サラリーマン岡崎

わたしたちのサラリーマン岡崎のレビュー・感想・評価

わたしたち(2016年製作の映画)
4.3
いじめられっ子の小学生と転校生のいざこざ。
どこにでもありそうなことを物理的にも精神的にも小学生の彼女たちの目線で語る。

自分もイジメはなかったけど、
小学生の頃は学級崩壊をしていたので、
少しその頃のことを思い出した。

ほんの少しの一言だったり、
ちょっとした期待値のズレで、
あの頃の自分たちは感傷を起こし、
友達と喧嘩したり、大人に当たったりしていた。
この映画でも親とうまくいっていない転校生の少女が、親と仲良くする主人公を見て、嫉妬するところから関係が悪化する。
本当にそんな少しのことだ。

しかし、そういうことはあまり大人たちには見えていない。
「なんであの子はあんなに暴れるの?」
大人たちはよくそう言ってた。
暴れるアイツを自分もそんなに好きではなかったけど、彼が暴れる理由も同じ時間を一緒に過ごしてたからこそ知ってる。
だから、子供たちでなんとか解決しなければいけない。

それを、自分はできなかったが、
この主人公の様にちょっとの勇気を持てればと思う。
少しの後悔。ても、大きなの希望。