サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

ダニス・タノヴィッチ監督は『汚れたミルク』で粉ミルクにまつわる汚職を描き、なかなかグレーな描き方をする監督だなと思ってました。

今作もサラエヴォのホテルを舞台にジャーナリスト、大統領の側近、ストを企てるホテル従業員の1日を淡々と描かれていく。
誰も悪くないし、みんな悪い気もする。。

ただサラエヴォの歴史の背景に詳しくないので、
なんか話についていけなかった。
もう少し勉強してから観た方が良かったかも…。
もとみ

もとみの感想・評価

2.5
事前勉強が必要なタイプの映画。カメラが動き続けるので酔いそうになる。
Yuko

Yukoの感想・評価

3.5
監督に惹かれて鑑賞したが、前2作と比べてテーマが拡散していたような。コソボ紛争のことをちゃんと理解していないからそう思ったのかもしれない。
Kei

Keiの感想・評価

3.2
欧州の歴史のゴタゴタと欧州の今のゴタゴタが1つのホテル3つのストーリーでうまく伝わる構成が素晴らしい。
あっこ

あっこの感想・評価

2.7
2018.3.17
WOWOW
知識不足でついてけない
元々この原案はサラエヴォの国立劇場でプレミア上映された『ホテル・ヨーロッパ』という戯曲ということで、それも見てみたくなった。そちらはサラエヴォのホテルの一室での男のモノローグらしい。そこからどう映画化するにあたって監督が物語を広げていったのか興味深い。

テレビ番組の女キャスターと、それに応じる暗殺者と同じ名前を持つ男。この二人のセリフの量とテンポのよい掛け合いに圧倒。役者さん、このシーン大変だっただろうな。

あと、主人公ラミヤに付きまとっていた男がなかなか最低な弱虫野郎で軽くあしらって大正解(苦笑)

個人的には歴史的背景を知っていたら、本作にたいしてもっと感情介入できただろうな、と思った。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
民族の問題とか根が深過ぎて未だに心の奥では憎みあってる。2つのシーンがどう絡んで行くのかと思ったら。
サラエボ事件に重ねて現代ヨーロッパの社会問題を痛烈に風刺した超良作。ほぼ知識なしで観たけど、おそらく民族紛争は何も解決していないのだろう。と思った。