サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

mochiz

mochizの感想・評価

2.5
サラエボ事件なことを全く知らずに見てしまったので、序盤ついていけなかった。
知識があったらすごく面白いと思う。

これからサラエボ事件を調べます。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
第1次大戦を引き起こしたサラエヴォ事件の100周年記念式典を前に様々に交錯する民族の感情を描いたドラマ。ロケに使われたサラエヴォの旧ホリデイイン、そして100年前の事件の現場など実際に現地を訪れていたので、個人的にはドラマに入り込む前にまず「懐かしい」という想いが出てきてしまったが(笑)。100年経っても変わっていない民族の図式、そして100年経っても結局同じ姓を持つ者が...という運命の皮肉は十分に理解できた反面、本筋と関係ないように思える逸話も多数入って来て全体が薄まった感はある。私個人はかなり勉強したほうなので大丈夫だったが、劇中頻繁に登場する地名などが何を表すか知っていないと理解も進まない気がする。
sakachan

sakachanの感想・評価

3.3
社会派ドラマ。サラエヴォ事件や、バルカン半島の民族問題に対する前知識がないと、なかなか難しいと思います。
私は鑑賞中にスマホで調べてました(^^;

ざっくり重要な民族と信仰する宗教を挙げるとしたら

セルビア人=東方正教会信者
ボシュニャク人=イスラム教徒
クロアチア人=カトリック教徒

のようですが、もう何が何だか分からなくなっています。誰が良くて誰が悪いという風にはとてもできない様相です。
なかなかバルカン半島の歴史や問題について知る機会がなかったので、興味深く鑑賞できました。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

1.4
クリスマスに観る映画ではなかった。。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
リアルな「歴史で習う数行には、多くの血と涙が流れていた。」を想像させられた。
客観的にもほどがあるほど淡々と事象を描いているので、ついいろいろ考える。そういう作風。
HAL

HALの感想・評価

-
難しくてあまり記憶にない。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.1
ボスニア・ヘルツェゴビナとか、ナチスとか、民族や人種、国家など、、いまだに根深い何かがそれぞれの中にあり、解決してるようでしてない。
うわべでは理解し合い、同じ国や地域で暮らしているけど、やはりどこかでお互いを過去の目で見ているのだなぁ。。
papico

papicoの感想・評価

-
事前に、ボスニア・ヘルツェゴビナをはじめとした欧州やサラエヴォ事件、第一次大戦時の背景の知識がないと意図を楽しめない内容

不勉強のためスコアつけられません。
2017/04/22 シネマカリテ Sc.2
現代ヨーロッパの問題をサラエヴォ事件に写し風刺していて面白い。

世界史の知識を持っていればちゃんと楽しめただろうな…(^^;)
キイロ

キイロの感想・評価

3.2
前半は思想の話が多く家事しながらのながら見になってしまったけれど、ラストに向かっての物語の転がりは釘付けに。
"大人の味わいシネマ"の謳い文句に、なるほどと。