ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

いや〜 本当に参りました。

洋画も邦画も 10月から11月にかけて結構 楽しめる作品が続くなと思っていましたが、ここに来て本年度のベスト10入り確実の作品がこれです。

カメラマンである主人公の視点(作品)で物語が始まり、主人公に異様なまでの関心を示す恋人一家の描写がじわじわと伝わる演出は流石です。

スプーンとカップで催眠術をかける精神科医の母親、怪しい脳神経科医の父親、やたら絡みたがる弟、またセリに訪れる白人の知人たちがそれぞれ微妙に作用しあって 作品に引き込まれました。

それにしても 召使いの女性が恋人の祖母で、夜中に走り回る庭師の男が祖父だったなんて 本当にどんな家族だろう?

また、運輸保安庁に勤める友人もいい味を出していました。
あそこまで親身になってくれる友達が自分にも欲しいなと思いました。

ところで 開頭手術の途中のまま放置された あの盲目の富豪らしき白人男性はあの後どうなるのでしょうか?

それを考えるとゾッとして夜も眠れません。
序盤のハウスキーパーが怖かったし、効果音が怖さを倍増させてると思う。

謎が解けてきてからは、殺し合いになっても目を背けずに観れた笑
タケシ

タケシの感想・評価

3.6
最後まで観ると
タイトルの意味がわかった。。

恐ろしかったけど、面白かった。

手術シーンがグロい。。見たくないw
ooの

ooのの感想・評価

3.8
身体内外、ダブルミーニング、、、脚本の走らせ方のうまさ。また凝固術のくだりやや事件自体の回収のなさなどマクガフィンで終わらせれることが爽やかに終わる美徳につながる。
某在日ゾンビ映画とは素養の違いを感じた。
みなみ

みなみの感想・評価

3.7
ぞわぞわした
mi

miの感想・評価

3.2
なんつー映画だ
クボ

クボの感想・評価

-
終始集中できる怖さ、面白かった〜
kyon

kyonの感想・評価

3.5
催眠術のシーンで自分もかかったかの如く5回くらい寝落ちたけど、最初から不気味でオチもゾッとした。伏線がすごくて、2回目に見ても面白い!日本人にはあまりわからない根強い差別が垣間見えて、苦しくもなった

このレビューはネタバレを含みます

めちゃんこおもろかった
弟が窪塚洋介に似てて上がる
音楽がすごくいい
私だったら隠し撮りしよってならないので弱点見つけられず死んでる
気持ち悪かった!(褒め言葉)
クリスを歓迎してるのは嘘じゃないし、普通に家族・友人エピソードもいい感じだから、何系のホラーに持ってかれるのかずっと気になって見ていた。
見下す差別だけが差別ではなく、異質な物として詮索しまくるのも人としてすでにハラスメント入ってるけど、これが果たして黒人差別の話なのか?と謎が深まって見入った。
この気持ち悪さは何なのか? ほんとにあの技術を研究してる人とか、望んで出来るならやっちゃう人がいそう。どこまでが医療でどこからがオカルトなのか、、、

昨日見た「マザー!」より強烈。また夢に出てくる、、、
>|