わたしたちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

shuuhey

shuuheyの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

今年劇場公開ベスト
目線を向け合う応酬だけで泣くとは思わなかった。

いちばんドキッとしたというか凄いと思ったとこは、ソンが勝手に母の金でジアに誕生日プレゼントを買ったのに裏切られてしまった次のカットで、弟がこっち(母に怒られているソン)を見ているフルショットになるとこ。最後までヤンチャでバカな印象を付けてきた弟が彼なりの言葉で真理を突く終盤のシーンがめちゃめちゃいきてくる。
友情の映画であるのと同時に家族の映画でもある。

ディテール(マニキュア、ミサンガ、海苔巻きキュウリ)で見せていく感情の変化や距離感には感心してばかりで、小道具の採用基準もセンス抜群で圧倒的ノスタルジーを十分に含んでる。
けどスリルが足りなかったのが勿体ない。観客を巻き込んだ秘密のバラし方で七並べのように楽しみたかった。

横顔や正面のクローズアップ多めで飽きることはないけど面白みないなぁと思ってたら、ファーストシーンのドッジボールのやつをラストでもう一回やってみせたのは卑怯、泣くやないか。

この監督、是枝裕和に影響受けてると聞いて納得した。背伸びする足のショットとか、やや逆光の室内で背中を見守るカメラとか、ロケーションや小道具を二度以上見せるときの印象の操作とか、誰も知らないにそっくりやなと今思えば。万引きのシーンとかね。日本なら是枝や呉美保、橋口亮輔と非常に近い作家性と演出スタイルを持ってる。
misuzu

misuzuの感想・評価

4.0
ふだんはすっかり忘れてしまっている子供時代のことを、この映画は鮮やかに思い出させてくれます。
友達とお揃いのアクセサリー、マニキュア代わりに爪を染められるホウセンカ。
同じ経験をしていなくても、こんなことしていたな…と思わせる、懐かしい感覚が詰まった映画。
だからこそ、物語の中で描かれているいじめもリアリティを伴って心にグサグサと刺さってきました。
大人の都合が子供達の関係にも影響を及ぼしいじめに繋がっていく。
それが現実にもある、珍しいことではないだけに映画を観ていて辛い気持ちになりました。
だからこそあのラストシーンに感じられる希望に、より一層心を暖かくさせられたように感じました。
それにしても、あのキムチチャーハンとキュウリのキンパは美味しそうだった…。
恵比寿でしかやってなかったので母と遠出して鑑賞。

子供の頃って、ちょっとしたことで、
省かれたり、意地悪されたり、

そことそこ、仲良かったじゃんと思ったら、何か小さいことで喧嘩して、いじめられたり。

韓国の映画で、韓流といったら、恋愛モノしか見たことなかったけど、とても良かった。
OWeeeeN

OWeeeeNの感想・評価

4.2
評判聞いて見に行きましたが、特にラスト10分ぐらいは鳥肌立ちっぱなしでした。「イチャンドンが評価」っていうのも納得のテイスト。女性監督にしか描けない小学生女子の地獄みたいなスクールカースト物語でしたが、随所にいいな〜って思うシーンもあり、次作も期待したいです!

ミサンガとかマニキュアとか色鉛筆とか、小学生らしい小物の使い方も好きでした。
今年一番の傑作だった。
とにかくファーストシーンから圧倒的に心を持ってかれる。語らなくとも少女の佇まいから全てがわかる。人が人をいじめる瞬間と、その機微を丁寧に描いた作品。
幼い頃の心の裏の襞を触れられ、とにかく見続けた。カメラが子どもの世界の中にあり、めちゃめちゃリアルに子どもたちの目線で語られる。妬みや、そねみ、貧富、自己保身、集団心理、家庭環境。
人が社会に入り、様々なしがらみが増える様を、子どもの目線を通してその不思議さやどうしようもなさなど呈示される。
少女が澄んだ目でため息をするほど、どうしようなく面倒な世界だが、最後のカットに希望もあるのではと思えて、泣けてしまった。

このレビューはネタバレを含みます

【 叩き返してたら、いつ遊ぶの?】

“ イジメあるある” を、残酷さ残忍さを前に出さず少女たちの視点を丁寧に描写した秀作。

“ イジメあるある” ‥‥
ターゲットの居ない場所でターゲットに関するある事ない事、とにかく何でも吹聴し、同調させる。
ターゲットに加担する奴は、次はお前がターゲットになるからな、と暗黙の圧力を与える。
とかね。
( 因みにいい歳した大人のオトコでも、妬みの感情からこーゆー女々しい事をする奴は存在します。(−_−#) しかし周りは大人なので、結局ソイツが孤立する結果になるんですけどね ψ(`∇´)ψ )

それはさて置き‥‥
あの小道具(マニキュア)の使い方とか!!!

