blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.6

あらすじ

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の…

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

「blank13」に投稿された感想・評価

笑ってはいけない伊藤沙莉
na

naの感想・評価

1.0
わたしには良さがわからなかった
るー

るーの感想・評価

3.5
佐藤次郎最強説
それで?と、終わった瞬間まず思ってしまいました。 後半の葬式のシーンは笑ってる人も数多くいましたが、自分はクスりともならず。 正直、サービスデイに観てまだ良かったという感じです。神野三鈴さんは良かったですが、高橋一生さんや、松岡茉優さんはムダ使いで終わってしまったかな。
斎藤工が関わるっつったら予算が付くなら、監修に回ってもらって、若手監督を起用してあげて欲しいって思いました。回想の入り方とかダサいし、全体の見せ方も葬式あるあるとMASKMEN組の悪ふざけと佐藤二朗の在り来たりな使い方が目立つ。斎藤さんが作りたい映画ってこんなもんなのかよ。

このレビューはネタバレを含みます

キャストがもったいない。斎藤工ありきすぎる。
ムーディ映画で言葉がすごく少ない。理解するのに時間がかかる。松岡茉優は妹かとおもったわ笑
幼少期のキャスティング的に年の離れた兄が斎藤工で弟が高橋一生?1,2歳差に見えるし、、、、
すっごい豪華なキャストをちょい使いする(1秒くらい)あたり斎藤工の人脈スゲェーしか思わなかった。全員友情出演なの?
やりたいことをやらしてもらえて俳優はすごいね。
ずっと暗くて不幸。途中で佐藤二朗?が出てきたところから面白エピソードを加えてblankの13年を明かすとか思ったらそんなのナシでしたw 野爆のくーちゃんはマジ2秒ww 予告編に出たセリフしかなーい。佐藤二朗さんに頼りすぎじゃね?あと最後の斎藤工出て行くシーンなぞみ。
まめら

まめらの感想・評価

3.3
 わかる、空気に飲まれちゃうことってあるよね……と思った。
そんなに期待もなく見始めたので、そのままの低い温度感のまま終了。
あるよね、こういうの、ってか葬式って大体こうだよね。というかんじ。
誰にでも愛すべきところがあるのだ。

シンガポール行きの飛行機にて。
不思議な空気感のおもしろい映画でした。葬式で笑ってしまうの、わかるなあ。
斎藤工さんは映画めっちゃ見てるだけあって映画的センスが素晴らしいと思う。独特な空気感で万人ウケしなさそうな作品だけど、それでも観客を引き込む作りになっていて凄いと思いました。

父と子の深い溝。散々にそれを写した挙句の後半のあの展開。ビッグフィッシュとは違い笑いに持っていくあたりも新鮮で良かった。

リリーフランキーと高橋一生の演技が素晴らしい!
>|