わたしたちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

きょ

きょの感想・評価

3.8
いじめの描写がかなりリアルだった。
心の痛みがダイレクトに伝わってくる。

学校とか、人が集う場所にはどこにでもそこ特有の空気ができる。
その空気が時として”いじめ”として襲いかかってくる。
根は優しい性格の人でも、影響力の強いイヤな奴に流されていじめに加わってしまったりする。
イケてない奴と仲良くしていると自分がイケてないと思われるから、別に嫌いじゃないけど無視したりからかったりしてしまう。
本来いじめを行わないような人でも、自分を守るために加害者になりうる。
いじめを行う人間は弱い人間だと思う。
攻撃の対象が無ければ安心を得られないから。たぶん、みんな何かしら不安だからそういうことで心の穴埋めをしている。
誰か一人を悪者にすることも難しい。

二人しかいなければ、ずっと親友のままでいられたのに
ぺしん

ぺしんの感想・評価

4.5
これも日常系映画

たぶん学校内ではどこでも起こっているようなこと
「いじめ」まではいかないかもしれないけど、いわゆるスクールカーストの話
日常系といってしまうとほっこり系を連想するが、
これも日常系といえるだろう

初っ端のチーム分けじゃんけんのくだりでもうヤバい
胃がキリキリする
日本と何ら変わらない

こういう映画では大抵「クズみたいな大人」が事を複雑にするのだが、
この映画に出てくる大人は基本的に自然な対応をしている
そこが良かった

ブレスレットが伏線に…?という淡い期待も無残に散り、
先の読めない展開も見事

終わり方もとても良い
彼女たちの世界はこれからも続く
ユジク阿佐ヶ谷
小学四年生の女児。両親と弟と貧しいながら慎ましい暮らしで、集合住宅に暮らす。クラスではスクールカーストの最底辺で、目に見えて虐められているわけではないものの友人はおらず。そんな中、夏休みに転校してきた女の子。裕福で自己主張も強く、何よりわたしを認めてくれ、遊んでくれる。ところが、夏休みが終わって状況が変わり……。
スクリーンに描かれる小学生の目線から描かれる世界。母の勤め先と自宅、近所の公園、そして小学校。そうだったなあ。いま考えるとあまりに狭くてちっぽけで脆弱なコミュニティだったなあ。と小学校生活を振り返りながらしみじみ。子供は純粋で、残酷で、決して楽しいことばかりではないのだけれど、我慢だよ!と心の中でエールを送りながら、年の瀬に素敵な小品と出会い、ほんのり温まったのでした。
マサ

マサの感想・評価

3.5
どこにでもありそうな小学校の女の子達によるいじめ。夏休み前の終業式に転校生と出会うことで、二人の女の子の関係の変化にものすごいリアリティーが。マニュキアも何かを訴えかけてくる。終わり方も秀逸!
小さい頃の、スクールカーストの記憶。誰かに認めてほしくて、人を傷つけたり、傷つけられたり。

観ると心がヒリヒリして、途中から顔覆って観てた。
すごい映画だったなあ。また観たい。
思い出すなあ、友達の誕生日、一円玉まで数えてプレゼント買いに行ったこととか。
同じペン持ってて誰々ちゃんが真似したとか。
小さな小さなことが世界の全てだった。

そんな自分の小学生時代を思い出す身近な映画。

最後もはっきりしない。
そして人生は続くって感じ。

リアルに人の嫌な部分とか描いてある。
あのスクールカースト上の綺麗な子もコンプレックスバリバリあるんだろーなぁ。
mmoe

mmoeの感想・評価

4.1
わたしたちのじりじりした気持ちがすごく伝わってくる。
自分の存在が世界からはじかれてしまうかもしれない、認められないかもしれないという不安はいつ生まれてくるんだろう。
少女たちが過ごすそれぞれの時間を日の光のようにじっくり見守るような映画で、よかったです。
え、なんでこれ、こんなに上映館少ないの。素晴らしい映画だったんだが。
韓国の女性監督が描くいじめのお話。
最後のほうでメインの女の子2人が「私が何をしたって言うのよ!!」と言い争うシーンがあるのだが、いじめってそういうもんなんだよな、、、
あの頃のわたしたちには社会が家と学校、それに付随するせいぜい半径3キロ圏内。
キュウリの海苔巻き、色鉛筆、ホウセンカの汁で染めた爪、手作りブレスレット。小物がすごく良い働きをしてる。
夏休み仲良く遊んで染めた爪が、中指の先っちょだけ染まってるシーンに胸をえぐられた。ラストシーンも希望があって素敵。

今年は韓国映画にハマり倒したな。
さ

さの感想・評価

4.0
私もこんなことがあったなと思い出した。大人になった今映画を通して観ると、こうした方がああした方がと言ってあげたくなるけれど、子供の頃は小さい出来事ひとつひとつに必死だったな。
弟の存在がいい。
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
韓国映画。台湾じゃないの⁉️
日本でも 韓国でも同じなのか⁉️
綺麗な 頭の良い、 お金持ちの お嬢さん。
可愛くなく、暗く、一寸お馬鹿な女の子。
当然 お嬢さんには、金魚のフンが 付いていて、お馬鹿な女の子は、苛めの対象。
夏休みの始まる終業の日に転校してきたが、最初に会ったのが苛められてる女の子。夏休み中は 仲良く、新学期は、お嬢さんに付いた。
テスト結果が、いつもトップのお嬢さんが、転校生に抜かれた途端に 今度は、苛めの対象に!
あ〜あ!ストーリーは、マンネリ。
でも、苛められっ娘の 弟の 最後の 一言。で、救われた⁉️