オル

ゲット・アウトのオルのレビュー・感想・評価

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
4.0
ゲットアウト!の意味とは?

GETOUTの意味を考えながら観るととても面白い。

ホラー括りではあるがサスペンス寄りのサスペンス。

この映画の良き点は人種差別を敢えて人種差別の問題として取り上げている事。
決して肯定的に捉えておらず、あくまで問題なのだと提唱している。

その手の話なら『グリーンブック』はお勧めなのでホラーじゃないけど是非。

元々、制作者は人種差別問題を多く取り扱った作品を手掛けているそうでそれが顕著に出ている。

何もわからずに制作しているのではなく、問題として取り扱っている点が大変好感を持てる。

そして、特典映像に含まれていたホラーとコメディは似ているという話。

これは他作品のレビューにも記載しているが賛同を禁じ得ない。

この考え方は興味深い。

さて、そんな事は置いておいて本編のお話。

黒人男性が白人女性と付き合っており、女性の両親に顔見せをするという所から始まる。わけではないがそういう話。

その前にはプロローグがあるがご覧頂けばわかる。

正直、ホラーとしてもサスペンスとしてもほぼ一辺倒。

他は特に言うまい。

観ればわかる。

取り扱った題材とサスペンスの掛け算が巧かった。

そこに尽きる。

ちなみに特典映像でもう一つの結末。
というのも観られるがこちらも本編結末と併せて良かった。

個人的には本編の方で正解だと思うがホラーとしてなら後者。

要注意なのが実在する人名、作品名が出てくるが知らないとわかりづらい面多々あり。無知がバレる。

以下、ネタバレにもならないネタバレ










展開読めすぎー!もう後半は思った様に事が運び過ぎて笑ってしまった。

ホラーとコメディは紙一重!この説はやはり間違っていない。確信を持てた作品であった。

しかし、ヒロイン美人だった。