blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

笑ってはいけない伊藤沙莉
演出が上手かった。
斎藤工予想以上にしっかり硬派な映画撮るんだなと思った。
「空白の13年間」

俳優の斎藤工が「齊藤工」名義で撮った長編監督デビュー作。放送作家のはしもとこうじの実話を基にした話。

小さい頃に消息を絶った親父が13年振りに見つかったけど余命3ヶ月だったという粗筋。昔と今を交互に描く前半と親父が死んだ後の葬式の様子を後半に描くというざっくりな2部構成みたいな形を撮っている。

俳優の斎藤工は好きでも嫌いでも無かったが、さすが映画が人一倍好きだな、と言うのは伝わってきて好感度は上がった。ぶっちゃけ話は取り立てて平凡だし、後半はコメディに走り過ぎてる感はあるが、それでもちゃんと映画だなという感覚は実感できたし。

平凡なストーリーも、70分という短い尺の中、空白の13年間を多く語らず、昔と今、それに役者達の表情や空気感だけで演出出来ているのも良い。根っこはクズじゃなかった親父に対する気持ちを高橋一生始め皆上手く演じている。次回とかに期待できるデビュー作だった。

余談、芸人を多くキャスティングしてるけど、それでも佐藤二郎の存在感は強烈。この人を福田監督以外の作品で久しぶりに見たけどノリは福田組そのまんまだったな。結局この人はこういう感じじゃないといけないという共通認識でもあるんだろうか。この人のシリアス演技も久しぶりに見てみたいがのう。
ま

まの感想・評価

3.8
シリアスなムードから一転してコミカルなシーンへ。
相反する2つの面を持ちつつまとまりがある。1つの映画を通して家族の形を表現してるように感じた。
1時間ちょいで見れるのも良かった!
Kanafk

Kanafkの感想・評価

4.0
201802つくば
俳優さんが監督をやるとコケるイメージがありました…(小声)
でもこの人ってすごい。間の感じとか。
キャスティングとか。なんかすごい(語彙力)
内容とかはいたってシンプルだけど、救いがある映画だった。リリーフランキーというひとは最高な役も最低な役も似合うなと感じさせてくれた。
Mii

Miiの感想・評価

3.5
うん。
静かにあったまって。
静かに氷が溶けていくような。
家族なのに知らなくて。
家族じゃないのに知ってる父の顔。
家族に見せたらいいのに。
それをしない、しなかった父がまた少し愛しく思えるような。
じんわり余韻が心に響く、そんな映画でした。
Nadegata

Nadegataの感想・評価

3.4
お葬式ショートコント。エンディング曲でなんとなくまとまる
Y

Yの感想・評価

3.0
くっきー!
>|