わたしたちの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

sat0mi

sat0miの感想・評価

-
わたしたちの世界はとても狭くって、だけれどそれが全てで。
それだけじゃない世界があることに気がつくのはもう少し先だったね。

どっちが先だったのか、どちらが始めてしまったのか、そんなこと関係なくしたいように触れられたらいいのにね。それはいつだってまだ難しいよ。

何度でも友だちになれる。言われなくても知ってるのに、ちゃんと言われるとそうだよねって安心してしまった。わたしたちはそうやって生きているし、だからこそ大丈夫。
panpie

panpieの感想・評価

4.3
フォローしている方のレビューを読んでしまい何故こんなに公開時期がズレるのかと疑問に思ったものだが1ヶ月遅れでも上映してくれた映画館があった事に感謝した程刺さる映画だった。

想像してたよりも痛い映画だった。
韓国映画と心していても子供が主演なので子供の世界が描かれていて当然なのだがもっとあたたかいものという勝手な思い込みで観てしまい余りにもリアルな展開に心が痛んだ。
子役一人一人が役にドンピシャでさながら日常を追ったドキュメンタリー作品の様。

小学校4年生の少女達がふとした事からいじめをしたりされたりする。
小4といえば少し思春期に差し掛かってきて自分と友達の関わりや自分の立ち位置、相手の態度に傷ついたり傷つけたり微妙なお年頃。
私の頃は多少あったのかもしれないけど転校生だった私は初対面の人とも関係を気付ける事が身に付いていたお陰でいじめが当時あったかは分からなかったが逆を言えば転校生はいじめの対象になってもおかしくないと今思うと危ない橋を渡っていたのかも。
強いて言えば明らかに異性を意識したりする進んだ女子がいて全く興味のなかった私はそっちの方が苦手な対象だったと思い出される。
そう言う女の子は私は苦手であまり関わりは持たなかったけどいじめをする事もされた事もこの頃はない。
でも娘の頃は多少色々あった。
今時の女の子は今まで仲良しだったのにクラス替えをして違うクラスになれば挨拶もしなくなる。
とてもびっくりしたが今時の常識らしい。
とても怖いと感じた。
時代が違う私には全く理解できず大人のいやらしい世界が子供達にも広がっていると実感した瞬間だった。
今の子供達の生きる世界がとても難しくて私だったら不登校になっていたかもしれない。
今大学生になった娘が傷ついたり傷つけたりして今無事に小中高より学校という枠組みがオープンな大学まで取り敢えず無事に過ごしてきた事が奇跡の様でもありそれなりに色々あっただろうが娘が無事に過ごせた事に感謝している。
しかし私が知らないだけなのかも知れない。(-_-;)

これを観る限りでは大人の世界と子供の世界は何ら変わる所がない。
嫌いな人を徹底的に排除するやり方や今度は標的を変えて外されていた自分が仲間に入れられた時の安堵した様子などリアルで痛い。
スクールカーストという名が定着し容姿が可愛くて勉強もスポーツも良くできクラスの中でもリーダーシップを取りスクールカーストのトップに媚びへつらう中間に位置するしもべの様な子供達がリーダーの鶴の一声でターゲットを変える。
転校生の少女ジアがクラスで貧しく大人しくいじめられっ子のソンと夏休みの間に親密になる。
ジアの家庭環境は複雑で両親は離婚して裕福な暮らしをしているものの心にはぽっかりと穴が空いている。
まだまだ母親に甘えたい年頃だし離婚が子供の心に影を落としている事が濃く描かれている。
ジアがソンの家に泊まって寝ている間に母親に甘えているソンを目覚めてこっそりその様子を見て苛立つジア。
そこから塾で友達になったソンを排除するリーダーのボラに気に入られジアは新学期ソンに冷たく当たる様になる。
何が何だか分からず傷ついたソンを見ているのが辛い。
そのうち自分より成績がトップに躍り出たジアが面白くないボラの一存で今迄仲良しだったのに仲間外れの標的となりやっと塾に通う様になったソンを仲間として取り込み一緒にジアを外そうとする。
以前の学校でいじめられていた事や母親がイギリスに住んでいるなど仲間に入れてもらう為に嘘を重ねていくジア。
ひょんな事からそれを知ってしまうソン。

