サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
第一次世界大戦のきっかけになった事件から100年、火薬庫と呼ばれたバルカン半島のユーゴスラビアは七つの国境、六つの共和国、五つの民族、三つの宗教、二つの文字、一つの国家で解体紛争後ようやく観光にまで行ける様になったけど未だに民族紛争の傷跡は大きくまた根深い。
一次大戦のサラエボ事件ねとかピクシー母国(当時はユーゴ)を憂いていたなあくらいの認識しかなかったです、が、この映画をきっかけに多少勉強してみました汗。価値ある作品だと思います。
レビュワー達が皆「分からん、難しい」って言うから90分の作品に対して1時間ほど予習した。それでも結局分かりませんでした。

屋上での議論より、ホテル内のドラマの方が難しい、かも。現地の歴史・情勢の反映なんだろうけど、そこらの寓話性・風刺性を読み取るにはそもそもドラマとして弱い気がする。「ヤクザがあんな堂々と出歩いてるのに警察も頼れないとかマジきついよなー」くらいの感想しかない。

屋上でのくだりも難しいのだが、多民族・他宗教で大変なんだろうなーくらいの気持ちで眺めていればそれなりについていける…とか言ったら怒られるのかな。議論でヒートアップする男女コンビにいい感じの雰囲気が出てきて「もうあの二人だけで良いんじゃないかな」って感じだった。

元になった戯曲は「ホテル内で演説の練習をするフランス人」のお話らしくて、それは本作にも登場する。ユーゴ出身のタノヴィッチ監督は「現地における欧米人の滑稽さ」のみに注目する気はなくてこの形にしたのだろう。
第一次世界大戦が始まって100年。サラエヴォは平和ではない。解決してない問題がたくさんある。監督は世界の人に知って欲しかったのでは。
なんとなく戦争責任でもめる日本と韓国を思い出した。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.3
サラエヴォ事件やサラエヴォの歴史についてもう少し知っていれば、もっと面白かったんじゃないかなと思う。
こういう進み方をするのね。
ノーマンズランドの監督とあって、言いたい事は一緒なのはとてもよくわかった。
この作品は恐らく内容の理解度によって評価が全く異なると思います。自分は全く理解出来ていませんが、それでも普通以上に良い映画なのは伝わりました。暫定でのスコアです。

『ノーマンズ・ランド』で一躍脚光を浴びたダニス監督ですが、個人的には(確かに面白かった)ノーマンズ・ランド本編よりも、DVDの特典として収録されていた日本公開時の監督の質疑応答シーンが強く印象に残っています。壇上で脚を組みイライラを隠さない表情。あくまで主観ですが、当日たまたま不機嫌だったというよりも、日本なんかにいるのが嫌で仕方ないという風に感じられました。それからなんとなく苦手意識を抱いてしまって、以降観たり観なかったり…。

今作のあらすじの欄を見て「面白そう」と思える人が心底羨ましいです。タイトルからもとても政治色の強そうな作品である事が窺われ、鑑賞前にサラエヴォの状況を(本当に軽く)予習しておいたのですが、残念ながら付け焼き刃では全く理解出来ませんでした。ストーリー自体は所謂グランドホテル方式の群像劇で、然程分かりにくくはありません。表面を追うだけでも充分楽しめると思います。問題は作中で登場人物達が繰り広げる政治的な討論のシーン。異常な熱量で描かれるこの討論の内容が今作の核心であるのは間違いなくのですが、固有名詞の飛び交う会話の内容は、自分の理解度では全く頭に入ってきません…。おそらく“ホテル・ヨーロッパ”内で起こっている事や登場人物の役回りは、そのままサラエヴォの内情を擬えているのだと思います。だけど、自分の社会科音痴の所為で肝心な事は何も理解出来ない。思えば、『デビルズ・バックボーン』を只のエンターテイメント作品だと思って観ていた時から何にも進歩してないんだな。ダニス監督、こんなのに観て欲しくないよね。
映画自体は過去作より格段に見た目が良くなっています。頻出する長回しのシーンはタイミングも構図も本当によく練られていて、且つこれ見よがしでは無く臨場感に溢れています。とてつもない長台詞ばかりで役者達の負担も相当なものだったでしょう。これらは偏に、作品自体をより良い物にしよう、広く届けようという情熱に依るものに違いないのに、碌に理解出来ない自分の不甲斐無さ。自分の未熟さを思い知らせてくれる様な鑑賞体験は本当に有難いです。監督の次回作までには、もう少しマシな観客になっていたいですね…。猛省。
菱沼

菱沼の感想・評価

-
歴史不勉強で理解出来てない部分が多いため、今回スコアなし。
 上映時間は短いが、詰め込まれているものはかなり多様だった。
 冒頭から、ジャーナリストがインタビューする相手の発言内容はいろんな見方を示しているし、それに対する彼女の反論など、その名も「ホテル・ヨーロッパ」で起こる事件の内容まで、たくさんのことが絡んでいく。
 その多様さが、その複雑さが、ユーゴスラビアの歴史を語っており、民族紛争を経た、現在のボスニア・ヘルツェゴビナの成り立ちを示している。
 第一次大戦のきっかけとなったサラエボ皇太子暗殺事件の犯人は、テロリストなのか英雄なのかや、サラエボのボスニア統合は暴君のしわざなのかなどだ。
 ひたすら早足でホテル内を、垂直方向にまで移動しまくる主役のホテル従業員は、翻弄される国民なのか。
 題名にある「銃声」は誰に向けられていたのか。
 特に終盤のインタビュアーが見せる、民族浄化に対する激昂は、スリリングでもあり難解でもある。
 でも、その複雑さが、わかりにくさが面白かった。
サラエヴォの「ホテル・ヨーロッパ」は、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行うための準備に追われていた。
様々な登場人物が交差する、社会派ドラマ。

終始ハイヒールの音が印象強い。
ホテルの中は薄暗かったり、空気の音が聞こえてきたり、雰囲気的にはかなり好きです。
内容としては楽しくなるようなテイストではないにしても、不思議と退屈しなかった。
展開がどうなるのかよりも、この作品が何を伝えたいのかが気になった。
サラエヴォ事件を詳しく熟知しているのなら全てを理解できるのだろうか。

ジャーナリストの畳み掛けるような会話に引き込まれる。
難しい話だけれど、悲しい過去に向き合うことのできる作品だと思えます。
りょ、

りょ、の感想・評価

3.0
背景知らないと難しい