サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

2.7
【サラエヴォ事件から100年】62点
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
監督:ダニス・タノヴィッチ
製作国:フランス/ボスニア・ヘルツェゴビナ
ジャンル:ドラマ
収録時間:85分
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これはややタイトル詐欺。東欧の歴史を、それもある程度知っておかないと今作の良さはわからないでしょう。僕も多少なりとも知っているつもりでしたから見ようと思ったのですが、まだ足りなかった模様。そして仮に熟知していたとしても、今作は微妙だったかなあと言わざるを得ません。なにしろクライマックスまでほとんど動きがありません。ホテルヨーロッパで銃撃戦でも繰り広げられるのかと思いきやほとんどそんなものはない。題材が良いだけに勿体無い作品だと感じました。

第一次世界大戦の引き金となったサラエヴォ事件からちょうど100年がたった2014年6月28日、サラエヴォにあるホテルヨーロッパはその記念式典を行うため準備に追われていた。そこにはジャーナリストや、100年前に引き金をひいた青年、ガヴリロ・プリンツィプと同じ名前の者が集まるのだが。。

オーストリア皇太子夫妻を銃で暗殺したプリンツィプは、当時暗殺に失敗していました。しかし、爆破事件で重症になった市民を見舞うため、皇太子夫妻を載せた車は誤って中央通りに出てしまい、その付近のカフェで諦めて食事をしていたプリンツィプが偶然彼らを見つけて発砲したのです。プリンツィプはその後青酸カリを飲み自殺しようとしますが失敗。死刑に処されるレベルの犯罪ですが、当時彼はギリギリ20歳未満であったため懲役20年の刑になります。以後は第一次世界大戦中に獄死してしまいますが、民族主義者によっては彼を英雄とみなす場合も多いようです。

このあたりの予備知識は最低限あった方が良いと思いますが、これに加えてヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島の情勢も理解しておかないと、今作の完全な理解は厳しいかと思います。しかも日本人の立場からすると民族の衝突というものはイメージがしにくいのです。バルカン半島には歴史的に様々な民族が混在しており、現代に至っても紛争が絶えません。そのあたりの人々の思惑を読み解いていかないと今作は厳しいかと思います。

硬派な映画です。もう少しこのあたりの歴史を知ってからまた見てみようと思いました。
manunited1

manunited1の感想・評価

4.0
東欧の歴史背景を知らなければ理解はかなり難しい。

1つのホテルを舞台に、ボスニアや国際社会が抱える問題をあぶり出している。民族の問題などね。

サラエヴォの銃声、100年前と現代において持つ意味は?
なぜ、青年は撃たれたのか?

かつての加害者が、歴史を巡って被害者になるのか?それとも、偶発的な銃声で世界が混乱に陥ることを描いたのか?

北朝鮮のミサイルが日本に飛んできたら?
それによる国際社会の混乱は?

表面的には平和でも、実は民族や宗教の憎悪が隠れておりちょっとしたきっかけで表面化して悲劇になる。
この世界に当てはまることだよね。

国同士の争いの無意味さを訴える監督による名作。しかし、難しい!

最後のガランとしたホテルは、争いの果てに誰もいなくなる世界を表しているようで怖いね。
り

りの感想・評価

-
ちょっと難しい
こば

こばの感想・評価

2.0
この辺のの歴史について全く知らなから、よく理解できなかった。本当は評価できないんだけど…ストーリーがあって、なにか起こるんじゃないかと期待して最後まで見たけど、何もなかった。。
タノヴィッチ監督なので問題提起されているとは思うが、監督の意図するところが見えてこなかった。
少し期待し過ぎたので、何かあるんじゃ?という気持ちが最後まで続いたが、静かに終わり過ぎて消化不良気味。
後はお願い的に放り投げて終わるところから察するに観る側がラストまでに色々思いをまとめておかないとえっー?で終わったように感じるのかも。

後、民族紛争の歴史をちゃんと勉強してから観た方が理解度は上がると思われる。
なので、いつか、再見したい。
あまりこのあたりの歴史に詳しくないのでよくわからなかったのですが、サラエヴォ事件から100年経った記念式典が行われるホテルでいろんな出来事が交差する。いわゆるグランドホテル方式ともいえる。
ダニス・ダノヴィッチ監督なのでいつも問題提起はする作品なのですが、途中まで理解出来なかったけどラストはなるほどと唸る。
なんとも救われないが、これが現実なんだろう。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.0
サラエヴォ事件から100年の記念式典が開催されるホテルが舞台。民族間の拗れや財政難など 容易く解決できない問題をその日のホテルで起こるいくつかの事件として表現されている。そのどれもが 如何ともしがたく 救いようがなく。映画の中で 未来が見えないという台詞があり。未来は見えないから楽しみという考えは 余裕がある場合での事だと恥ずかしくなった。
sugar708

sugar708の感想・評価

3.8
サラエヴォ事件から100年ー。
サラエヴォ、世界は変わったのか。
それは良い方に、悪い方に。

それとも世界は100年経っても何も変わってないのか。
人間が変わらない限りは。

色々と考えさせられる映画だと思いました。ホテル内を移動するバックショットを多用するカメラワークも含め、非常に興味深い作品でした。
まぁ郎

まぁ郎の感想・評価

3.5
ドキュメンタリー風だがドキュメンタリーではない

近代ヨーロッパの中でもまだまだ貧困に苦しむサラエヴォ
なかなか知ることができない国であり街だからこそ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエヴォへの興味は失せない

サラエヴォ事件については全く知らないが根の深さや闇の深さを感じた
結末が意味するもの...希望の光では無さそう
寧ろ、悪化の一途を辿ることになりそうだ
とりあえず記録。
その構成やアプローチ、人物の役割や配置も描き方も素晴らしいのだけど、
歴史的社会的背景をもっと知ってからに感想にしたい。