YukiAsami

ゲット・アウトのYukiAsamiのレビュー・感想・評価

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
4.1
不愉快で不気味、それでいて面白い。
本当にホラーとコメディは紙一重だなと実感する映画。

「何か変」という謎の居心地の悪さを散りばめてるけど、物語自体はゆっくりと進行していく。
その居心地の悪さを鑑賞者も体感せざるを得ない。

後半からは怒涛。
畳み掛けるように伏線の回収がある。

テーマは人種差別。
この映画観てて「差別は良くない」という思考が多くの人に生まれる。
でも皮肉めいたことに、その多く人がラストに「希望」ではなく「絶望」を無意識に期待するように仕上がっている。

その自分の根底にへばり付いてる差別意識を無理やり掘り起こす映画。

だからスッキリしない。
だから他の映画とは違う。
これはすごい。