わたしたちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

まさわ

まさわの感想・評価

5.0
こんなに心臓を雑巾絞りされたようなキリキリとした痛みと、深い共感をもてる映画にはそうそう出合えない。ユン・ガウン監督は今作が長編デビューだとか、子供たちの演技には台本がなく、設定やらを確認したあと即興だったとか、みんな天才かと思う。
小学校から半径1,2km以内の世界がすべて

子供たちのいじめのお話です。
監督は小津や是枝監督にあこがれており、子役の扱いの上手い是枝監督のように台本を渡すのではなく、監督がシーンごとにセリフを教えていく形で撮影されている。そして外国の予算の作品を観るときには日本とは違ういい意味での違和感や意外性が少なからず存在するものだが、本作に関しては是枝監督が今回は韓国語で映画を撮ってみましたといわれて納得してしまうほどの是枝映画であり日本でも共通するようなテーマを描いている。

本作は観ている人の子供の頃の経験により見る角度が違ったり、同じシーンでも感想は違うと思います。大人の自分が本作を観ると今となっては簡単に対処できるはずだと思うが、子供の頃を考えると小学校から半径1,2km以内の世界がすべてだから、主人公も転校生もその他のいじめっ子も必死にもがくしかない。つまり、いじめ自体は永遠になくなることは無いのかと思いました。

今であれば韓国でもスマホ等が必ず出てきそうだが、そのようなものを削ぎ落として表現したいことをはっきりと描いたなかなかの良作。

おススメです。
これは今年一番震えた作品かも。
女の子同士の仲間意識、そして仲間はずれ。
男の子の喧嘩って殴り合ったらそれでスッキリして仲直りだけど、女の子はそうはいかない…そんな姿をリアルに描いた秀作!

これを観て村田沙邪香の「しろいろの街の、その骨の体温の」という小説を思い出した。
中学の女子グループは上中下があって、その中にもランクがあり、いかに目立たず嫌われずに過ごすかを描いたこちらも秀作です。

この監督はこれが初監督らしいですが、目線の使い方がめちゃくちゃ上手い👁
この作品はセリフより目線や空気を上手く使い分けることで、独特の気まずさを表現している。

弟の存在もいいし、お母さんが最初悪い人かなと思ってたけど、意外によく子どものことを考えているお母さんで安心しました。

ラストの結論をしっかり言わない終わり方もすきです!

僕は男なのでリアルに感じることはできませんが、女性の意見を聞いてみたいですね、、。
2017恵比寿ガーデンシネマ
小4女子にとっては学校が世界のすべてだから大変よね!
matsubo

matsuboの感想・評価

4.0
イ・チャンドン企画というので観てきました。

こういう人間関係の機微って子どもも大人も関係ないですね。
小学校4年生の女の子たちの世界。
ポスターにもなっているシーンが美しいのだけれど、その後の展開が予想がつくだけに切なかった。
弟くんの名言が心に刺さる。まっすぐさがうらやましい。
ラストシーンもよい。

子役さんたちがあまりに自然で、演技とは思えない。

字幕翻訳: 根本理恵
TEXAS

TEXASの感想・評価

4.0
子供の視点で描かれた、かつて誰もが経験しただろう感情を丁寧に紡ぐ。

大人よりも子供の方が感情に正直で真理をついていることがある。

一方で子供の喧嘩といえど、社会の縮図として見る事も出来る。

大人は子供であり、子供は大人である。

イ・チャンドン監督の企画プロデュースという事もあり、商業気質にならない作家性を大事にされた作品。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.4
 韓国映画です。本作は学校という大変窮屈な空間の中で繰り広げられる、小学生にとってのサバイバル劇です。と同時に、綺麗な友情の話でもありました。

 小学4年生のソンはクラスで孤立している。ドッヂボールのときは「線を踏んだ」と言いがかりをつけられ即効外野。中心人物・ボアの誕生日には呼んでもらえず、それどころか彼女らに掃除を押し付けられ、やっと終わってそいつの家に行ってみても違う住所を教えられていることが判明。そんな彼女ですが、夏休み前の最後の日、転校してきたジアに会う。彼女は転校してきたばかりで友達がいないため、夏休みを通してソンと遊び倒す。
 
 2学期も仲良くやれる。そう思って2学期を迎えたソンだが、ジアはソンが呼びかけても、無視を決め込む。その一方、いじめっ子グループ・ボアと仲良くし始めたのだ。何と彼女は塾で一緒の教室だったらしく、ジアはクラス内で生き残るためにソンを捨てたのである。このように順調にクラスデビューを飾ったジアだったが、テストで満点を取り、ボアを抜いてしまったことから事態は急変。今度はジアがいじめの標的にされる。しかし、ジアはいじめの視点をずらすため、ソンのある秘密を暴露する。それに激怒したソンは彼女の秘密をも盛大にばらして・・・。といった話。

