ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

招かれざる客から50年
人種差別においては変わってないと言うより複雑化してる気がしないでもないですね

監督がブラックな人種コメディを得意とするコメディアンだったそうで「ヘイトあるある」が出てくる出てくる
ですが単なる人種差別ってひどいよね怖いよねってお話なだけではなく、何かがおかしい不気味なお気に入りシーンが沢山
こちらに全力で走って直角スルーと張り付いた笑顔の涙は名シーンですね
いやもう感動の域ですよ
あとビンゴのいよいよ始まった感も好きだな

そもそもクリスは勘が良く落ち着いた青年でしてワーワー喚いたり叫んだりする作品とは違うし、主人公の不利になるような足枷役や、無理やり問題を起こすイライラキャラなんかいなくて、非常にフェアでスマートなノンストレスなホラー、と言うよりスリラー?でした

後半の畳みかけなんかもハラハラさせながらも過去と絡めたり伏線回収もしていたり、皮肉なんかも効いちゃってて大満足でした
Malcom

Malcomの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく予想はできたけど、黒人二人が祖父母だったとは驚き。伏線の張り方が絶妙だけど、これは最後まで結びつかなかった。黒人のメイドは時々自分に戻って混乱してたのでしょうね。脳みそが無いのに覚えている不思議。捕らわれ中ビデオでネタバラシは少しB級感あり。盲目の頭割る前に代わりの脳味噌確保せんかいとつっこんでしまった。
@もやーマン !やっと観たよ‼︎

ひっさしぶりにレンタルしました。観たいやつ多すぎて悩んで、友だちのオススメ思い出しました。



ちょっと感じたことないドキドキ感。
意外な展開にニヤニヤ♡
本当に世界のどこかでこんなことが起きてるんじゃないかと想像すると、ゾッとする。
kai

kaiの感想・評価

4.1
今年のアカデミー賞脚本賞を受賞。
彼女のクローゼットの中の写真、使用人たちの不思議な態度、不思議なゲストたち・・等々、次第に明かされる謎が面白かったです。
Ellie

Ellieの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オープニングのジェレミーのシーンのBGMの使い方がとても好き
ヘッドロック好きな弟

ローズが庭師をGrand's keeperって紹介してたのは、Grandpa’s keeperってこと?

黒塗りの車に何故かモノクロな服に身を包むお客様たちと
カラフルな服とカラフルなシリアルを食べるローズ

そして、カメラマンなのに、小1で柔道やってただけなのに、めっちゃ強いねクリス…
makorock

makorockの感想・評価

3.8
人種差別を題材として社会に問題提起していく真面目な映画かと思いきやそんな事はなかった。グロでもビックリでもなくシチュエーションで着実に不安を煽ってくるので結構しっかり恐い。
HAL

HALの感想・評価

3.7
記録
mori

moriの感想・評価

3.7
登場人物の発想がサイコよりなので、どうせなら演出ももっと怖い風が良かった。
奇妙な不気味さと滑稽さ。あのゲット・アウトの叫びに納得。赤い箱を開けたあとからの怒涛の展開、鹿のオマージュ、青と赤、帽子やカツラ、伏線のパズルがはまる。自分が日本人だからこんなに楽しめたけど、アメリカにいたら笑えないかも。
>|