blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

mountain

mountainの感想・評価

3.4
後半の佐藤二朗によって少しだけ見やすくなったというか、見ている自分が少し軽く見れるように感じた。

エンドロールの曲がとても良かった。
Nya-o

Nya-oの感想・評価

2.8
うん、シュールな笑いもあってわりとみやすかった。
すごく身近にありそうな、リアルなお話でしたね、
さゆ

さゆの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

借金の取り立てが毎日家に来るって私がその家の子供なら、、、。

借金して更に蒸発した父親のことなんて忘れてしまいたいと思うのは普通、、。
けど楽しかった思い出や嬉しかった思い出があるのも事実、、。

13年のブランク。

父親はどんな人だったのか、、、。

父親の葬儀の近くのお寺では盛大な葬儀。
雇われた人達が葬儀に参列。

父親の葬儀に参列してる人数なんて少ない、、、けど参列してる人達には確かに思い出があって涙してる。

最低な父親、もう会うこともないと思っていた父親の人柄を知る。



短い映画だったけどギュッと濃縮されてて涙あり笑いあり(私は笑いが多かったけど)で良かったです。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

家族って大変だ
結果よければすべてよしとまではいかないけど
父ちゃん思ってたより悪い人じゃなくてよかった
Rinko

Rinkoの感想・評価

3.5


突然失踪した父
空白の13年間が父の死後に埋まっていく―
実話に基づく、ある家族の物語。

観終わった後…
ジワッーーと沁みる作品でした

70分という映画としては短い時間の中で
回想シーンも織り交ぜながら
家族の歴史が紐解かれていく前半!

そしてさながら自分も葬儀に参列している感覚になってしまう後半は役者さん達のアドリブで撮ってるというから驚きです!

すごく贅沢な70分

映画館で堪能できて幸せでした
yaeko

yaekoの感想・評価

3.6

いるよね、こういうさ、
家族には酷な人でもそれ以外の人には優しくて親切で、わりかし愛されてるような人。

だからこそ家族にとっては余計複雑でやっかいなんだよね。
昔の記憶とかだってあるし、
憎みたくても憎み切れない。
嫌いたくても嫌いになり切れない。

どこで心の落とし前をつけるか、どういう存在として昇華するか、または消化するか。

家族というものの恩恵と因果よ。

それにしてもリリーフランキーさんてすごいな。
2時間ぐらいの尺で見たかったな。なんか中間のエピソードがすっぱ抜けて、いきなり喪に行ってしまっている。しっとりとした感じに浸るには70分は短い。ちょっと詰め込みすぎた感。使っている役者も演技もいいだけに。
つぶ貝

つぶ貝の感想・評価

3.3
最後の高橋一生が語るシーンは高橋一生の複雑な家庭環境とかネットで見てたらお母さんのことと重ね合わせてたんじゃないかなと勝手に思ったり
佐藤二郎は相変わらずすごい存在感
演者的ではあるんだけど、ラストシーンは中々決定的。
視覚化する過去と、語られる過去。
>|