misumi

わたしたちのmisumiのレビュー・感想・評価

わたしたち(2016年製作の映画)
3.6
些細なことがきっかけで仲違いしてしまったり、仲良くなったり、子供って難しい。細かい脚本を決めずに子供たちの演技だけで表現されたシーンが痛いくらい現実の姿のようだったのが印象的。今は「ワンタ」というらしいが、韓国でも昔は「イジメ」という言葉が使われていたらしい。アジアのイジメは陰湿。子供の成長と心情の変化を感じ取られる良い作品でした。ドッチボールのシーンが好き。