さわら

わたしたちのさわらのレビュー・感想・評価

わたしたち(2016年製作の映画)
4.0
内容はこちらがわを深く刻んでくるような重いものだが、鑑賞後はだいぶスッキリ感じるのは子どもたちの名演もさることながら、脚本の妙かなと思った。ドッジボール・マニキュア・ブレスレッド、どの伏線もしっかり回収してくれるのでストレスフリー。またソンを救うのが、“アイツ”の言葉というのが面白かった。
とはいえ滑らかな球体のようなこの映画は巨匠の晩年の作品のようで、デビュー作というのはあまりに物足りない気もする。

教育現場で働く者として、「小学生特有の〜」「女の子によくある〜」という他人事にはしたくない映画だ。明日の僕がその被害者かもしれぬし、加害者かもしれぬ(昨日の自分は大丈夫か)。大切な映画体験になることは間違いない。