わたしたちの作品情報・感想・評価 - 16ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.2
ドッジボール&とりけん(リーダーがじゃんけんして早い者順でメンバー決めるやつ)は、運動弱者の半泣き顔しか生まないから全世界からなくなれ🐖
「わたしたち」でいないといけないあの頃のお話。いじめをテーマにした映画はこれまでも沢山あったと思うが、これ程、真実味を感じられたものは他にあっただろうか。小学生位の子どもって、自分も曾てそうだった様に本当に残酷だし、女の子って、そうそうこんな風に意地悪だった!生活環境が違っても、人と比べて目立っただけでも仲間外れにされる。誰もが通って来た道だからよく分かる。ただ、いじめ独特の陰湿な部分だけの映画ではない。寧ろ凛々しさまで感じてしまうのは主人公のソンがめそめそせず、常に正しい道を求めているから。
また、脚本ストーリーが良いからとはいえ、子ども達のリアルな感情が見えるのは、ユン・ガウン監督の演出が凄いのだと思う。因みに私はいじめが自分の事の様な気がして途中で泣いてしまった。この監督の次回作が待ち遠しい。
けろえ

けろえの感想・評価

4.3
子供ゆえの純粋な残酷さ。女の子と男の子とでは種類が違うんですよね、残酷さでも。
お母さん、いいお母さんだなあ。そして最後に交わす視線に希望をみた。
ソンの弟役が、至極自然体でセリフを言ってるのにはびっくり。まだあんなにちいさいのに。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.8
とにかく主人公ソンちゃんの微妙な表情や感情の揺れ具合がもの凄く良く撮らえられていたと思います。自分は男だし、イジメや仲間外れ等にあった事が無い小学生時代を過ごしているから、女の子独特の世界観にもの凄く陰湿なものを感じてしまったのも確か。作品内でも、極力男子生徒の登場を抑えているのもその気持ちを増幅させる。その中でもソンちゃんの弟が良い味出している。素直になればわかり合える。。。不思議で素敵な世界観を持った韓流作品でした。
ごてふ

ごてふの感想・評価

4.0
恵比寿ガーデンシネマにて。順次拡大予定らしいが、いまのところ全国唯一の上映館。キャパ93に対して単身女性中心に30名前後の入り。興行と作品の質が比例しない好例だろう。相変わらずいじめは社会問題として度々報道される。古今東西、集団や組織がある限り、原罪のようなものでなくならないだろう。10歳の少女たちにとって家族と学校が世界のほぼ全て。カメラは皮肉なまでに清澄なトーンで彼女たちの日常に寄りそう。児童劇団特有のこまっしゃくれた演技などしない子供たちの自然な芝居が断然良い。そこにいる誰かしらは嘗ての自分自身である。出会いや接近があって、親密になり秘密を共有し、反目や排除があり、傍観したり対決したり、そして人の痛みが判って少しづつ大人になる。まだ30半ばの繊細な女流監督は、声高に道徳的なメッセージなどを込めようとはしない。国境や年代を超えて共感できる作品だと思ふ。
hazel

hazelの感想・評価

4.2
いい、とてもいい
もしかしたら少女たちは、私たち大人より、ずっと脆くて、でもどこか強くて芯のある心を持ってるのかもしれない
相手がとても大切だから、失いたくないから、何度でも立ち上がろう
JBOY

JBOYの感想・評価

4.6
一瞬たりとも見逃せなかったし、目を逸らせなかった。
何のてらいもないからとてもシンプルに深く彼女たちの痛みが伝わりました。ラストも良い。
個人的に主人公のソンがうちの姉と容姿も性格も似ていたので見ていてとても胸が締め付けられズキズキしました(自分はあんな可愛い弟ではなかったけれども笑)

こういう映画こそ幅広く見られる環境になってほしいし、大切な人にお勧めしたい。
miho

mihoの感想・評価

3.5
じゃあいつ遊ぶの?
…弟の台詞とその時のソンの表情が心に残る。

学生時代の独特のスクールカースト。みんな自分の居場所を守るのに必死なだけ。ただそれだけなのに、輪からはみ出さないように、除け者にされないように、必死だったあの頃。自分でない誰かが標的の間は、自分は傷つかずに済む。そのために誰かを傷つけたり、傷ついているのを横目で見過ごしていた。
あの頃の切ない記憶がふと蘇ってきた。

これって女の子特有なのかな?


いい映画だったなー。
RikaAbe

RikaAbeの感想・評価

4.0
何だろう、、この感覚。終わった後にほんの少し涙が絞り出される感じ、最後の最後で。文句なしにいい映画だ。着眼点、描写力、構成力、どれも完璧にまとまっていて、それに加えて登場人物の演技力の高さ。べた褒めしてるようだけど、そう、本当にグッとクる映画何だ。その余韻は複雑で、悲しいわけでも感動でもない、怒りでもなければ楽しさでもない。心の奥底の繊細なところを羽毛でくすぐられたような、そんな感じとでも言えばいいのだろうか。。

幼い少女達の友情、ささいなことで意気投合し、そしてささいなことですれ違ってしまう。それでも彼女たちにとってはそれが世界の全て。今日できた友情、明日には無くなってしまう友情。今日はいじめられても明日はいじめられる側に回ることもある。大人の事情に振り回れながら、親が離婚しておばあちゃんに預けられても、アルコール依存の父がいても、それでもその小さな心は力強くて、、そして眩しい。そして、そんな彼女たちの表情に心が締め付けられる。一生懸命で、不条理で、それでも希望を持って。。

決して壮大なテーマではないのに、誰もの心に響く映画だと思う。それは、監督の思慮深さであって、彼女たちのまっすぐなピュアさであって、いろんなことがかけ合わさっているのだ。きっと。
いい映画に出会えると本当に嬉しいものだと。
小学生女子の純真さと繊細さと残酷さがきらきらした作品。だがしかし。おともだちとうまくやれていない気持ちをずーっと抱えたまま大人になったわたしにはただひたすら心が痛かった。めんぶん。

ソンもジアも苦しいけれど、ボラちゃんの心の闇も深くて、全方位的に苦しい。
あのラストシーンを仲直りだと感じられるひとはきっとお友だちと一緒に仲良く学校生活を送ったんだろうなあ。

これほどまでにリアルな人物描写を子役にさせた監督の力量もすごい。