わたしたちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

思い出すなあ、友達の誕生日、一円玉まで数えてプレゼント買いに行ったこととか。
同じペン持ってて誰々ちゃんが真似したとか。
小さな小さなことが世界の全てだった。

そんな自分の小学生時代を思い出す身近な映画。

最後もはっきりしない。
そして人生は続くって感じ。

リアルに人の嫌な部分とか描いてある。
あのスクールカースト上の綺麗な子もコンプレックスバリバリあるんだろーなぁ。
mmoe

mmoeの感想・評価

4.1
わたしたちのじりじりした気持ちがすごく伝わってくる。
自分の存在が世界からはじかれてしまうかもしれない、認められないかもしれないという不安はいつ生まれてくるんだろう。
少女たちが過ごすそれぞれの時間を日の光のようにじっくり見守るような映画で、よかったです。
え、なんでこれ、こんなに上映館少ないの。素晴らしい映画だったんだが。
韓国の女性監督が描くいじめのお話。
最後のほうでメインの女の子2人が「私が何をしたって言うのよ!!」と言い争うシーンがあるのだが、いじめってそういうもんなんだよな、、、
あの頃のわたしたちには社会が家と学校、それに付随するせいぜい半径3キロ圏内。
キュウリの海苔巻き、色鉛筆、ホウセンカの汁で染めた爪、手作りブレスレット。小物がすごく良い働きをしてる。
夏休み仲良く遊んで染めた爪が、中指の先っちょだけ染まってるシーンに胸をえぐられた。ラストシーンも希望があって素敵。

今年は韓国映画にハマり倒したな。
さ

さの感想・評価

4.0
私もこんなことがあったなと思い出した。大人になった今映画を通して観ると、こうした方がああした方がと言ってあげたくなるけれど、子供の頃は小さい出来事ひとつひとつに必死だったな。
弟の存在がいい。
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
韓国映画。台湾じゃないの⁉️
日本でも 韓国でも同じなのか⁉️
綺麗な 頭の良い、 お金持ちの お嬢さん。
可愛くなく、暗く、一寸お馬鹿な女の子。
当然 お嬢さんには、金魚のフンが 付いていて、お馬鹿な女の子は、苛めの対象。
夏休みの始まる終業の日に転校してきたが、最初に会ったのが苛められてる女の子。夏休み中は 仲良く、新学期は、お嬢さんに付いた。
テスト結果が、いつもトップのお嬢さんが、転校生に抜かれた途端に 今度は、苛めの対象に!
あ〜あ!ストーリーは、マンネリ。
でも、苛められっ娘の 弟の 最後の 一言。で、救われた⁉️
kyo

kyoの感想・評価

4.5
ソンとジアに再び会話が生まれますように。
ソンを演じた少女の心の揺れがそのまま表情に現れていたことに驚愕しました。
orimarks

orimarksの感想・評価

4.3
思春期よりちょっと前の女の子たちの、やわらかくて染まりやすい、繊細で素直な心の動きが見事に描かれています。

画面はいつも色鉛筆みたいな淡くくすんだタッチで、徹底して主人公ソンの目線。
映画の半分はソンの顔のアップなのではと思うほど、ソンの表情が微妙な感情の揺れ動きをすべて物語っています。

転校生ジアとの気持ちの距離が、ホウセンカで赤く染めた爪先に表現されているのもとても印象的で大好きです。

そして、めちゃくちゃに可愛い小さな弟に癒され、気づかされたのはソンと私だけではないはず!

瑞々しいけれど苦くてすっぱくてほんのり甘い、色づき始めた果実のような印象の映画でした。
kamijyo

kamijyoの感想・評価

3.5
子どもには子どもの世界がある
愛情、嫉妬、裏切り、嫌悪
切なさとか歯がゆさとか
見ていてヒリヒリした
「友だちになれる、何度でも。」
というキャッチコピーがとてもいい
SHA

SHAの感想・評価

3.5
あの年頃の女の子達の視点がよく描けていてその点では優れていると思った
私達は大人になるとどうしてもあの頃の困難を忘れて「もっと広い世界があるよ」などと軽々しく口にするが、その世界だけが全てな時代もあるんだよな
もし親になったら観たい映画
sat0mi

sat0miの感想・評価

-
わたしたちの世界はとても狭くって、だけれどそれが全てで。
それだけじゃない世界があることに気がつくのはもう少し先だったね。

どっちが先だったのか、どちらが始めてしまったのか、そんなこと関係なくしたいように触れられたらいいのにね。それはいつだってまだ難しいよ。

何度でも友だちになれる。言われなくても知ってるのに、ちゃんと言われるとそうだよねって安心してしまった。わたしたちはそうやって生きているし、だからこそ大丈夫。