わたしたちの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

さち

さちの感想・評価

4.4
子どもには子どもの事情が存在する_____

日本だけじゃないのね〜な小学生女子あるある。しかもあのテイストでの荒波はまさにザ・中学年。いじめと書いてあるけどどちらかと言えば女子グループカースト的なおはなし。

自分は転勤族の父を持つ身だったので転校もざらで、その度に社会を築き上げないといけなかったし、その度に女子のめんどくささも学習していったものである。いじめられたこともあるしいじめたこともある。お揃いのしかも手作りのソレだったり、カオスな思い出が蘇る。そんなこんなで観ていてなんとも言えない気持ちになるが、ラストカットがとても良かった!そして、描かれる少女たちの瑞々しさは某日本人監督を彷彿させる美しさ。


ただ遊びたいんだと言う4歳の弟ユンくんが、悟りの境地レベルに凄い。キムチチャーハンのレシピも暗記してるし(笑)天才か。ありがとう、お姉ちゃんをよろしく。
マミコ

マミコの感想・評価

4.0
言わせてください!!!!!
弟が!!!!!!!!
弟が!!!!!!!!
可愛すぎる!!!!!!!!

韓国の男児って何であんなに可愛いんですか。
実際韓国に行ったときも思ったんだけど、小さい男の子がまじで可愛い。
弟の可愛さに頭沸騰して冷静でいられなかった。

映画はなかなか良かったです。
小中学生の頃の辛い思い出が蘇って、心地良い心の痛みを感じました。
終わり方が良かったねぇ。
主役の2人は勿論良かったけど、いじめっ子の頭いい女の子が良かった!

登場人物がほとんど子供なので韓国語の勉強に良いと思います。
shoken

shokenの感想・評価

3.9
大人には大人の事情があるように子供にも子供の事情があることを忘れてはいけないと思った。子供の世界にも暗黙のルールがあって、大人がとやかく言うものじゃない。皆それぞれ、ひとりで歯を食いしばって懸命に生きている。いじめは親や先生に相談とよく言われるが、この作品ではその部分において"現実"を描いていたと思う。あと、球技でのあのチームの分け方は本当に残酷。

終盤での弟の発言にハッとさせられたのと、数年後、姉くらいの年齢になった弟はどんな子に成長しているんだろうと思った。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

4.6
最終日に間に合ってよかった。何気ない日常におこるすれ違いや難しい人間関係をとっても繊細に描いている。大人になってもおこる友情の難しさを、ちいさな子供達が感じて行動する姿が本当に美しくて愛らしくて涙とまらなかった。大好きな作品になった。今年のベストかもしれない。
まさわ

まさわの感想・評価

5.0
こんなに心臓を雑巾絞りされたようなキリキリとした痛みと、深い共感をもてる映画にはそうそう出合えない。ユン・ガウン監督は今作が長編デビューだとか、子供たちの演技には台本がなく、設定やらを確認したあと即興だったとか、みんな天才かと思う。
kat

katの感想・評価

4.1
素晴らしかった。
子供の世界の残酷さは逃げ場がないからなお辛い。
主人公のお母さんの大きさも印象的。
小学校から半径1,2km以内の世界がすべて

子供たちのいじめのお話です。
監督は小津や是枝監督にあこがれており、子役の扱いの上手い是枝監督のように台本を渡すのではなく、監督がシーンごとにセリフを教えていく形で撮影されている。そして外国の予算の作品を観るときには日本とは違ういい意味での違和感や意外性が少なからず存在するものだが、本作に関しては是枝監督が今回は韓国語で映画を撮ってみましたといわれて納得してしまうほどの是枝映画であり日本でも共通するようなテーマを描いている。

本作は観ている人の子供の頃の経験により見る角度が違ったり、同じシーンでも感想は違うと思います。大人の自分が本作を観ると今となっては簡単に対処できるはずだと思うが、子供の頃を考えると小学校から半径1,2km以内の世界がすべてだから、主人公も転校生もその他のいじめっ子も必死にもがくしかない。つまり、いじめ自体は永遠になくなることは無いのかと思いました。

今であれば韓国でもスマホ等が必ず出てきそうだが、そのようなものを削ぎ落として表現したいことをはっきりと描いたなかなかの良作。

おススメです。
これは今年一番震えた作品かも。
女の子同士の仲間意識、そして仲間はずれ。
男の子の喧嘩って殴り合ったらそれでスッキリして仲直りだけど、女の子はそうはいかない…そんな姿をリアルに描いた秀作!

これを観て村田沙邪香の「しろいろの街の、その骨の体温の」という小説を思い出した。
中学の女子グループは上中下があって、その中にもランクがあり、いかに目立たず嫌われずに過ごすかを描いたこちらも秀作です。

この監督はこれが初監督らしいですが、目線の使い方がめちゃくちゃ上手い👁
この作品はセリフより目線や空気を上手く使い分けることで、独特の気まずさを表現している。

弟の存在もいいし、お母さんが最初悪い人かなと思ってたけど、意外によく子どものことを考えているお母さんで安心しました。

ラストの結論をしっかり言わない終わり方もすきです!

僕は男なのでリアルに感じることはできませんが、女性の意見を聞いてみたいですね、、。
2017恵比寿ガーデンシネマ
小4女子にとっては学校が世界のすべてだから大変よね!
matsubo

matsuboの感想・評価

4.0
イ・チャンドン企画というので観てきました。

こういう人間関係の機微って子どもも大人も関係ないですね。
小学校4年生の女の子たちの世界。
ポスターにもなっているシーンが美しいのだけれど、その後の展開が予想がつくだけに切なかった。
弟くんの名言が心に刺さる。まっすぐさがうらやましい。
ラストシーンもよい。

子役さんたちがあまりに自然で、演技とは思えない。

字幕翻訳: 根本理恵