ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

いや〜 本当に参りました。

洋画も邦画も 10月から11月にかけて結構 楽しめる作品が続くなと思っていましたが、ここに来て本年度のベスト10入り確実の作品がこれです。

カメラマンである主人公の視点(作品)で物語が始まり、主人公に異様なまでの関心を示す恋人一家の描写がじわじわと伝わる演出は流石です。

スプーンとカップで催眠術をかける精神科医の母親、怪しい脳神経科医の父親、やたら絡みたがる弟、またセリに訪れる白人の知人たちがそれぞれ微妙に作用しあって 作品に引き込まれました。

それにしても 召使いの女性が恋人の祖母で、夜中に走り回る庭師の男が祖父だったなんて 本当にどんな家族だろう?

また、運輸保安庁に勤める友人もいい味を出していました。
あそこまで親身になってくれる友達が自分にも欲しいなと思いました。

ところで 開頭手術の途中のまま放置された あの盲目の富豪らしき白人男性はあの後どうなるのでしょうか?

それを考えるとゾッとして夜も眠れません。
タグ

タグの感想・評価

-
考察まで見ると登場人物の行動の意味が分かって「あ〜なるほど〜」ってなる
序盤に動物が死ぬシーン
後半に10分程度のグロシーン有り

人間の欲望は怖い という話でした
ゲット・アウト(字幕)
配役:【★★★★/4】
ストーリー:【★★★★/4】
映像:【★★★/3】
演出:【★★★★/4】
音楽:【★★★/3】
テンポ良くダラダラ追ってこなくて◎
カラフルシリアル留学してたとき食べてたなぁ懐かし
ついに見れた、Amazonプライム最高かよ。

なんだろ、終始不気味で、本当今まで見たホラー・スリラー映画の中でも一番怖いかも。
主人公意外(あと主人公のアホな友達以外)の表情が読めなさすぎて本当に気持ち悪い。
本気で、なんか変ってなる。。


黒人差別っていうベースに一族総出のサイコ犯罪みたいな感じの要素が加わってて、総じてとても怖かった。

黒人を差別とか敵視するのには、なんらかの"憧れ"の感情も含まれてたんだね。
本当に人間らしいと言うかなんと言うか…




リアルなホラー映画では今のところ一番怖いかも。
SUP

SUPの感想・評価

3.0
差別ダメ絶対❌
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.8
友人素晴らしすぎ。
有能すぎてヤバイ。
ちゃんとペットの世話してる。
王道ホラーかと思ったらちょっと違うような。
後から合点のいく伏線が沢山あって最後まで楽しめました。

序盤の庭師全力疾走笑っちゃう。
でも面白い。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.8
前情報無しで観たかった!!予告観てから観てしまったのをちょっと後悔
>|