サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

3

3の感想・評価

3.6
正直この映画での予備知識なんてものは、ネットで二分三分読めばある程度なんとかなるものか、当該地域の文化に通暁してない限り見落としがちなものかのニ択だと思うので、これをいかに「わたしたち」の話として引き寄せられるかが何を言っているのか分かる分からないの分かれ目だと思う。

セルビアの青年とボシュニャクのアナウンサー?の口論は結局のところネットで繰り広げられている「朝鮮」に関するどうしようもないやり取りと地続きで、お互い相手を非難する情報や自己弁護の筋道だけはしっかりしているが、その根拠の妥当性の吟味や相手の意見を受け入れた上で自身の正当性を主張する柔軟な姿勢にはてんで興味がない。
朝鮮半島もバルカン半島も、ファシズムと共産主義、資本主義と共産主義の巨大勢力の生け贄として振り回されて今に至るとも言えるが、黒幕を糾弾するのではなく隣に石を投げつけることで問題を解決しようとしているところが最後まで救いようもなく尾を引いている。

ホテルのストに関する団結の悪さやまともに鑑みられないフランス人、その結末はある種の暗喩かもしれない。

前半の意図を理解しかねるシーンの変更の早さやいまいち出演理由の分からない登場人物、クライマックスのキレの悪さで点は低いが、扱うテーマそのものは非常にあの地域らしいものとなっていた。
obao

obaoの感想・評価

3.5
@京都シネマ
えっと…第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件。そして、1992年から1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナの紛争。
映画というものは、本当に勉強になるので、若いうちに観られるだけ観た方がいいということ(わからなくても、それをきっかけで勉強すればいい)と、この歳になってそのことを知らないとついて行けないものなのだという…自分の無知もあからさまになるのでした。サラエヴォ事件ならわかると予習して行かなかった私のせいです…はい。

サラエヴォ事件があった場所から近くの“ホテル・ヨーロッパ”。屋上では100年前を総括するようなインタビューが行われている一方、ホテル内部では賃金未払いでストライキを決行しようと内紛が。ピストルが不穏な空気を醸し出し、その銃弾は今度は誰に向かって飛ぶのかという緊張感を漂わせる。

それらの出来事は人々の立場によって、違った傷跡となって残り、人と対した時に新たな禍根を生む。
当然、すっきりと解決できる物語であるわけもなくて。
よく出来ていて面白かったけど、やっぱり私の無知から意識がちょっと…ほんのちょっとだけ飛びました。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

2.8
ソレイユ2にて鑑賞
記録
見るには歴史を知らなさすぎた。事件があったことだけでは理解は無理
ジャーナリストとの迫力ある長回しのシーン 意味がわからないのが残念。香川では1週間限定なので再度劇場での鑑賞が難しく残念。
それぞれの台詞に今の社会情勢が反映されていてなるほどと驚きました。

最近の日本では作れない作品かな。
JinRock

JinRockの感想・評価

2.5
2017年45本目
8さん

8さんの感想・評価

3.6

サラエヴォ事件から100年が経った記念日に、ホテル内で渦巻く人間模様を描いた群像ドラマ作品。

ホテル・ヨーロッパは、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行う為の準備に追われていた。ホテルに集うさまざまな人達、仕事熱心な美しい受付主任、屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト、100年前の暗殺者と同じ名を持つ謎の男、演説の練習をするVIP、ストライキを企てる従業員達とそれを阻止しようとする支配人。人びとの思惑が複雑に絡み合い、運命の歯車は次第に狂い出す…


『その引き金を引いた者は、英雄なのか、テロリストなのか。』


観賞前に少々学んだサラエヴォ事件。どんなに時間が経とうが、人々の胸に今も尚色濃く残る感情。伝統のあるホテルには、記念日の準備や関係者の利用でいつもとは違う騒がしさがあった。ホテルの限られた空間には、視線の先に捉えるものが全く異なった人間(人種)がいて、居心地の悪さと息苦しさを感じられる。通常では表に見え難い、内に秘めたる想いが溢れ出し他人の人生までをも飲み込んでしまう言動と1発の銃弾。放たれた想いによってどう変化していくのか?語られる事のないその先が気になる作品でした。
skipRA

skipRAの感想・評価

-
ドキュメンタリー的な世界史をバックにも密閉された中に世界が投影されるという二重構造が巧み。ドラマは間違いなくリアリティでありフィクションであるという。多分とつけざるを得ないのは身体を捻らなければ字幕が見えない席に座ってしまい諦めてウトウトしてたため。ジーザス。
ap

apの感想・評価

3.9
2017シアターセントラルbe館
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.3
第一次世界大戦の引き金。というより、90年代の内戦の事を考えさせられる。まだまだ勉強が足りない。