わたしたちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

いじめられっ子の小学生と転校生のいざこざ。
どこにでもありそうなことを物理的にも精神的にも小学生の彼女たちの目線で語る。

自分もイジメはなかったけど、
小学生の頃は学級崩壊をしていたので、
少しその頃のことを思い出した。

ほんの少しの一言だったり、
ちょっとした期待値のズレで、
あの頃の自分たちは感傷を起こし、
友達と喧嘩したり、大人に当たったりしていた。
この映画でも親とうまくいっていない転校生の少女が、親と仲良くする主人公を見て、嫉妬するところから関係が悪化する。
本当にそんな少しのことだ。

しかし、そういうことはあまり大人たちには見えていない。
「なんであの子はあんなに暴れるの?」
大人たちはよくそう言ってた。
暴れるアイツを自分もそんなに好きではなかったけど、彼が暴れる理由も同じ時間を一緒に過ごしてたからこそ知ってる。
だから、子供たちでなんとか解決しなければいけない。

それを、自分はできなかったが、
この主人公の様にちょっとの勇気を持てればと思う。
少しの後悔。ても、大きなの希望。

このレビューはネタバレを含みます

レンタル待ち
数年前に韓国で貰ってきたフライヤーは2人の少女とトロピカルな花が全面に描かれたイラストだったんだけど‥まさかこの作品だとは思いもよらず‥
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

3.5
小学生のいじめを題材にしたお話。
主人公はいじめられていて、友だちもいない。そこに転校生があらわれて仲良くなるのですが、ふとしたことがきっかけで転校生も主人公をいじめる側になってしまう。
登場人物がほとんど子どもで、とてもリアルな演技なのでいじめの様子が観ていて本当につらいのですが、最後の最後のシーンがよかったのです。
vizilake

vizilakeの感想・評価

4.0
昨日の夕飯が思い出せない人でも、子供の頃に体験した繊細な感情はずっと覚えているはず。。
いじめられっ子の主人公に出来た唯一の友達は、嫌われることに人一倍恐怖を感じる女の子だった。。
小学生の薄情な友情とイジメにスポットを当てたこの作品は地味で静かでありながらその全てを94分間に収めている。。
この映画を観ていると山田花子(漫画家)の作品を見て思い出す。。
着眼点が繊細過ぎて、観ていて辛くなる点が似ているからだ。。
それは登場人物に感情移入するためだけでなく、監督自身の神経質さに不安を覚えるためだ。。
この感性を持ち続けてこの世の中を生きるのは苦しいだろうなと感じる。。
しかし、この神経質な感性が『わたしたち』の魅力であり惹き込まれる所以だろう。。
特にそれは演出に表れており、キーになるのは“表情”だ。。
出演者である子役の表情をアップで見せて、観客にその感情を伝えること。。
大人が考えた台詞を子供に話させても、それは噓にもなってしまう。。
言葉よりもリアルに少女達の葛藤が伝わるのだ。。
表情の他にもう一つ、、
“爪”による時間の経過と感情の表現が堪らなくセンチメンタルな気持ちにさせる。。
ストーリーはやや残酷で湿っぽいが、主人公の母親の愛の深さと人間的な強さ、4歳の弟の無邪気さに救われるだろう。。
特に終盤のワンシーン、弟の名台詞は本当に素晴らしかった。。
今夜、僕は疎遠になった友人のことを思い出しながら眠る。。
あいつは今何処で何をしているのだろう?
RYUP

RYUPの感想・評価

-

監督自身の少年期の経験も投影されている今作。
”いじめや仲間外れ”子供ながらの無垢であるが故のストレートで残酷な言葉や行動の数々。心痛な響きである。

しかし争いは子供時代だけの問題では無い。
大人の世界にも裏切りや嫉妬等は存在し、
更に言えば一国と一国の間にも見え隠れする軋轢だと思う。

役を担う少女達の表情や演技が絶妙。
そして2人の心理状況、関係性の表現を比喩するドッジボールシーンは実に巧妙。
幼い弟の何気ない一言(この台詞が子供故シンプルだが深い)に気づかされたソンの向かう先は?

爪先に微かに残るホウセンカの朱い想い出。
見つめ合う少女達。
2人の未来はきっと大丈夫だろう。


監督 ユン・ガウン
CAST チェ・スイン ソン・ヘイン イ・ソヨン カン・ミンジュン チャン・へジン etc

原題 『The World of Us』
2016年 韓国 94分

http://watashitachi-movie.com/

西野カナ『私たち (short ver.)』
https://youtu.be/zWwsDUbR-OM
raco

racoの感想・評価

4.0
小道具に変化が表されていて良かった
生の子供らしさが隠すことなくそのまま描写されている
こどもはうつむくだけで何も言わない。

自分を愛している親にもわからない複雑な世界。家に泊まりに来ていた仲の良い友だちが今では自分を傷つける。

ソンが楽しそうにしているときの笑顔が素敵だ。だがそれは長くは続かない。転校生のジアは裕福だが、両親が離婚し、友達に正直になれない。ボアは美人で成績も優秀。自分が一番でなければ平気で人をおとしいれ、仲間はずれにする。

弟ユンは人懐っこい。気になることを抱える姉には、時に足手まといだが、可愛い存在だ。無邪気にも本質に触れることを姉に言う。

ユン・ガウン監督は嫉妬、裏切りを不意打ちで食わらされる子供たちを描く。それでもソンはジアやボアから逃げたり、悪意を持って接したりしない。

ソンのようには到底なれそうもないなとも思う。ジアと付き合っちゃだめだよ。平気でうそをついて自分を陥れる相手だよ。ボアだってそうだよ。自分のことを臭いとかいっていじめる相手だよ。映画を観ながらソンにそう言いたかったが、ソンはしっかり自分というものを持った少女だった。

本作を観て、子供の頃に劣等感から見栄を張って嘘をついたことを思い出した。昔のことなのに落ち込みました。本作には子供のころの感情を呼び覚ます力がありますよね・・・

このレビューはネタバレを含みます

元コロコロ読者ではあるけれど、イジメの中心にいたクソガキどもがほぼノーダメージで終わってしまったので、やっぱドッジボールはクソだなと。

被害者意識の無い加害者というのはあまりいないらしいので加害者側が抱えた悲しみを見せてくれるのはいいのだけれども、だったらそれで罪がチャラになるなんてことは絶対にないのだという罰も見せて欲しいなとは思いつつ、でもそれを見せてしまうとイジメの現実とはかけ離れてしまうしという、まったく学校なんてただの地獄だぜ。
せいぜい、自分が被害者みたいな気分のときは弟ちゃんの教えを思い出して気を引き締めよう。
nuruko

nurukoの感想・評価

4.2
日常の繊細な描き方、構成やマニキュアなどの使い方、少女たちの表情、どれもとても良かった。ラストにじんわり胸が温かくなりました。
Mi

Miの感想・評価

3.5
ただただリアルに、丁寧に、ありふれていて残酷な子供達の日常が描かれてた。
そして弟だけが可愛かった。