わたしたちの作品情報・感想・評価 - 16ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

子どもたちの世界は平和で純粋で、キラキラしたことばかりではない。子どもだからこその残酷さ、痛み、やっかみ、不安が沢山ある。
思い返すのが痛くて、胸の奥深くにしまいこんで、もう2度と開きたくないような、そんな子どもの頃の記憶と向かい合わせてくれる。

主人公のソンちゃんを襲う友達が離れていく恐さ、ジアちゃんの誰かを傷付けることでしか自分を守れない幼さ、ボラちゃんの他人と違うことを受け入れられず、疎ましさを覚えてしまうところ…どれも身に覚えがある感覚ばかり。

友情の印(夏休みにホウセンカの汁で赤く染めた爪)、お母さんの愛情(美味しそうなキムパ)、仲直りのヒント(弟のユンくんのアザ)、どれも痛々しい思いと同じくらい愛おしい思い出が詰まってる。

大袈裟でドラマチックな展開はなく、静かに淡々とリアルな子どもの世界(The world of us)を描いていて、だけど問題提起だけでなく、導くべき方向をきちんと示しているところが、この懐かしくて痛々しい気持ちを鎮めてくれる。

暴力的な友達に叩かれ、いつも顔や身体に沢山のアザを作り、絆創膏を貼られているユンくん。
『その子と遊ぶのやめれば? やられたら、やり返しなさいよ』と、お姉ちゃんに言われてもユンくんは言う、『だって、僕は遊びたいんだもん。叩かれて、叩いて、叩かれて、また叩いてたら、いつ遊ぶの?』
このピュア過ぎる言葉に涙が止まらなかった。
TAMU

TAMUの感想・評価

4.3
『私たち』東京フィルメックスで観て参りました。

ユン・ガウン監督が自ら監督になったら撮らなければいけないと考えていたという、「子供たちにある、子供たちが解決しなければいけない問題」を瑞々しく描いています。

主人公は小学4年生の女の子ソン。ソンはドッジボールの班分けで、1人最後に残ってしまう控え目な目立たない子。クラスでは、イジメの手前、仲間はずれ。そんなソンが夏休みを迎える最後の日に2学期から転入してくるジアと出会います。

ジアにとっては新しい町で最初の友だちソン。ソンにとっては唯一の友だちジア。2人はあっという間に仲良しになるのですが、ジアは塾に通い始め、ジアの世界も広がっていきます。

この映画、最近の子供たちは人間関係に疲れそうね、といった所に帰着しないんです。割と普遍的な、自分の友だちが他の友だちに取られそうになる問題や、二人の秘密の逆流問題を通じて、自分の過去に遡って心が痛くなる不器用の不憫さを突きつけてきます。

監督とのQAにて、どなたかが感想として述べられていましたが、トップスターありきの商業映画全盛の韓国映画界において、メインストリームから外れたテーマでもしっかりしたものを作る新人監督が出てくる。韓国映画界、侮れません(やや何様コメントw

この映画日本配給が決まったそうです。
誰かに語りたくなる最後のシーン超良かった!おすすめ〜♪

追伸♪ ユンガウン監督、先ほど37回青龍映画賞、新人監督賞受賞されました〜。おめでとうございます〜🎉
andorinha

andorinhaの感想・評価

5.0
花のマニキュア、色鉛筆、手づくりのミサンガ。子どものときの記憶が蘇る。

いまも昔も変わりなく、女の子の世界は狭く、どこか野生的。「誰が一番強いか」嗅覚を働かせ、強い子におもねる。グループの一員になれない時は、また別のグループを探す。そうしないと弱い子は強い子に孤立させられ、組み敷かれ、爪を立てられてしまう。
でもグループの一員になってもそこは安住の地じゃない。突然蹴落とされることもあるから油断大敵。
あぁ、そうだった。この感じ、思い出した。

