってしまった(とくにフロント係の責任者ラミヤ)。それぞれの物語が絡み合っていく構成力にも感心。第一次世界大戦の発端となった事件をよく勉強していればもっと楽しめたかもしれない(事件と歴史に関するインタビュー場面の内容が難しい)。
skm818

skm818の感想・評価

3.6
第一次世界大戦開戦100年を記念してEUの式典が行われるという日、使節団を迎えることになっていたサラエヴォ市内のあるホテルでの人間模様。弱い立場の者たちはただ搾取され、暴力を振るわれ、出自が違うもの同士はテレビの討論番組のカメラの前ですら対立し、民族主義者の男は銃を持っているだけで警官に射殺され、しかしホテルの支配人も安泰ではなく、資金繰りに困り、発砲騒ぎで客が全員逃げ出したとあっては、借金返済のあてもなくもう絶望しかない。そういう鬱展開と終わり方。
ストに反対していても解雇されるんじゃ、ストに参加した方がいいよなあとしみじみ思う。
あの男が支配人室に飛び込んで彼女を助けたら英雄だが、そういう展開ではなかった。何をしようが弱いものは犠牲になって泣くしかないのか。
全てが解決しているかのような華やかな式典や記念イベントの陰で泣いている人たちはまだ大勢いるという話だろうな。
途中むちゃくちゃ眠かったが、だいたいの流れは把握できてると思う。
あの監視されてた男って、要人じゃなかったのね。
とがり

とがりの感想・評価

3.0
サラエボ事件から100年、記念式典に臨む慌ただしいホテルで、再び銃声が鳴り響く…
みたいなフーダニット的ミステリーを想像してたら、そうではない群像劇っぽいドラマ映画だった。
不穏な空気をこれでもかと醸成しつつ、ラストシーンの突き放したような寂寥感。
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

地元の劇場で公開決定から実際の公開まで半年以上かかったと思われ、ずいぶん楽しみにしていたから、観てみると物足りなかった印象が拭えない。映画の舞台、ホテルヨーロッパで繰り広げられる3つのエピソードが切り替わるテンポが速くて、ついていくのに苦労した。一番興味深かったのはジャーナリストと、100年前にオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻を暗殺した青年と同じ名を持つ男のやり取り。今にも銃声が鳴り響かんばかりの緊張感と、一瞬2人の間に生まれた共感や理解のバランスが素晴らしかった。(2017/10/11 KBCシネマ)
歪み合ったところで、最善の答えにはたどり着けない。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.0
難しかった…。事前にサラエボについて勉強しておかないと、しんどいです。
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.7
サラエボ事件から100周年の記念式典が行われる”ホテル ヨーロッパ”
華やかな式典の準備の慌ただしさ、屋上でのインタビュー、内部では給料未払いによる従業員のストライキ画策、阻止しようとする支配人達、フロントのラミヤへ言い寄る若いレストランスタッフ、大金を賭けてるポーカーゲーム、銃殺、ホテルからの避難、
このホテルはユーゴスラビア地域の縮図なのだ。
誰一人いなくなったホテルをひとり後にする支配人。
ラストシーンは持って行きようのない気持ちにさせられる。
難しい映画でした。
いずれにしても歴史の不勉強を悔やむ。知ってればもっと深く理解出来たはず。もったいなかった。
支配人、フロントのラミヤ、ホテルを歩き回る背中を録る長回しシーンは
ちょっと距離を置いて見つめている視点の表れか?
この撮影手法は印象的でした。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.6
まるで、ドキュメンタリー映画を見ているような淡々とした、でも緊迫感のある映画。

サラエボ事件の事
セルビア人について
ボスニア・ヘルツェゴビナ
もっと詳しく知っていたらなぁと思った。
>|