ハッピーアイスクリーム

ゲット・アウトのハッピーアイスクリームのレビュー・感想・評価

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
3.7
アフリカ系アメリカ人の青年が、白人である恋人の実家で、恐ろしい体験をするスリラー。

深層心理の中にある劣等感と差別意識。

ホラー映画で数々のヒット作を手掛けるジェイソン・ブラム製作のもと、元コメディアンとして活躍していた監督のデビュー作。アカデミー脚本賞受賞。
B級ホラーな雰囲気と程よいコメディ要素が面白かったです。
TSAのブラザーが最高だった。「あの女…天才かよ!」は笑った。

ストーリー展開は、何かがおかしいというよりは、最初からずっと不自然な感じ。
最初の事故でやたら身分証の掲示に反抗するところから、ちょっとワザとらしく感じて、後は同じような疑惑の繰り返しが続くだけに見えてしまい、もうちょいジワジワ煽る方が個人的には好み。
黒人に対する差別と見せかけて実は…みたいに見せたかったのかなと思うけど、伏線張り過ぎで期待が高まっていた分、真相に驚きが足りなかった。
ただ使用人2人の正体には笑った。

この映画の中では黒人である主人公の方が、被害妄想のような差別意識があって、白人側はイカれてはいるけど、黒人に対してある意味憧れのような意識があるのが印象的でした。

DVDにはもう一つのエンディングや未公開シーンもあり、なかなか面白い内容だったので、おすすめです。

個人的にはローズも催眠術にかけられてた説が好き。