ジアと一緒に塗ったホウセンカのマニキュアは、爪が伸びてきて、ジアとの関係が薄くなるのと同じようにどんどん短くなってゆく。

いじめっ子ボアのターゲットがジアに移り、ボアから貰った水色のマニキュアを上から塗ってみるものの、ホウセンカの赤と混じって微妙な感じ。
ジアともボアとも仲良くも敵にもなれない。中途半端なソンの状況そのもの。

まだ少し、ほんのちょこっとだけホウセンカの赤が残ってる。
ジアとの繋がりは断たれた訳ではない‥‥ ?のかも‥‥ ??

相変わらず(いや、韓国映画、と言う大きな括りで ^^; )登場人物の描写に無駄がない。
イジメっ子ボアにしたって、あそこまで悔しがるのはもしかしたら彼女は彼女で抑圧された家庭環境なのかもしれない。と想像させられたり。(いやだからと言ってイジメは許されないけど^^; )
とか、
お爺ちゃんが亡くなり、父を失った父親の姿を見たソンも、彼女なりに父親から“何か” を感じ取り、成長の兆しを感じさせたり。
そして大いなる母の愛と言ったら!!
父親の収入が厳しくなり自分の仕事の負担が大きくなっても子供たちに当たる事もない。
子供の友達の親にもご近所さんにもとにかく愛想良くうまくやり過ごす。
ソンの社交性の無さ・不器用さは父親譲りなんでしょうね ^^;

お父さんもお母さんもソンも、色々抱えて大変な状況の中、ここにきて弟くんの幼いゆえの無邪気さがね、コリャあ残酷だ〜〜
自分だったら堪らん!!
と少しイライラしていたら‥‥

執拗に怪我をさせてくる弟の遊び仲間にはやり返さないといけない!と説くソンに対し、弟クンの、
『 叩かれたら叩き返してたら、いつ遊ぶの?』
の台詞。
それまでこの弟クンにイライラしてただけにね、
『 そうきたかーーーー!!!』
カウンターパンチくらいましたよ(笑)
ココで一気に加点 ^^;

復讐してても、時間のムダだよ?楽しまなきゃ
と。

是枝監督に影響を受けたという本作の監督さん。
唸ってしまうほど素晴らしい子役たちの演技は、なるほど確かに『そして父になる』の子役たちの自然な演技を思い出す。


最後に‥‥
“ いつ遊ぶの?” の考え方も解るけど、ワタシは
【 ちゃんと遊ぶけど、叩かれたら叩き返すよ!!】
精神でゆこうと思います ψ(`∇´)ψ
些細なことである日突然仲間から弾き出されたり引っ付いたり…

リアル過ぎて自分自身の小学4、5年の頃と自然と重なり合う。いじめとまではいかない所謂「仲間はずれ」は女子のグループではよく起こった。本当に些細なことで加害者になったり被害者になったり…そして又仲良くなって…の繰り返しだった。
なので身に覚えのある感情がずっと纏わり付いてヒリヒリ。

あのリアルさは実際に経験した監督だからこそできた表現だと思う。

そして子役の自然過ぎる演技が秀逸なんだけど驚いたのは配役。個々の顔つきや雰囲気がキャラクターにぴったり!特に転校生のジア!誰も文句言えないキャスティング!

あと、女性監督ならでは…と思ったのがソンの今の気持ちを爪の色で表現するところ!
そしてラストに繋がっていく…

ユンくんの発言は深い
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

4.4


傑作。


女性監督ならではの視点で捉えられた映画。
アジアでしか共感は得られない気がするけど、逆にアジア内だと圧倒的な支持率を誇りそう。
挙げるとキリがないけど、細やかな部分がしっかりと切り取られてる。
完全に傑作です。
映画館でひとりでみてほしい。

でもこんだけ自分の意見言えるなら十分だとおもうけどね。
いじめっ子にいじめられっ子、だれもが経験していること。それゆえ他人事とは思えないこの感覚。引き込まれるわぁ〜
 ユン・ガウン監督が是枝裕和大好きとは知っていたけど、作品を観てもそれは伝わってきた。子供たちの世界をどこまでもリアルに忠実に描こうとする姿勢も映画を観れば伝わる。大人になっても人間関係は難しい。その問題に初めて直面した少女の物語。最後の展開もリアルにこだわっていて、万事解決しました!とならないながらも心地よく映画館を後にできるくらいの塩梅でうまかった。

 韓国映画といえばオーディションのイメージだが、今作もご多分に漏れずオーディションを5次選考までやって決まったようだ。そしてそのキャスティングの妙ときたら凄い。みんながみんなそこら辺の小学生にしか見えない。スクリーン上に彼彼女らが芸能人であるということが一切存在しない演出、演技、にも関わらず素人感を漂わせない自然さ。韓国は俳優に苦労しないなと改めて思った。
 「子役は台本なし」ユン監督が好きな是枝裕和がよく使う手法だが今作でもその手法が使われていてその効果がはっきりと表れている。台詞に縛られない演出は舞台のように時間がかかったらしいがそれは価値アリと言っていいだろう。

 ラストの展開への伏線はしっかり敷かれており、意外な人物の特別素晴らしい台詞で映画は収束へと向かう。この台詞は覚えておくべきだろう。何歳だとしても今後生きていく上で参考になることは間違いない。