サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

サラエボ事件やボスニア戦争の事実は知っていても、その背景にある大セルビア主義みたいな主張はなかなか理解できなかったけど、この映画は理解に近付くきっかけになったと思う。

この映画が巧みに構成されているなと思ったのは、サラエボを取り巻く情勢がホテルで繰り広げられる群像劇に暗示されている点。群像劇で起こる悲劇について、それがサラエボでの出来事を象徴しているんだと気付けた時、サラエボのことを少しは理解できたように思えたし、状況を正しく理解せずに関与することの恐ろしさも同時に感じられた。また見返したい映画です。
何も知らなかったからこそ観てよかった
Tristan

Tristanの感想・評価

-
自分の理解力の乏しさよ…
『汚れたミルク』と連続公開が嬉しい。サラエヴォ事件から100年の式典があるホテルに集まる人々、従業員を描く群像劇。ボスニア側からの視点でヨーロッパの100年の歴史を俯瞰しつつドラマはサスペンスフルにガンガン進む。女性達の存在感の強さが印象的。
ジャック&ベティ
byrd

byrdの感想・評価

-
@シネマテークたかさき
chizuru

chizuruの感想・評価

-
知識が足りなくて会話についていけない部分はあったけれど、スピード感と緊張感があり、ストーリーも見応えがあって面白かった。世界史懐かしかった。
歴史的知識は皆無
けどややJエドガーにも似た構成が痛快だった
ぜひもう一回見たい
那須

那須の感想・評価

3.5
あの辺てなんとなくソ連…と近いんでしょ……?みたいなフワッとした認識だったので、そうかEUか。ヨーロッパか。みたいな。

なんにせよ、巡り合わせの悪さなあ。
だめだ。歴史的&時事的知識が乏しすぎて、真食ったところがきちんと理解しきれない。平和ボケ。
mpc

mpcの感想・評価

3.8
第一次大戦勃発からの100年式典が行われるサラエボの高級ホテルでの一日の群像劇

未だに紛争が続くボスニア ヘルツェゴビナ。90年代アナウンサーがこの国名か長くて良く噛んでたっけ。

民族同士の衝突、ホテル経営者と従業員の衝突の群像劇がフランス人の式典演説練習とともに進んでいく

高級ホテルとはいえ従業員2ヶ月タダ働きで資金繰りはボロボロ、水道は止められエレベーターも故障、、こんなカオスな東欧の世界を観て何故か 大好きなおばかなハリウッド映画「ユーロトリップ」を思い出してしまった、、すんません!

細かい紛争歴史を知らずとも緊迫感ある脚本が最後まで飽きさせなかった