ゲット・アウトのネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

1回目見ただけじゃ分からんところがいっぱいある、、
こわい。このハラハラさせられる映画久しぶりやった
そんな話じゃないと思ってただけにもっと怖かった😭
黒人差別ってもうあんまり無いんかな〜って思ってたんやけど、あるんやな、全然知らなかった
洋画独特の急にSFを組み込んでくるあたりがちょっと好きではなかったけど、怖さとしては抜群なので嫌いではない
・ミスリードが浮き彫りにする鑑賞者の潜在的差別意識
・カメラのフラッシュ-スマートフォンが、白人による黒人差別を抑制する機能を持つ
・疑問として残る点は白人とともに現れた日本人の柔術の達人の存在 戦闘に長けた肉体を有する日本人に白人が移植されているのか、それとも白人であるかのように振る舞う日本人を皮肉っているのか
・作品を通して笑ってしまう箇所が散りばめられており流石アメリカのコメディアン
 主人公に対して白人が「タイガーウッズ」「夜が強い」などといったステレオタイプをぶちまけるのは滑稽だった
・ホラー、ミステリー風味がありながらも、人種差別問題に対する強烈なメッセージ性のあるエッジの効いた作品。
・それでいて脚本が非常に緻密で、伏線の貼り方が素晴らしい。
・基本的にはコメディタッチのホラーなのだが(ホラータッチのコメディ?)、現実のトランプ政権に対する警鐘も十分感じられる、社会批判とエンターテイメント性を高次元で達成した傑作。
真夜中のランナー
登場人物にいい奴が一人しか見当たらなかった、、、
そいつが出てきたときの安堵感半端なかった笑
今まで見た映画の中で、1番人に勧めたくなるが何故かそれが惜しくもある映画。
主人公のガールフレンドの家にどこか不気味さがあるという表現が浸透するように伝わってきた。
GETOUTという言葉は出ていけという意味であり、劇中でも主人公はその言葉をかけられる。
それは主人公がこの家は危ないから出ていけという意味でもあるが、身体をとられた人間にとっての自分の中から出ていけという意味にもとれる。
とても考えさせられる点が多かった。
どういうアプローチの怖さなのか1ミリも知らないまま観ててずっと気持ち悪い瞬間を観させられて、「差別って良くないよね」なんてこちら側が軟着陸した瞬間に「催眠術」が出て来て
笑いながら泣く人、急にスゴく怒る人や走る人、え?お前も?お前も?と一家全員がヤバいヤツだと分かってきてこりゃあ逃げなきゃ。「ゲットアウト」ってそういう話かと荷物まとめて逃げる話かと。そう思ってからの急展開。
なんだよ、脳の移植手術って。狂ってるにもほどがあるだろう…せめて洗脳だけにしてくれ。
そう思いながらも、分かっていく気持ち悪さの正体。
普通ラスト30分しか無かったらバッドエンドしか想像できないのに…スゴかった。綺麗に事が運ぶ様は本当に痛快。
 割と序盤から黒人の人達は洗脳されてるんだろうなあってのは気づいたけど、最後思ったよりハッピーエンドでよかった。最後バッドエンドだと、問題提起というより煽る作品になってしまいそうだし。こういう問題は、日本人の自分にはイメージしづらいけど、「大統領の執事の涙」とか見たから少しはイメージ出来た。

 あと、全然関係ないけど、映画で美人な人は大体いい人っていう固定観念があったから、部屋に元カレ写真があったの見た時、ああ自分ならこの写真の中の1人になる側かもなあ…と思った。

 映像の撮り方が印象的だった。沈むシーンの描写や顔のアップの仕方は、無機質さが出てた。
サイコスリラー感が終始漂ってていい感じ!人種差別が主題?みたいだけど、歴史的な背景などの知識が無い自分が見ると、ほんとに黒人差別を主張したいのか?とか本人や周りが煽ってるだけなのか?と思う時間も結構あった。
でも人間が自分のための器だという思考をもつ人達があんな沢山いるというのは、たまたまサイコが集まったというより、それがその地域の文化だと考えるべきなのかも。そう考えると差別文化を批判する映画な気もしてきた。
ストーリーの後半の方から、思っていた展開と違い、人格移植というSF展開に変わっていったのには、驚いた。が、それにより、そこまでの不穏さ、不気味さが、薄れてしまった気がして、残念。
>|