LoveAnimal14

ゲット・アウトのLoveAnimal14のネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

これってホラーなのですか?それともサスペンス?はたまたミステリー?
はっ💦こんなふうにズルズルと考えていると、言われちゃいそうですね。
「Get Out!」って💦ギャ〜〜〜😱

というわけで、ホラー克服キャンペーン中のボクなのですが、フォロワーさんに「これなら大丈夫🙆‍♂️」と教えていただいたのでレンタルして観てみました。

普通にホラーが好きな方は、部屋を暗くして雰囲気作ってじっくりと観るんでしょ?
ボクはまったくその逆です。部屋を思いっきり明るくして立ったまま観ます。右手にはいつでもOFFにできるようにリモコンを持ち、左手は目を隠せるようにかまえておきます。なぜかって?…めちゃくちゃ怖いからに決まってますやん💦💦

本編ですが、オープニングのヘッドロックからただならぬ嫌な空気感。黒人の彼と白人の彼女の仲睦まじいシーンでチラッとほっこりさせといて、彼女の実家へ向かうシークエンスから徐々に不気味さが…。実家に着くと、なんとなく違和感満載の黒人の使用人2人、見つめる視線がかなり怪しい。白人だらけの親睦会では黒人の彼クリスに対して、やたらと黒人いじり。しかし白人の彼女ローズだけは、いつでもクリスの味方です。それでも気味の悪い出来事は続き、気づけば地下に監禁状態。実はこの一家は秘密結社で、黒人の身体能力やセクシャリティを白人に与えるおぞましいファミリーなのでした。さあ、どうする?クリス…。

怖がり屋さんのボクが最後までリタイアせずに観れたし、面白いとも思ったので…これはホラーではなく良質なサスペンスなのではないでしょうか?
監督さんが黒人の方だから、自虐ネタをさらっとインサートして映画をより面白いものに昇華させている印象でした。ラストの黒人の友人が助けに来るとこなんて、自虐からの自尊心のようにも感じられました。

でも、真夜中に全力疾走でこちらに向かって来られたら…怖い、怖い💦
あのシーンで全身に鳥肌ぶわぁーっ😱
ボクは怖いもの見たさという機能以外にも「秒で鳥肌」という新しい機能も搭載していたようです(笑)ただ走ってきただけの人にこんな鳥肌たててたら、東京オリンピックの陸上競技なんか観れませんね。鳥肌たちすぎて終いには鳥になって、どこまでも飛んでいくかもしれません🕊

いやいや、この一家…なかなかです。よくできてる💦親父はオペ、母親は催眠、弟は拉致、そしてローズはやり手のハニートラッパー♡…完ぺきに組織化されてる。
本当にクリスが気の毒です。

地下に監禁されたとき、目の前のテレビから…貞子出てくるかとヒヤヒヤしました💦

まだまだ、この程度でホラーを克服できたとは言えませんが…ボクにとっては大きな第一歩でした😊

最後に五七五ならぬ五八五で(笑)

「気をつけろ 白人女と その実家」