ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.7
ゾワゾワくるサイコホラー

ホラーに足す要素が新しい
宣伝の"何かがおかしい"が急加速して、本当にget out!って叫びたかった。気づいた時にはもう遅いこの感じが醍醐味
新しい、この感じとてもよい。
この居心地の悪さ、不気味さがたまらない。こういうの待ってました!
伏線、シナリオきちんとしていて投げやりではないところがいいよね。
音の使い方がすごく効果的だし、ずっとモヤモヤ、ハラハラさせて全然時間が気にならなかった!
最後にスーパー黒人無双しちゃうとこすごい好き。友達が心の支えでした。
mifuraha

mifurahaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「白人彼女の実家には行くな」
冗談だったはずの言葉たちがジリジリと心理を蝕んでいく。
良い子がころっと豹変するのはやはりドキドキする。
あとシンプルに女使用人の顔が恐かった。
yuuuut

yuuuutの感想・評価

3.8
おもしろかったあ!
引き込まれたあ!

怖い世界だよね本当。
でも本当にあったらどうしよう、という。

友達めっちゃいい奴(笑)
sato

satoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

記録
角川シネマ新宿
前半部分は、すごく平穏な空気感がありながらも、気持ち悪い感じがちょろっと垣間見えてくるので、とてもひきつけられました。なんなのこれはと考えてしまいました。
後半部分は、あぁ、そうなんだという展開で驚きではあるんだけど、なんか物足りない感じはありました。
でも、1番最後の最後は個人的にはまた気持ち悪い感じがして、ホラー映画だなと思いました。
kzsagami

kzsagamiの感想・評価

3.9
相手が何を考えているのか分からない恐怖、それに人種を絡めた良く出来たホラーだと感じた。人種ホラー。
アフリカ系アメリカンが白人に抱く、「こう思われていたら嫌だな」「どうせこう思われているのではないか」という恐れがホラー映画になっており感心した。これは人種に限らず普遍的に人々が他人に抱く感情だろうし怖かったなあ。

運輸保安庁の彼が出る度に安心するのはきっと彼は僕が映画で期待する通りの黒人像だからで、これは映画の仕掛けな気がする。人種によってその人を排除したり邪険に扱ったりする事は絶対無いけど、人種によって相手に期待する人物像は正直あるのかもしれない。劇中クリスが「黒人がいて安心した」と言ったり握手でなく拳を突き合わしたりするように、同人種同士で相手に期待する人物像すらあるのかもしれない。
本当の人種非差別とはなんだろう、というのが根底にあるから妙な恐怖を感じるのかなと、深い映画なんだろうなあと思った。

いくつかの感想ブログを読んだら各所にメタファーやら伏線やらが張り巡らされているようで鑑賞中感じた以上に凝った作品だったようで驚いた。
気づかなくても楽しい、気づくともっと楽しい、そんな映画がホラーで生まれるとは、1つブームが来るかもしれんね。
最近珍しい感じのサイコサスペンス。
興味深く観ました。
こういうのってレビュー書きにくいなあ、ネタバレしたらまずいしね。
チャーミングな人が変わっていくのは「効く」ね。
nama

namaの感想・評価

4.0
2017年12月14日鑑賞。
したまちコメディ映画祭で上映された作品ということで、期待値を上げて鑑賞。感想としては「怖いけど面白い映画」といった感じ。
白人が黒人の酷い事をするとい点はポスターから大体予想は出来るのだけれど、その方法と目的がなんというか新鮮だった。主人公は白人たちの過剰なほどの歓迎を受けるのだけれど、全編通した後だと、やはり「彼女」の対応が異常過ぎて気持ち悪かったし、その演技にも驚かされた。
テーマは深いものがあるのだろうけど、何も考えずに観ても面白いホラー(スリラー)映画として仕上がっていた。
(個人的には、終盤の展開とラストがとても好き。)

あと自分もTSAの職員になりたいと思った。
思ってたより怖かった…
恋愛、人種差別、サイコ、少しグロいし、、笑えるとこもあり、なんか静かな感じで進んで行くけどビックリもするし、ドキドキするし、うーん、表現難しいけど、楽しめました!そして、あんな親友欲しい笑
kukemaru6

kukemaru6の感想・評価

2.3
奇妙だった。
>|