わたしたちの作品情報・感想・評価 - 16ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

東京出張の最後は、恵比寿ガーデンシネマへ。さすが恵比寿。カフェのようなお洒落な映画館〜。えっと、仕事もしていますので、念のため(^^;;

またまた新たな韓国映画に打ちのめされた!

イ・チャンドン監督に見出された新鋭監督、、という信頼でのみ観た映画。いや〜期待以上に良かった。

冒頭、主役の10歳の少女ソンのクローズアップの中、ドッチボールの組み分けの声。彼女のちょっとした表情や仕草だけで、クラスでの彼女の立場が伝わりゾッとする。そこから、カメラは彼女の側から離れない。観ているこちらも気が気でないが、目が離せなくなる。上手い!

もっと過酷であったりドラマチックな展開の作品も目にするが、そういう安易さには流れない。友達関係に揺れる彼女を、しっかり見つめる。

10歳ぐらいの子にとって、友達関係は最重要事項。すべて、と言っても良いかもしれない。だけど、大人になると、重要だけどいくつかの事の一つ、ぐらいになり、子供の気持ちとギャップが生まれる? 子供にはそれが分かるから親や先生が聞いても決して話さない、、。

極端に言えば、そんなこんなな微妙なことを、彼女の表情や動きだけで感じとる映画。それだけ主役の子には相当プレッシャーかかると思うのだけど、見事に応えてる。「冬の小鳥」のキム・セロンを思い出した。弟役の子も、これまたいいです。

心の揺れは、ちょっとした一言や態度でも、大きく振れる。クラスでの仲間外れ。新しい友達ができたこと。その友達の一変した態度。弟に暴力をふるった子をソンが叩いたことに関する母親の一言。そして、小さな弟の、その友達に関する一言は、確実にソンを揺さぶる。

女性ならばもっとこの感じが分かるかもしれない。でも、男でも大人でも一緒かも?

大きな事件も起こらないし、人も死なないけれど、94分間いっときも目が離せない。これがデビュー作とは恐れ入りました!
IshiiYuzo

IshiiYuzoの感想・評価

3.1
主役の子が程よいブスちゃんで、リアルでした。
あの年頃って、女子の方が絶対に陰湿ですな。。。
Minita

Minitaの感想・評価

4.0
素晴らしかった。相手の言葉にはすぐに傷つくのに、相手に放つ言葉は容赦がない。その繰り返しで小さな心はすぐに悲しみでいっぱいになる。大人が届かない距離にある少女達の痛みはリアルで、自分にも確かに覚えがあるから固唾をのんで見てしまう。

綺麗な青いマニキュアと、それが剥がれた後に残る鳳仙花の淡い赤の対比がすごくいい。そしてなんとも愛らしい弟君の言葉。
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
ドッジボールに投影されるスクールカースト、もののやりとりとその行方(ブレスレット、色鉛筆、ハンカチ、お弁当、マニキュア)に仮託される他人への感情。右の頬を殴られたときに左の頬を殴り返していてはいつまでも先には進めないということをイ・ソンは弟から学ぶのだけど、あのメッセージから彼女は同時に、大人はわたしたちを常に誤解してきたけれどわたしたちもまた違うレイヤーの人間を誤解しているのだ、ということをも諒解したのではないだろうかとわたしは想像するのである。
ゴウ

ゴウの感想・評価

3.5
【メモ】
マニュキアの色/オレンジ&青
バストショットの多さ、俯瞰ショットの少なさ
巻き寿司
小学生女子の心の揺らぎをあえて手のマニキュアで表現する感じ、好きっす…
叩かれて叩き返したらじゃあいつ遊ぶの?って弟ちゃんの台詞、すごい核心ついてくるじゃないか…(;_;)
123。悪い意味ではなく、古傷というか胸が痛む作品。面倒と感じてしまう自分はやさぐれたのだろうか。じわりじわりと後から効いてくる。弟!好きだ。
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】良く出来てる! 何より、オープニングから最後まで感情移入しすぎちゃって、疲れた…(・ω・`) ドキドキハラハラしすぎたよ
TOT

TOTの感想・評価

3.8
叩かれて叩き返して、じゃあ、いつ遊ぶの?
家族とは別に初めてできた大切な、あなたと私の“わたしたち”。
些細なことで行き違い、なんとなく和解して、また離れてを繰り返す、ぎこちない友達関係。
小さな世界で起きる、小さな胸の内のほとんどを占める日々の機微と諍いを丁寧に写した女子小学生あるある(中学はまた違う)がイタ切ない。
やった。やったわ。こういう玄関前でのよくわかんない押し問答。
仲良しグループが変わってる休み明けのあのビッミョ〜〜〜な空気。
そうして、好きや嫌いや、どうにもならないことへの対処を身につけていく少女時代。
狙いすました描写が是枝監督作品を思わせたり。
監督が、あの時何を見て感じて必死に生きていたか、残しておこうと思って撮っただろう少女時代の物語。
そういうの、すごくいいと思う。
小学生の少女達の間で行われる妬み·摩擦·イジメ·ケンカ等のやり取りを描いた作品。

子供達の芝居が自然なうえ、
その少女達のやり取りの展開が生々しい。

あと、主人公の弟がとてもカワイイ♪

2017年9月に映画館で鑑賞