ソンは口数も少なく大人しくスポーツでも目立った活躍をしないけど彼女の感性はとてもまともでとった態度でもよく分かる。
小中迄は運動神経がいいか成績がいいかで何となく自分のクラスでの位置付けを決められる様に思う。
それは昔からあった。
そのソンが初めてジアと言い合いをして取っ組み合って顔中傷だらけになってケンカするシーンは気持ちが分かって心が痛んだ。
今迄何も言い返せなかったソンが仲良くしていたのに嘘をついたり自分を裏切ったジアへの大声での反撃にやってしまえと私は思わず応援してしまった。

あとソンも経験がある体育の授業でのドッチボールのチーム分けで1番最後に仕方がないからチームに入れるという酷い状況が何度も描かれており韓国は先生がチーム分けしたりしないの?と見ていて嫌悪感を誘うシーンだった。
今度はソンよりもジアがその1番最後仕方がないからチームに入れる役になって線を踏んでないのに踏んだといちゃもんをつけられるシーン。
ソンがとった態度が心を打った。

ソンの弟のまだ幼いユンは一緒に遊ぶ友達にいつも叩かれたりしても一緒に遊びたいと言うのでソンが怒って聞く。
「何でいつも叩かれるのに叩き返さないで一緒に遊ぶの?」
幼いユンはそれに答える。
「叩かれたから叩き返していたらいつ一緒に遊べるの?
僕は叩かれてもあの子と一緒に遊びたいんだ」
この素直な言葉に胸を打たれた。
叩かれても一緒に遊びたい…それはその子と遊ぶのが好きなんだという事。
その子が好きだから一緒に遊びたい!
ソンは弟の純粋な一言に我にかえる。
好きだから一緒にいたい。
ソンはジアと仲良しに戻りたいだけだと不意に気付く。

ホウセンカの花で爪を染めるなんて知らなかった。
意外と色が落ちないんだな。
爪が短くなっていく間に突然ジアが掌を返して自分を仲間外れにして左手の薬指に僅かに残った赤い色を見てソンがジアを思う所がとても見せ方が上手いと思った。
仲間外れにしていたボラがくれた水色のマニキュアがあっという間に剥がれてしまってもジアと一緒にホウセンカで赤く染めた爪は僅かに2ミリ程線になって残っている。
それを見つめるソンの淋しい横顔がそれを物語っていた。
ラストのある意味唐突に終わる終わり方がグサッと刺さる。

最近の子役はどの子も素晴らしくて目を見張る。
韓国にもいた!
彼等がもう少し大人になってティーンエイジャーで出演した映画をこれからも観ていきたい。
成長を確認したいと思った。
ソン役のチェ・スインの真っ直ぐな透明感のある視線がとても良かった。

猟奇的でないまた違った形の韓国映画に出会ってしまった。
でも心に刺さった棘はそう簡単には抜けそうもない。
誰もが一度は経験のある思春期の入り口のあの時期。
女の子じゃなくても共感は出来る筈。
ユン・ガウン監督は女性と聞いて何故か納得がいった。
自身の経験を元に今作を撮ったらしい。
素晴らしい演技を見せてくれた子役達と監督に月並みな言葉だけど拍手を送りたい。
とくに前半は観てて苦しい。ずっと手に力が入っていた。
主人公のアップが多く、おそらく意図的に大人の顔が隠されているのでどうしても幼い彼女に寄り添ってしまうし、彼女の表情、誠実さに揺さぶられる。

マニキュア、ミサンガ、海苔巻きなどを使った演出も巧みだし、弟の存在がさまざまな場面で印象的。

子どもだけが映される今作において、主人公ソンの母親だけが例外的に頻繁に登場する。
ソンとジアとの間に最初に軋轢が生じる原因もそこだし、また、ソンがつらい状況を耐え、自分に正直にあろうとする根元には母親の存在がある。
子どもだけの世界に見えても、実は大人の存在が彼らを左右している。
その意味ではボアの背景ももう少し描いてくれればフェアだったかもなと思う。
柊