 本作はまず、映画秘宝で真魚八重子さんが書かれていた通り、顔で「どちら側か」が分かるところが素晴らしかったです。故に、休み中のソンとジアの関係にも、冷や冷やして観てました。だって本来、絶対カーストが違うし。面白いのは、彼女たちの力関係が、家の経済的事情と直結している点です。ジアは金持ちで、ソンは中流です。韓国の経済格差を感じます。

 他にも一発でソンがいじめられていることが分かる描写が、冒頭のドッヂボールの組み分けです。そう、経験したことがある方もいるでしょう。「クラスの中心人物が分かれてジャンケンし、勝った方が好きな方を取る」ってやつです。あれ本当に害悪だからやめてほしい。ソンは、あれで「最後まで残る娘」なんです。あの晒し者感は本当に困るわ。

 そして周囲の描写もめちゃくちゃリアルでした。把握しているようで把握しきれていない先生とか、親のウザさ加減とかです。特に親ですね。これは子供が何も言わないからという問題もありますが、ソンとジアの関係が気まずいのに「一緒に食べな」とか言って無駄に気を利かせて2人分の弁当を作ったり、ソンが追い詰められているときに無神経なこと言っちゃったり、親本人の知らぬところで子どもをからかう材料に使われたりと、「あるある」感が凄い。母親が悪い人ではなく、むしろいい母親だけに、余計にもどかしいです。

 本作は全体的に、登場人物たちのさりげないしぐさが素晴らしいです。子どもが不意にイラついたときの表情とか、親といるときのあの気まずい感じとかですね。後、いじめている奴が近くに寄ってきたときのあの「あー・・・あっち行こっか」的な雰囲気とか、ソンがジアにプレゼント持って行ったときのボアとの「何でコイツここにいんの?」感とか、同調圧力の描写も真に迫っています。そして、ソンがちょっと空気読めない子で、「純粋な故のウザさ」も真に迫っていました。

 ただ、この同調圧力による「友情」がどれだけ希薄なものか、というのはソンが爪にした装飾で描かれています。ジアとしたものはなかなか消えませんが、「上書き」したボアとの「友情」の証であるマニキュアは簡単に消え去ります。しかもジアはソンがくれたブレスレットをずっと付けているんですね。ここらへん泣かせますよ。

 本作で重要なのは「弟」です。彼は仲が良い子と遊んでは怪我をさせられています。しかし、やられたら、やりかえして終わりです。「やられたら、やりかえす」この精神でジアと喧嘩していたソンに、弟は聞きます。「だったらいつ遊ぶの?」と。

 ラスト、またドッヂボール。いつものごとく余るソン。今度はジアも一緒。冒頭のソンと同じ理由で退場させられそうになるジア。ですが、そこで彼女が言った一言。彼女たちに必要なのはこの言葉だったのです。ここで、本作は見事な友情の話になったと思います。
Chika

Chikaの感想・評価

3.8
小学生の頃の自分と自然と重ねていた。ソンの一面もジアの一面も私にはある。
なんとなくで伝えた言葉がなんとなくでしか受け止められず、何が言いたいのかお互いにもどかしくて苛立ちや戸惑いに変わってしまう瞬間がリアルに感じられた。
終盤のユンの言葉は純粋な思いから出た的を射た言葉で、一番心に刺さった。
まさにな、女の子の小4の世界。
学校とか家庭、クラスとかほんとに小さな世界しか知らなかった頃の、あの目線でのストーリー。

no tears.
no blood.
no guns.
no knife.
no baseball bat.
no hammer.
no violence.
no zombie.

but...

どこまで魅せるんだよ、韓国映画。
言ったよな?「いい加減にしろ」って。
またこれか?「ヤラれちまった」って。

言ってみりゃ女児たちによる…
ヘタな女優顔負けなそれ。
ヘタな女優顔負けなそれ。
ヘタな女優顔負けなそれ。

ヘタな女優顔負けな、それだよ。

小学生のな?
女子児童たちに掻っさらわれてんだよ、全部。

銃なし
血なし
暴力なし

バットなし
包丁なし
ヤクザなし、だ。

シバ。

おっと、汚い言葉は子供の前じゃなしだぜ。
no シバ。
no セッキ。
最優秀最年少、女優賞+男優賞確定だよ。

参ったわ、こりゃ(>_<)
ーーーーーーー
本作、九割方。九割五分方、子供だけ。
いわゆる子供社会。
親も含めた大人たちが蚊帳の外。
大人たちは画面から見切れててもいい。
声だけでもいい。
それくらい彼女たち。
子供と大人の棲む世界が違う、リアル。
巧過ぎだわ(;゚Д゚)