blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

Pudding

Puddingの感想・評価

3.0
前編シリアス、後編まさかのコント!

後半から頭角を表す佐藤二朗が主役でいいだろうというくらい存在感あり。正直、あれ見たら前半のドラマチックなシーンが記憶から吹っ飛びます。現に自分は飛びました。
nao127

nao127の感想・評価

3.8
2019/108
トンビ

トンビの感想・評価

3.7
上映当時、地元の映画館では上映対象外で、泣く泣く見るのを諦めた作品。

斎藤工が監督を務めた作品でもある。

今作は、70分という短い時間なのにもかかわらず、沈黙の時間が多かったのが印象的だった。
その分、ほんのわずかな表情や仕草で、
語られていた気がする。

また、病院の屋上での、リリー・フランキーと高橋一生が会話するシーンでの距離感が、2人の心の距離を表しているように感じた。

そして、意外とハマっていたのが、
佐藤二朗を葬式に集まるメンバーの中で、一番まともな人として、キャスティングしたことだ。
彼にあえてその場を仕切らせることで、今作を作品としてのギリギリのラインに留めていた気がする。

息子たちが知らぬ父の姿が、どれだけのものか正直期待を膨らませていたが、
その機体は、いい意味で裏切られた。
実話を基にしているため、当たり前ではあるが、リアリティが半端なかった。

どんなに父を憎んでも、楽しかった思い出は消えない。
どんな父を嫌おうとも、そんな父を慕っている人たちがいたことは変わらない。

とにかく家族について、色々と考えさせられる作品だった。

我々子供は、家にいる父の姿以外多くは知らない人が多いと思う。
そんな家の外の世界での父の姿を知ることで、見方は何度でも変化する。
そんなメッセージを、今作は、私たちに投げかけているのでないだろうか。
智大

智大の感想・評価

3.8
日本の片隅にある不幸な家族を描ききっている。ただただ不幸。だけど、そこには普遍性もある、特別不幸なわけではないよくある一家族という点もまた不幸でもある。

、、、と思ったが、葬式のシーンで佐藤二朗が登場してからのリズム感に圧倒された。笑いあり、温かみあり、そして切なさもある映画だった。

ラストに母がゆっくりと煙草を咥えて紫煙をたちのぼらせるシーンが美しい。
ユ

ユの感想・評価

3.9
もう一度落ち着いて観たい
高橋一生丁寧な演技をする人という印象
佐藤二朗キャラ強い
蒼海

蒼海の感想・評価

4.0
期待の地平通りの展開ではあったけど良かった

葬式のシーンなのに佐藤二朗が佐藤二朗で、佐藤二朗だ…ってなれちゃってシュールだった

喪服でハイライト吸うシーンと火葬のシーンが並行してたとき心持ってかれた
必要以上に美化されすぎてなくてなぜか安心した。
家族それぞれの、簡単に白黒に分かれない感情によって観ている側も映画の中に引きずり込まれてしまった。
ただ最後の写真は私は無い方がよかったかな…。
伊藤沙莉さんのあの感じ好きです。
yukimi

yukimiの感想・評価

2.3
普通に面白くなかった。はいりこめんかった…
葬式に来た人の個性爆発
葬式は規模じゃなくて悲しんでくれた人の人数なのかなと思わさせられた。
題材は暗いけど飽きなかった!
実話ということに驚き。
>|