柊の感想・評価

3.8
ひとりぼっちだった子が転校生の子と仲良くなる展開ってよくある事。そして、転校生が周囲に馴染み始めるとやっぱりひとりぼっちの子はひとりぼっちになる的な展開が切ない。あの時代の女の子特有の感情の起伏が繊細に表現されていた。女の子二人が取り立てて可愛すぎないのも好印象。最後は少し成長して新しい関係が築けそうでよかった。母の目線ですなぁ。
byrd

byrdの感想・評価

4.9
@シネマロブレ

キャスティングと演出とそれを体現したわたしたち
じゅん

じゅんの感想・評価

4.2
わたしも小学生の頃、仲間はずれにされてたな
女同士ってほんとにやっかいよね
マスターとケンカしたため、長い事通った家の近所の飲み屋に行けなくなってしまったオッサンの心に痛いほど沁みる映画でした。
hirogon

hirogonの感想・評価

3.9
小学4年生のイ・ソンが経験する”子ども達の世界のイジメと友人関係”を描いた映画。と聞くと重そうですが実際重い!

ドッジボールのシーンが象徴的に何度も出てきます。私も小学生の頃はよくやりましたが、今の小学生もやるのでしょうか?
私の世代では、ドッジボールのうまい人ってヒーローみたいな感じでしたねえ。私はヘタなので逃げ回っていましたが(笑)
この遊びはグループ分けの段階から、上手い・下手、好き・嫌い、などのグループ内での立ち位置が出てしまう面があるので象徴的に使われているようです。

主人公は、クラスでボラ達からの”イジメ”にあっている小学4年生の女の子イ・ソン。
終業式後に転校手続きに来たハン・ジアと出会い、休み期間中に仲良くなります。ソンにとっては、友達も少なく、ジアへの想いも特別なもだったのだろうと感じます。
でも、休み期間中に塾に通うジアは、同じ塾に通うボラと仲良くなり、休み明けのソンとの仲は微妙な状態になります。
以降、ソンとジアとボラ達も巻き込んで、お互いへの中傷がエスカレートしていきます。この辺は見ていて辛い。

ソン、ジアの表情の演技が素晴らしい!演技とは思えないような微妙な表情を見せてくれます。
また、ソンの弟ユンが、めちゃくちゃ可愛い!これも演技とは思えないレベル。
カメラはソンに寄り添い、ソンとジアの微妙な表情や彼女たちの周辺で起きる出来事を追っていく。

レビューを読んでいると、女子特有の友人関係についてコメントされている内容も多いようですし、男子とはまた違った交友関係の難しさはあるのかな?でも、イジメモードに入ってしまうと、女子も男子もそう差は無くなってくるようにも思います。
ユンは、友達にケガをさせられても、”友達と遊びたい”と言い張ります。ソンはユンに「叩かれたら、叩き返せ」と言うのだが、「それだと、遊びたいのに遊べなくなる」とユンが答えます。ジアと報復合戦のような様相になっているソンとっては、考えさせられるやり取りです。

小学、中学、高校、、、とそれぞれの世代で”イジメ”は存在しますが、大人になるに従って、理性によるブレーキも働き、自分の世界も広がることで、いざという場合の逃げ場も出来てきます。
それに比べると、小さい時ほど逃げ場がなく、精神的に追い詰められやすいのでは?と感じます。また、子供って他人の痛みに対する共感力がまだ低いので、酷いことをしていても、それ程酷いことをしているという罪悪感が少なく、ブレーキが効かなくなる場合もあるような気がします。
本作の内容も、すごくリアルなお話なんだろうと思うのですが、友人関係やイジメに対しては、色んな要素が絡むので、”こう対応すればOK!”という処方箋はありません。各々のケースで対処方法を探っていくしかないのですが、最も有効な手段は、”相手の気持ちに対する想像力”の育成だと思います。本作が、その一助になればと願う。

ラストは、ソンとジアの関係改善を予感させるシーンで終わる。二人とも、辛い経験を経て成長したのですね。
ゆ

ゆの感想・評価

3.8
子どもってその世界が全てなんだよね。大人ならいくらか取捨選択できるんだけどね。
弟の言葉が胸に刺さる。叩かれて叩き返して、じゃあいつ遊ぶのって、それは人を許すとか色んなことの真理なのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

ユン・ガウン監督に要注目、まちがいなく世界的な映画作家になる。
長編デビュー作とは思えない、とんでもない才能と実力に驚かされた。
是枝裕和監督から影響を受けたらしいが、はっきり言って「子役を輝かせる演出力」だけでなく、映画作家の総合力として、既に上回っているかもしれない。
おそるべき韓国映画界の新星。

