サラエヴォの銃声(2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:
  • フランス
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • / 上映時間:85分
    監督
    ダニス・タノヴィッチ
    脚本
    ダニス・タノヴィッチ
    キャスト
    スネジャナ・ヴィドヴィッチ
    イズディン・バイロヴィッチ
    ヴェドラナ・セクサン
    ムハメド・ハジョヴィッチ
    ファケタ・サリフベゴヴィッチ
    あらすじ
    2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

    「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

    多元的見方を多民族国家であるサラエヴォのホテルでの一幕とサラエヴォ事件への考察を通して考えさせられる。島国で単一民族国家だと思い込んでる日本人はピンと来にくいかもしれないけど、気づかせてくれる映画。

    思いを歴史に馳せる「サラエヴォの銃声」
    http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/03/123000
    ソレイユ2にて鑑賞
    記録
    見るには歴史を知らなさすぎた。事件があったことだけでは理解は無理
    ジャーナリストとの迫力ある長回しのシーン 意味がわからないのが残念。香川では1週間限定なので再度劇場での鑑賞が難しく残念。
    それぞれの台詞に今の社会情勢が反映されていてなるほどと驚きました。

    最近の日本では作れない作品かな。
    2017年45本目

    サラエヴォ事件から100年が経った記念日に、ホテル内で渦巻く人間模様を描いた群像ドラマ作品。

    ホテル・ヨーロッパは、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行う為の準備に追われていた。ホテルに集うさまざまな人達、仕事熱心な美しい受付主任、屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト、100年前の暗殺者と同じ名を持つ謎の男、演説の練習をするVIP、ストライキを企てる従業員達とそれを阻止しようとする支配人。人びとの思惑が複雑に絡み合い、運命の歯車は次第に狂い出す…


    『その引き金を引いた者は、英雄なのか、テロリストなのか。』


    観賞前に少々学んだサラエヴォ事件。どんなに時間が経とうが、人々の胸に今も尚色濃く残る感情。伝統のあるホテルには、記念日の準備や関係者の利用でいつもとは違う騒がしさがあった。ホテルの限られた空間には、視線の先に捉えるものが全く異なった人間(人種)がいて、居心地の悪さと息苦しさを感じられる。通常では表に見え難い、内に秘めたる想いが溢れ出し他人の人生までをも飲み込んでしまう言動と1発の銃弾。放たれた想いによってどう変化していくのか?語られる事のないその先が気になる作品でした。
    ドキュメンタリー的な世界史をバックにも密閉された中に世界が投影されるという二重構造が巧み。ドラマは間違いなくリアリティでありフィクションであるという。多分とつけざるを得ないのは身体を捻らなければ字幕が見えない席に座ってしまい諦めてウトウトしてたため。ジーザス。
    2017シアターセントラルbe館
    第一次世界大戦の引き金。というより、90年代の内戦の事を考えさせられる。まだまだ勉強が足りない。
    映画 サラエヴォの銃声
    旧ユーゴスラビアの悲しい戦い。
    ムスリム、クロアチア、セルビア…いつの時代も政治に操られ苦しめられてきた…今もなお…
    1914年6月28日に起きた事件が題材の作品。だけどこれは昔の話ではない2017年今現在も問題は解決していない。繰り返し政治に操られてきたそれぞれの国民たちの感情をそれぞれの役のなかでここぞとばかりに議論をするインタビューのリアルさに様々な視点からの問題がよくわかった。
    そして、この作品がとてもスリリングだったのは数々の仕掛け。VIPがチェックインして終わるまでの82分過去の事件に絡ませ同じ時間で進んでいく。スクリーンの中で秒を刻むカメラの時刻が緊張感を上げ、独特の作りのホテルの中で起こる個々のドラマをカメラが追いかけて映すようなその揺れがドキドキ感を上げた。
    武力だけでは争いは収まらないこと、今もなお政治に操られていること、この旧ユーゴスラビアのなかでの国境・政治・宗教への複雑でやりきれぬ思い。これらをノンフィクションとして事実を絡ませて映画にしたことがとにかく凄かった。見終わってからの満足度は高かった。
    >|