blank13のネタバレレビュー・内容・結末

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

「blank13」に投稿されたネタバレ・内容・結末

お葬式の話と事前に耳に入っていたけど、父親に振り回され苦労した家族の話。共通点を感じて気分沈む。お葬式って不思議な催しだと、故人のためというより残った人のためのものという見解がこちらを観てさらに強くなった。

見る角度によって人の印象は変わる。
借金残され失踪されれば、子供からは迷惑な毒親でしかない。貸してくれた金が借金とは知らない弔問客から見れば恩人だ。
だから、その為人やら性格というのは、自発するものではなく、第三者によって様々に受け取られ、形作られるものなのだろう。

故人や親を悪く言う風潮を否定されてしまう世の中に疑問を抱くのだが、死んだらみんな良い人になる訳はない。地獄でも苦しめと思うほどの悪人はいる。

友人のための借金だったことがわかり、救われた人もいたことを知る。恨みしかなかった父親の知らなかった意外な一面を知り、葛藤が生じる。
内田也哉子さんの素晴らしい弔辞を思い出す。「Don’t Rest In Peace」
「毒親」という言葉と存在が浸透してきた昨今。親子関係って閉ざされた空間での問題だから、他者からは理解されにくく、一般的な家庭との比較も難しいため、自覚すること含めて厄介だ。

毒親だった過去を、恩人と感じてた弔問客にぶちまけたいけど、知られたくない一面でもある。

監督と出演とをこなした斎藤工自身も複雑な想いや過去を抱えているのかも、なんて感じてしまった。

それにしても、リリーさんて元々はイラストレーターだよなぁ。ひとくせあるオッサン役をやらせたら他の役者さんに負けない存在感。
借金の取り立てが毎日家に来るって私がその家の子供なら、、、。

借金して更に蒸発した父親のことなんて忘れてしまいたいと思うのは普通、、。
けど楽しかった思い出や嬉しかった思い出があるのも事実、、。

13年のブランク。

父親はどんな人だったのか、、、。

父親の葬儀の近くのお寺では盛大な葬儀。
雇われた人達が葬儀に参列。

父親の葬儀に参列してる人数なんて少ない、、、けど参列してる人達には確かに思い出があって涙してる。

最低な父親、もう会うこともないと思っていた父親の人柄を知る。



短い映画だったけどギュッと濃縮されてて涙あり笑いあり(私は笑いが多かったけど)で良かったです。
家族って大変だ
結果よければすべてよしとまではいかないけど
父ちゃん思ってたより悪い人じゃなくてよかった
✎__________________

僕も父のことが大嫌いです。
でも、少し好きなきもします。

✎__________________
リリー・フランキーさんが演じると本人にしか見えない。リアル。

幸明荘、観たことあると思ったら、『トリック』で山田奈緒子が住んでいたアパートなんだな。
父親の葬式の話。
日本映画独特の間が苦手。
‪斎藤工監督の「blank13」、ナメてかかったけどめちゃくちゃ良かった。キャストがカブって、家族がテーマという所もカブる「万引き家族」を先週見たばかりだけど、こちらの方が好きだ。
短時間ながら、深掘りされ過ぎない登場人物、絶妙な時系列の配置、ハイライトでもある佐藤二郎司会の(やややり過ぎの)葬儀シーン、隣の偽りの大葬儀、などなど、斎藤工の爆発するようなセンスとエネルギーが凝縮されている。
この無愛想で不器用な愛は男性向けかも?
そしてエンディングのハナレグミのカバー曲もジャスト。この曲にそもそもインスパイアされたのかな?と思った。
俳優の斎藤工さん監督の映画。とある男性の家族との人生を、男性の葬儀に集まってくれた数少ない知人による思い出話をもとに辿っていく、のほほんとした映画。

wowow 映画工房では斎藤工自身が、ぜひ見てほしい作品の1つとして勧めており、この作品のために一度は断られた高橋一生の出演受託をクランクインのギリギリまで待ったとのこと。

斎藤工本人も出演していて、葬儀の中で斎藤工自身がセリフを言うシーンが見どころでもあることを言っていた。

個人的には、過去の振り返りのシーンの数々が好きだったかなあ。
いずれにしても、本当にギャンブルばかりして何も人生の中で残してきたものがない場合にも、意味のある家族観があるんだな、と思わされるなかなかステキな作品でした。

ちなみにアメリカのパンクロックが好きな人はついblink 182と呼んでしまいそうなタイトルです。
決して面白くはないけど、ありふれた映画になってないとこに好感が持てる齊藤工の長編デビュー作。
前半と後半でトーンをガラリと変える構成や、有名人のカメオ出演ラッシュ、黙らない佐藤二朗など、見どころ満載なので飽きずに最後まで見れました。
嘘です。佐藤二朗に早く黙ってほしかったです。
“70分の映画”と言えば、コンパクトな作品のように聞こえますが、内30~40分を佐藤二朗が占めてるからね。長えよ。
需要と供給合ってなさすぎだわ。在庫処理か。
絶賛売り出し中ってくらいグイグイ前出てくるじゃん。
もうちょっとしたトラウマだし、当分見たくないです。
なんていうか、上手いんですよ。すごく。役にハマりすぎてるんですよね。いい意味で苦手だし、いい意味で無理です。
ところで次回作の話なんですけど...佐藤二朗抜きって出来ますかね?
借金取りに追われる幼少期を送った兄弟。
女手一つで苦労して育てて貰った。
博打で借金を作りまくっていた父はある日蒸発する。
そんな父が病気で亡くなり葬式をする。
そこには、空白の13年と自分の知らない父がいた。


ひたすら、もやーっと、だらーっとしてます。
メインが葬式のシーンですが、どんな葬式やねんって突っ込みたくなるような葬式。
参列者もキャラが濃過ぎて、自分やったら泣かれへんなと思うような葬式。
結構好みが分かれそうな作品で、謎の間が多いなと。
結構、見てる側のメンタルにお任せする部分が多いなと。
一つ言えるのはリリーさんは、だらーっとしたおじさん役がめちゃくちゃうまい。
サイコっぽい役も上手いけど、今回の役は本当にそこらへんの雀荘に居るであろうとゆうくらいリアルだった。
めちゃくちゃ面白いとは思わなかったけど、人に色んな側面があることや、ただただ見栄を張って他人の目を気にするよりも大事な事があるとゆうことが分かったからまあまあ好きな部類かなと。
とにかくリリーさんが上手い。
>|