わたしたちの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

木葉

木葉の感想・評価

3.8
これは、素晴らしい。少女たちのアップカットが、演技ではなく、素を見せつけられてるかのようで。
いじめを主題にしたこの映画は、最初からわたしたちも、スクーリンに投げ込まれたかのよう、緊張感を持ち、息を潜めて見つめているかのようで、少女たちの表情から一時も目が離せない。
子供たちの人間関係には、親の所得の違いや、共働き、親の離婚が関係していることが、それによりスクールカーストが決まってしまったりすることが、説明なく、子供たちの表情、行動で入ってくる。いじめられる人にとって、いじめは、複雑で、痛ましくなるほど、切実だ。
主役の女の子が一見物憂げで、気弱そうにみえる。しかし、どんな状況にも幼い知性とエネルギーで跳ね除け、強く乗り越えていくさまが、頼もしい。
これは、経験では取り繕えない、場の空気の読み方、相手への行動、それに伴う変化、繊細な心理描写、子供時代を過ごしたわたしたちの映画でもある。
主役の女の子、そして、弟役の子が素晴らしい。弟の台詞は忘れられない。
すべてが、自然で、すっと溶け込むような映画だった。
kanon902

kanon902の感想・評価

4.0
あったなぁ〜。
子供の頃、こんな世界。

今思えば些細なことも、大問題で。
もう、人生の終わりかのように悩んだり。
でも、意外と「案ずるより産むが易し」
だったりして。

みんな、色んな悩みや問題を抱えて
微妙なパワーバランスの中生きてる。
ソンやジアが、まるでうちのクラスにも
居たかのように自然でした^^

弟くんの一言には、目が覚めたよ‼︎
진짜 귀여워~~❤︎
イ・チャンドン製作という事で観てきた。

ひとりぼっちのソンは夏休み中に出会った同じクラスになるという転校生のジアと出会い楽しい夏休みを過ごす。
夏休みが終わるとジアは塾で出会ったいじめっ子達と仲良くなってしまい、仲間に嫌われるのが怖いジアはソンを一緒にいじめるようになる。

これらに巻き込まれなかった女子は居ないと断言できる子供時代のイヤ〜な関係をこれでもかと見せつけてくる。
そして観せ方が異様に上手い。画面で起こる全ての事柄がサクサクと綺麗な切れ味で刺さってくる。マニキュアやブレスレットなど小道具の使い方が素晴らしい。

たかだか子供のケンカと思うなかれ。これは上部は取り繕うけど大人になっても行われている事である。子供は全身全霊でこれらを受け止めなければならないからキツイよな〜小学校の道徳の授業でこれ観せたらいいんじゃないかな。
小さい頃、誰しも通過した心の動揺。

傷つくことより、傷つけてしまうことの方が怖くて、うろたえ、もがき、一人で苦しんでしまう。
良かれと思ってした事も裏目に出るし、意を決して歩み寄ろうとしても、ものすごい音を立てて目の前のシャッターが降ろされたような仕打ちを受ける。

それでもどこからか福音が聞こえてきて、ホンのちょっとした勇気が湧いてくる。

そしてまた、何度でも友達になれる。

大人になると、いろんなものが邪魔をしてなかなかアタマをさげることができない。
そもそも"友達"ができない。

でもそんなの全て言い訳だ。

自分が可愛くって傷つく事が怖くなってるだけだ。

背中の荷物を少しでも下ろせば自然と笑顔も戻ってくるはず。
しかめっ面が大人の証と、一体誰が決めたんだ?

ほんの少しの勇気を出して笑顔を作れば、誰かが声をかけてくれる、いつか。

と、ついぞ笑顔を忘れていたワタシにそんなコトを投げ掛けてくれたようだった。

下のまぶたをこじ開けて、玉のような涙の粒がボロボロと溢れ出すのがわかった。

しかも、断りもなく勝手にだった。
こっちだっていい大人なんだから、心の準備ってのがあるだろう、バカ!
あなた

あなたの感想・評価

3.6

飽きなかったな~。前半と後半のコントラストがすごい。

鑑賞後は自分の子供の頃を、いろいろとおもいだした。
陰湿で過激なだけがいじめじゃないし、ハブられた同士で仲良くするとか、そういう簡単なことではないんだよねー。リアル。
弟ちゃんが死ぬほど可愛いよ。

ラストの展開に監督の意図が伝わって
ただ淡々と描写するだけで終わらなかったので、とてもスッキリしてすごくよかった。

最後のカットで、「何でこのふたり、喧嘩してたのだっけ?」ってはっとさせられた。

このレビューはネタバレを含みます

クラス内のイジメを描く作品は数多くあるのだけれど、この作品の特出ところは主人公の表情であろう。

頭から水をかけられたり机に花瓶を置かれる事もないけれど、明らかな疎外感がある。そんな中、現れた転校生と夏休みを通して仲良くなるけれども、新学期が始まりその転校生も距離を置いてくる。

