ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

「なるほどね。」観終わったあと、多分こう思われるのではないでしょうか。

「ゲット・アウト」(出て行け!)
このタイトルも色々と含みありげなやつでナイスな付け方。

1回目を最後まで観て、2回目で「なるほどね、だからアレがこーでそういうとこね!」と思えるかも。



人種差別をテーマにしたホラーなんだなと予告みた誰もが思うでしょうこの映画。

もちろん人種差別がテーマです。

しかしそこに“コンプレックス”という隠し味を投入し、「仕掛けに引っかかったな?(ニヤリ)」と言わんばかりに人種差別を逆手にとったやり方で我々の予想を斜め上をいく展開を監督は仕掛けた。

クライマックスの怒涛の展開に「そう来るか!」と思わずにいられない。


ホラー映画というわりにそこまでホラーしてないんで、苦手な方も観れると思う。

多少、グロ注意だけど!(-᷅_-᷄๑)


雰囲気は終始不穏な感じを醸し出していて、画面の主人公と一緒に得体の知れない不安感を共有して観ていく映画。

今回は“全米NO.1大ヒット!米映画レビューサイト99%大絶賛!”の文言は多少信憑性があるかと思いました!
HIDE

HIDEの感想・評価

3.4
ありそうでなかった展開。
新しい。
避暑地とか郊外+隣の家は離れた場所にあるって設定の家には行くなよ。十中八九死ぬから!って感じで冒頭から死亡フラグ(死語)びんびん立った状態で果敢にもホワイトの巣窟に飛び込むブラック!

匂い立つ狂気感とじりじり近寄るX DAYにずっとハラハラさせられっぱなし。丁度良い90分。ピザとコーラを頼んで観よう。

ていうか黒人女性のマネキン感がちょー恐くない?景品が謎な老人のビンゴ大会も恐い。一番恐いのは豹変する女。個人的には太めのブラザーに表彰状。
ことり

ことりの感想・評価

5.0
こうゆうのとても好きです。内容も面白かったし、ドキドキしたし、映像もある程度のグロさもあって大好物。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
白人家族やその友人たちがみんな不気味で、不思議な恐さを感じながら話は進む

黒人に嫌悪感があるのかと思いながら観ていたら、最後にまさかの展開
そっちか。。と意外な思惑で面白かった!
とと

ととの感想・評価

4.2
時代や人々の認識がいくら変わろうと、易々と変われないものもあるということを、今までにない新しい形で感じれる作品。

マルコヴィッチの穴にも通ずるものがあった。

本当人間って怖い。
人間の深層心理に潜んでいる感情をあぶり出しているという作りには感心したけど、物語的にはうーんって感じでした。

面白いっちゃ面白いんだけど、なんか個人的には期待よりはやや下って感じでした。(評判がかなり良かったので期待値が高すぎたのかも笑)

こーゆうタイプの映画ならシャッターアイランドやセッションの方が好み。
Koto

Kotoの感想・評価

3.8
気になり過ぎて先にレビューを読んじゃったのが間違いだった。まっさらな気持ちで見てみたい。
Ryow

Ryowの感想・評価

3.9
ジャンル映画かと思ってたら、あら意外。いろんな賞を獲得してるのも納得。伏線回収が気持ちいい。人種差別の気持ち悪さは日本人ならではなのかイマイチ感じられなかった。
まゆ

まゆの感想・評価

5.0
伏線の回収。本音と建て前の表現など秀逸な作りでした。
よくあるパニックホラーと違い、ずっと薄気味悪い感じが漂っていて引き込まれる作品だった。
ラストに少し意表を突かれ、もう一つのエンディングの方が個人的には好きだったのだけれど、まあ仕方ないのかと解説など読んでて思えました。
>|