blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

まりあ

まりあの感想・評価

3.8
お母さん役の人がでてくるたんびに泣きそうになった。
盛り上がりはないけど所々じーんと来るシーンがあった。
家族の風景の曲が染みる。
ロクでもない父親が急に現れ、死んで、憎しみと悲しみの感情が交錯するっていう極端な話ではあったけど、実際父と息子って一定以上の距離があって、知らないところ多いし、愛情が目に見えないってこと少なくないんじゃないかなあなんて考えさせられた
うこん

うこんの感想・評価

2.5
期待しすぎたかも、佐藤二朗にもってかれた、でもリアルで静かに染み込む、面白かった
面白い。
短いのがいいけど、もっと短くてもいいし、
前半もっと長くてもいい。
後半佐藤二郎さんばっかり注目しちゃう。
事実を元にしたお話ってことで、この話だけでもとてもいいと思いますが、映画にした時の演出で
印象も、変わるんですよね。
そういった意味でも良かったと思います。
2019.08.11 #019
tsytaya rental

とても静かな映画です。
今までにもありそうな内容だと思いましたが、俳優さんの演技の見せ所な映画だとも思いました。
お母さん良い味出てました。
クッキーは予想外で爆笑しました。
家族の風景がエンディングで使われてて優しかったです。
どうしようもなくだめな父。でもお葬式の中でそんな父のいろんな面が見えてくる。自分も勤めていた時こわい先輩がいてみんなにちょっと嫌われていた人がいた。でもその人の発言によって助けられること、その人しか気づいてくれないこともあった。私は母とすごく仲が悪くて大嫌いだけど母も誰かに慕われたりしながら生きている。私だって。みんな生きている中で誰かにとっては尊敬され、誰かにとっては嫌悪感を抱かれたり…斎藤工いい作品だった。お兄ちゃん役として少しでてたけどかっこよかった💝高橋一生や松岡茉優などもいい味をだしていた。くっきーとかがなー。斎藤工芸人の友達多いからなんかそこはプライベートが見えちゃったな😅短いながら記憶に残る一作。良作でした✨
葬式コント映画。

リアルな演技とキャラと良い脚本の揃った良作邦画。
面白くて悲しくて観てるのが楽しくて辛い映画体験でした。

コメディはまあまあ笑えたし、ドラマ部分は辛くて悲しかったです。真面目とおふざけのメリハリがしっかりしていました。

けどコントは少し間延びしたかな。もうちょい短くて良かった。

若干安く見える部分があります。

お父さん色んなことやり過ぎ。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.4
斎藤工の本人出演作であり監督作品。割と良かった、という感想になってしまうけど、雰囲気づくりは上手だった。
リリーフランキーが昔出て行った父親役なんだけど、哀愁あるし本当にこの人こういう役似合うな…松岡茉優も出てたので万引き家族思い出したけど、雰囲気的に似てるのは聲の形でした。
主人公の高橋一生も、父親と確執のある息子、という役柄ぴったりの演技。

途中まですごく好きな雰囲気だったけど、葬式の部分から急にコントじみたのがかなりテンポを崩された。父親のイメージが変わるっていうタイミングだから意図的なんだろうけど、やたらと間延びしているし雰囲気がガラッと変わりすぎた感じ。
ラストなどは綺麗に終わってて映画としてきっちり作られていました。斎藤工すごい。
AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

リリー・フランキーさんが演じると本人にしか見えない。リアル。

幸明荘、観たことあると思ったら、『トリック』で山田奈緒子が住んでいたアパートなんだな。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.1
斎藤工はインタビューで、紹介されにくい国の映画を買い付けて公開したい、と語っていた。

映画制作にも興味がある俳優さんなんだろう。そんな彼の初監督作。

まあ、人気俳優の処女作にしては、、よくまとまっていたのかな。

上映時間を絞ったことも良かった。→初作品は、長々としてしまう傾向があるから

でも、盛り上がりや面白みがあったかというと、、、、、

それに、借金まみれで家族に迷惑をかける男がリリーさんって言うのも、当たり前かな、、
なんか「万引き家族」の続きを見せられているようで、新鮮味はない。

って、いうか映画としては、リリーさん頼みみたいなところが大きいかな。

それから、悲惨な話に笑いのテイストを入れたかったんだろうけど、葬式でのスピーチも、ちょっと取って付けた感があるかな。

あそこも、佐藤二朗に頼ってるかな。

キャッチボールとか、作文とか、息子からあげたタバコとか、小道具をもっとうまく使え方かな、なんて、生意気なこと書きました。

でも、どんどん、こうやって、主体的に映画に関わっていってください!

って、また生意気なこと書きました。ごめんなさい🙏
>|