物語としては、突飛な方向に行ったりせず、ジワジワと起こるべくして嫌な展開が起こる感じ。
ベタといえばベタだが、韓国映画らしい「感情を深く掘る」脚本術なのだろう。
今作の「子供のイジメ」という題材に関しては、適切な語り口だと思うが、僕の希望としては、ユン・ガウン監督にはヨーロッパに行って、『ELLE』のような大人の「感情の不可思議さ」を描くことに挑戦してみてほしい。
人間観察力と、それを脚本と演出で描ききる作家力が、ハンパじゃないのは実証済みなので、大人の物語でも傑作をものにするだろう。

- - - -

とにかく、キャスティングが大成功。
主演のソン役チェ・スインちゃんを選び出した慧眼、監督の人間を見抜く力。
そして、その魅力を引き出す演出力。
映画の5割くらいはソンのアップだと思うが、これほどの時間、顔アップで画面がもつ役者は世界中いないんじゃないか、ずーーーっと観てられる顔。
ジアや他の子も良いけど、ソンが圧倒的なので一人勝ちかなと思っていたら、弟ユンが最後にとんでもない演技(?)を見せる。
僕の今年の主演女優賞と助演男優賞は決定かも。
例えば『アウトレイジ』など、役者の“イイ顔”を観るのは映画の醍醐味だが、本作はズバ抜けた“イイ顔”の傑作だ。

撮影が、優しくて強い。
もしかして、スタンダードのレンズ一種類しか使ってないんじゃないか?と思う。
シンプルだけど硬くない構図。
ボケと、カラフルだがくすんだ色彩がもたらす、色鉛筆のような柔らかな印象。
無用なカメラの移動や、クレーンの俯瞰や、広角での客観などはない。
徹底してソンの視点・立場・経験からカメラは離れない。
カメラの高さもソンの目線。
被写界深度の浅い画は、子供たちの表情の繊細な変化だけにフォーカスする。

ライティングも印象的。
窓辺に座るソンとジアの後姿に注ぐ夕陽のあたたかさ。
それがソンひとりになった時の寂しさ。
病室の空になったベッドを見つめる父にも夕陽が切なく陰を落とす。

編集はすでに妙技。
移動などの説明抜きで場面転換して、観客に少し「?」と思わせてから、わずかな会話などで展開を理解させる。
そして「ドッジボールの組決め」表情アップのながーーいカットで、始まり終わるという円環構造。
劇伴音楽も1ヶ所しか使っていなかったはず。
すでに「映画の文体」「語りのリズム」を完全に持っている。

マニキュアというモチーフ使いが巧み。
ピンクに染めるが剥げてきて…水色を塗るとまだらに混ざる…。
酒瓶で指を切りズタズタ…最後の最後にわずかにピンク色が残っている。
誰にでも解る、心の変化のメタファーとして用いるが、あざとさより素直に魅力を感じる。
面白いのは、ソン自身もこのメタファーを理解している事。
ピンクと水色で編んだブレスレットを2人に渡そうとするが、教室では最悪の仕打ちが待っているという悲劇の展開。

このように、演技と映画の各技術が素晴らしいため、物語を超えて、画の力が非常に心に響く。
ソンとジアが枕を並べて寝る暗い部屋、海に行こうとゆびきりしたツメに巻いたラップが、カサカサ音を立てる。
ラストカットの、画面の端と端に立ち尽くす、ソンとジア。
理屈抜きに、体が震えて唇を噛みしめずにはいられない力強いカットたち。
きっと、簡素な機材で撮影していると思うが、率直で実直なアプローチをすれば、CGとかクレーンとか金の掛かるものは必要なくて、本当に胸を打つ映像を創り出すことができるという勇気をくれる。

- - - -

心優しいお母さんでも、宗教に熱心なおばあちゃんでも、人生の苦味を知るお父さんでも、そして子供でもなく、「幼児」が一番大切な事を知っている、というラストは珍しいのではないか。
「子供に教わる」物語は星の数ほどあるだろうが、「幼児に教わる」というのは、あまり思い当たらない。
幼児特有の腕をクネクネ動かしながら、金言を吐く、弟ソンの生意気な表情が忘れられない。

「じゃあ、いつあそぶの?」