わたしたちの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

JBOY

JBOYの感想・評価

4.6
一瞬たりとも見逃せなかったし、目を逸らせなかった。
何のてらいもないからとてもシンプルに深く彼女たちの痛みが伝わりました。ラストも良い。
個人的に主人公のソンがうちの姉と容姿も性格も似ていたので見ていてとても胸が締め付けられズキズキしました(自分はあんな可愛い弟ではなかったけれども笑)

こういう映画こそ幅広く見られる環境になってほしいし、大切な人にお勧めしたい。
miho

mihoの感想・評価

3.5
じゃあいつ遊ぶの?
…弟の台詞とその時のソンの表情が心に残る。

学生時代の独特のスクールカースト。みんな自分の居場所を守るのに必死なだけ。ただそれだけなのに、輪からはみ出さないように、除け者にされないように、必死だったあの頃。自分でない誰かが標的の間は、自分は傷つかずに済む。そのために誰かを傷つけたり、傷ついているのを横目で見過ごしていた。
あの頃の切ない記憶がふと蘇ってきた。

これって女の子特有なのかな?


いい映画だったなー。
RikaAbe

RikaAbeの感想・評価

4.0
何だろう、、この感覚。終わった後にほんの少し涙が絞り出される感じ、最後の最後で。文句なしにいい映画だ。着眼点、描写力、構成力、どれも完璧にまとまっていて、それに加えて登場人物の演技力の高さ。べた褒めしてるようだけど、そう、本当にグッとクる映画何だ。その余韻は複雑で、悲しいわけでも感動でもない、怒りでもなければ楽しさでもない。心の奥底の繊細なところを羽毛でくすぐられたような、そんな感じとでも言えばいいのだろうか。。

幼い少女達の友情、ささいなことで意気投合し、そしてささいなことですれ違ってしまう。それでも彼女たちにとってはそれが世界の全て。今日できた友情、明日には無くなってしまう友情。今日はいじめられても明日はいじめられる側に回ることもある。大人の事情に振り回れながら、親が離婚しておばあちゃんに預けられても、アルコール依存の父がいても、それでもその小さな心は力強くて、、そして眩しい。そして、そんな彼女たちの表情に心が締め付けられる。一生懸命で、不条理で、それでも希望を持って。。

決して壮大なテーマではないのに、誰もの心に響く映画だと思う。それは、監督の思慮深さであって、彼女たちのまっすぐなピュアさであって、いろんなことがかけ合わさっているのだ。きっと。
いい映画に出会えると本当に嬉しいものだと。
小学生女子の純真さと繊細さと残酷さがきらきらした作品。だがしかし。おともだちとうまくやれていない気持ちをずーっと抱えたまま大人になったわたしにはただひたすら心が痛かった。めんぶん。

ソンもジアも苦しいけれど、ボラちゃんの心の闇も深くて、全方位的に苦しい。
あのラストシーンを仲直りだと感じられるひとはきっとお友だちと一緒に仲良く学校生活を送ったんだろうなあ。

これほどまでにリアルな人物描写を子役にさせた監督の力量もすごい。
冒頭のシーン、主人公の表情の細やかさ複雑さで、今日の映画はアタリだなと確信、裏切られることもなく最後まで鑑賞。

ホウセンカのマニキュア。
その色味が変わり、やがて爪が伸びて爪の先1mmほどになった頃、少女はようやくの思いで一歩を踏み出す。

幼いやんちゃな弟がいいキャラしてんなーと思っていたが、話の核心を突く大事なセリフも言っていて、唸った。

かあちゃんもとうちゃんもすばらしい。かあちゃんの電話であやまるシーンは最高だった。

この歳頃特有のグロテスクさ満載で、「子供って残酷だな。早く大人になりたいな」と思っていた子供の頃を思い出した(子供のくせに笑)

海苔巻きを食べるときの、キュウリのコリコリ音。シーン…コリコリ…シーン…

気まずさを丁寧に描いてくれると信頼できます。

おでこに絆創膏が可愛かった。(絆創膏がたくさん出てくる映画です)
akko

akkoの感想・評価

4.0
鼻の奥がツンとして胸がグッと掴まれる。
スクリーンの中の女の子たちの背中をさすってあげたい衝動が止まない映画だった。
あんな時代が私にもあった。
東京出張の最後は、恵比寿ガーデンシネマへ。さすが恵比寿。カフェのようなお洒落な映画館〜。えっと、仕事もしていますので、念のため(^^;;

またまた新たな韓国映画に打ちのめされた!

イ・チャンドン監督に見出された新鋭監督、、という信頼でのみ観た映画。いや〜期待以上に良かった。

冒頭、主役の10歳の少女ソンのクローズアップの中、ドッチボールの組み分けの声。彼女のちょっとした表情や仕草だけで、クラスでの彼女の立場が伝わりゾッとする。そこから、カメラは彼女の側から離れない。観ているこちらも気が気でないが、目が離せなくなる。上手い!

もっと過酷であったりドラマチックな展開の作品も目にするが、そういう安易さには流れない。友達関係に揺れる彼女を、しっかり見つめる。

10歳ぐらいの子にとって、友達関係は最重要事項。すべて、と言っても良いかもしれない。だけど、大人になると、重要だけどいくつかの事の一つ、ぐらいになり、子供の気持ちとギャップが生まれる? 子供にはそれが分かるから親や先生が聞いても決して話さない、、。

極端に言えば、そんなこんなな微妙なことを、彼女の表情や動きだけで感じとる映画。それだけ主役の子には相当プレッシャーかかると思うのだけど、見事に応えてる。「冬の小鳥」のキム・セロンを思い出した。弟役の子も、これまたいいです。

心の揺れは、ちょっとした一言や態度でも、大きく振れる。クラスでの仲間外れ。新しい友達ができたこと。その友達の一変した態度。弟に暴力をふるった子をソンが叩いたことに関する母親の一言。そして、小さな弟の、その友達に関する一言は、確実にソンを揺さぶる。

女性ならばもっとこの感じが分かるかもしれない。でも、男でも大人でも一緒かも?

大きな事件も起こらないし、人も死なないけれど、94分間いっときも目が離せない。これがデビュー作とは恐れ入りました!
IshiiYuzo

IshiiYuzoの感想・評価

3.1
主役の子が程よいブスちゃんで、リアルでした。
あの年頃って、女子の方が絶対に陰湿ですな。。。
Minita

Minitaの感想・評価

4.0
素晴らしかった。相手の言葉にはすぐに傷つくのに、相手に放つ言葉は容赦がない。その繰り返しで小さな心はすぐに悲しみでいっぱいになる。大人が届かない距離にある少女達の痛みはリアルで、自分にも確かに覚えがあるから固唾をのんで見てしまう。

綺麗な青いマニキュアと、それが剥がれた後に残る鳳仙花の淡い赤の対比がすごくいい。そしてなんとも愛らしい弟君の言葉。
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
ドッジボールに投影されるスクールカースト、もののやりとりとその行方(ブレスレット、色鉛筆、ハンカチ、お弁当、マニキュア)に仮託される他人への感情。右の頬を殴られたときに左の頬を殴り返していてはいつまでも先には進めないということをイ・ソンは弟から学ぶのだけど、あのメッセージから彼女は同時に、大人はわたしたちを常に誤解してきたけれどわたしたちもまた違うレイヤーの人間を誤解しているのだ、ということをも諒解したのではないだろうかとわたしは想像するのである。