とし

荒野の用心棒のとしのレビュー・感想・評価

荒野の用心棒(1964年製作の映画)
3.0
今から50年以上前に制作された、マカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇ですね)です。

内容は黒澤明監督の『用心棒』をパク…インスパイアした物で、ほぼ合致(笑)。まぁ、バレて訴えられ、敗訴してますからねー。

クリント・イーストウッド演じる流れ者が、とある町に立ち寄り、その町を牛耳っている二大勢力相手に上手く立ち回り、町を平和にする…といった内容です。若いイーストウッドが、めちゃ格好良い!いま観ても、決闘シーンは爽快ですしね!そしてテーマ曲が、いつまでも耳に残ります!

ただ、現代のCG全開作品と比べると、見劣りする部分があるのも、確か。銃を撃っても、銃声だけで人が倒れ、血も出ませんしね。撃たれた人がまたがっていた馬、キョトンとしてますもん(笑)。1発ぐらい、馬に当たっても、おかしくは無いよねぇ?