けれど、ソンは過剰な怒りや悲しみの表情はしない、それが生々しい。そこには何か理由があるのであろうと信じようとする心、認めてしまえばほんとうにひとりになってしまうかもしれない不安、ジアの事が大好きだという想い、まだ幼い女の子はきっと何に違和感を感じているのかも分からずに、それでも感情を思い切り出さないことがベターだとだけは分かっているといった表情かもしれない。

ソンとジアはお互いを大好きである、けれど世界はふたりだけではなく、互いで見せ合う顔とは違う顔を第三者の前でしなくてはならない、そうでなければ、何故なのか分からないが社会から仲間外れになってしまいそうだから、弱みに付け込まれて恥ずかしい思いをするかもしれないから。

そんな、弱さを持ったふたりが向かう結末は、きっと世界は変わらないが、変わらない世界に文句を言い合えるふたりになったような気がして良かった。

イジメの問題は難しい。クラスという小さな単位で、それぞれの体も心の成長のスピードも違う、家庭内の問題は決して話すことは出来ず、話してしまえば同情なんかよりも弱みとして付け込まれてしまう。まだ、多くの子供達がここだけが全てじゃないと割り切って達観することも出来ず、多数派が力を持ち、多数派とは違う自分の思いは意識せずとも仲間外れにならないために潰してしまう、同じであろうとする。そうして、人間のむき出しの残虐性の中、優劣がつけられ、自分より下の人間を作り出してしまう。下にされる子は、その経済力も家庭の問題もたまたま標的にされる不運なども自分ではどうするとも出来ないことなのに、羞恥心にさいなまれ、誰にも話すこともできない。

この恥ずかしいという感情がややこしく、怒りや悲しみを超えて心を支配し、恥ずかしい自分を人に知られたくない知られてはいけないと我慢してしまうのである。
大人はいつも、子供達のイジメに対して、「嫌なら学校に行かなれば良いんだよ」「いつか時間が解決してくれる」「大人になれば大したことじゃなかったと思える」というけれど、それでは恥ずかしさから救えないのだ、その子たちにとって大切なのは「いつか大人になったら」ではなく、「今」なのである、一緒にいじっめ子の文句を言えるたった1人の仲間が大切なのだと思う。

子供の話ではないのだ人間の話なのだと思う、子供であったことのある大人は大人になったことのない子供の気持ちを分かったように話してしまう、子供にとってそれが全てである世界の話をちっぽけな話としてしか捉える事ができない。

イジメはあるのだ。批判では救えない。イジメはなくなっても、子供のうしろめたさや、違和感を取り去ることは出来ない、子供の残虐な攻撃性は僕ら大人と変わらなく、それに対する防御だけが弱いのだ、僕らができることは何だろうか?

イジメのある学校を良くない学校、先生がいると否定せず、向き合うことだ、まずは学校がイジメを隠さず、真剣に悩み、気づこうとして、少なくともイジメが原因で自ら命を落としてしまう子供をゼロにするために僕らが話し合わなくてはならない。

酔っ払っていて、よく分からないことと長くなったことをお詫びします。それでも、皆さんが誰かの話し相手になってあげることを真剣に願っています。
nr

nrの感想・評価

-
2017/10/16
YEBISU GARDEN CINEMA
ヤット

ヤットの感想・評価

5.0
小学生の何気ない日常のお話ですが、これは大人の映画です。
個人的に今年のベスト級の一本でした。

是枝さんに影響を受けた作風ですが、よりソリッドな印象でした。
今後の作品も期待できる監督さんがまた一人増えました。
素晴らしい作品に出会えてよかったです。
hitomi

hitomiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

昨日まで仲良く楽しく遊んでたのに、なぜか突然ぎこちなくなる。自分が何かしたかな?何か言ったかな?とか考えても分からなくてモヤモヤ。。
あんなに楽しかった日々は幻だったのかな?と思うけど、爪にはたしかに花の色が残っている。
2人きりでいた時はお互い素のまま接することができたのに、そこに他の誰かが入ってきた途端その関係が崩れてしまうかのような感覚。
嫌なことがあってもどうすることも出来なくて心が壊れそうになる、自分の経験と自然と重ねてしまい、ソンの気持ちが痛いほど伝わってきた。というか私にはそう感じられた。
大げさでなく、丁寧に女の子たちを描いていたのがよかった。
最後はちゃんと仲直り出来たかな?出来てればいいな。
2017年183本目
Stephen30

Stephen30の感想・評価

4.0
子供の時って何も考えなくても友達になれたよね

小学4年生、徐々に周囲との差を意識し始めるころ。運動、勉強、貧富、更に最近では携帯や塾など。おとなしくても目立ちすぎてもダメ。そんな違いがいじめに発展してしまう

いじめと言っても過剰な描写は無く、穏やかに心の痛みや切なさを伝えてくる。そして友達っていいなぁと実感できる良作