でもそれだけで話は終わらない。監督は見事なラストを用意していた。

とにかく子どもたちが素晴らしい。
監督の演出が飛び抜けてるのか、子どもたちの演技力が驚異的なのか。いや多分、その両方。
これが監督デビュー作とは恐れ入った。ユン・ガウン、覚えておこう。
てふ

てふの感想・評価

4.0
東京フィルメックス コンペティション

小学4年生の女の子たちの世界をよく描けていると思う。
良かった。
いじめられっ子と転校生のお話。

痛いほどよく分かる。
小学生の時って皆んな素直で、正しいことと悪いことに対して敏感、些細なことが強くなって大きくなってあなた嫌だ。サヨウナラ。そんなことの繰り返しに揉まれた小学生時代を思い出しました。ラストシーン最高なテンポ。

このレビューはネタバレを含みます

『私たち』鑑賞。原題の"The World of Us"が、まさに全てを物語っている。"Us"は恐らくいじめっ子グループのボナたちも含めた「私たち」だろう。学校における少女たちの世界は、大人が考えているよりずっと複雑だ。正論の通用しないスクールカーストを赤裸々に描きつつ、誰もが嘗ては目にしたであろう典型的な「いじめ」が画面いっぱいに繰り広げられる。夏休みの間、いじめられっ子のソナと友情を築いた転校生のジアが、夏休み明けにいじめる側に回っていたときの砂を噛むような苦い気持ちは、小学校におけるリアルな雰囲気が描写されているように感じた。
しかし、ジアも前の学校で虐められていたのだ。嘗てのいじめられっ子は、新天地でのいじめられっ子にどう接するのか、というのも本作の見どころのひとつであろう。ソナもジアも、スクールカーストの上位に君臨するボナのグループに目をつけられる。ソナもジアも、自分がいじめられることを恐れ、スクールカーストの上位に加わろうと、互いの情報をボナたちに流してしまう。それがきっかけで、ふたりの間にある溝が更に深まっていく。
主人公ソナの心情描写は爪の色に現れる。夏休みにジアと塗ったホウセンカの赤色と、通い始めた塾でボナに貰った市販の水色のマニキュア。自身に代わり虐めの対象になったジアに手を差し伸べるのか、それともボナたちについてスクールカーストの上位にしがみつくのか、揺れるソナの爪は気づけば赤色と水色がまだらになっていた。最終的に、爪に微かに残っていた赤色を見て、ソナはジアを庇うという選択肢に出る。わかりやすく、綺麗な終わり方。良作。
1970salsa

1970salsaの感想・評価

4.5
東京フィルメックスにて。
子供はこどもで人生山あり谷ありなんだぞっ、って話。
学校で仲間はずれにされているソン。同じクラスに目立つ感じの子・ジア(池田鉄洋さんとキム・ヨナさんを足して2で割った感じの顔⬅︎※カワイイです)が転校してくる。夏休み前半は仲良くしてたのにだんだんと溝が…
(私は経験ないけど)こんなようなことがあったなー(あったかもなー)とオトナ女子が良くも悪くも懐かしむ?ことのできる作品。
韓国でも休み時間にドッヂボールして遊ぶの?とか、韓国の小学校では体育の後にシャワー浴びられるの?とか、くだらない疑問も浮かんだ。
何が凄いってソンとジアを演じてる2人の演技力。ジアちゃんは鳴り物入り?でやってきた頃と、後半部分の表情、佇まいの違いが素晴らしい。ついでに洋服の組み合わせも後半部分は何だかくすんでてgood(笑)ソンちゃんは最初から最後まで仲間はずれだけど、でも、小さな弟の何気ない一言から明らかに何かが変わったのが見えた。

観客賞&スペシャル・メンション W受賞。納得です。
同級生の女子2人。
置かれた環境の違いにとかく目が行きがちで、お互いをいぶかしがったり苛立ちを募らせたりしてしまう。売り言葉に買い言葉、暴力が連鎖する。それにストップをかけるのは、相手と仲良くなりたいという自分の気持ちに素直になることなんだ。

東京フィルメックスで鑑賞。
|<