ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

【ネタバレなし】面白かったけれど、オチはそれ程でもなかったです。
(もちろん映画的な意味で)。
TV東京の午後ロー路線での傑作!でしょうか。

コメディと言う噂もちょっと聞いていたんですが、その演技をしていたのは一人だけで、全体的にはサスペンスホラー風味に感じました。

アメリカ人が観ると、もっと笑えるんでしょうか?…。

終盤までの、“違和感”を感じさせる奇妙な雰囲気は、ホントにいいんですよね。
それだけに、意外とオチがシンプルで分かり易くて、ちゃんと型にハマっていて、つまらなくはないんですが、ちょっと残念かなぁ…。
行き過ぎた黒人差別を描いたサイコスリラーかと思ったら全然違った。むしろよっぽどトンデモで怖くはなかったけど伏線回収が丁寧でおもしろかった。運輸保安局はもう少し役に立て
にわか

にわかの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最後ハッピーエンドで嬉しかった反面、胸くそ悪くもやもやしたかった気持ちもある
とてもびびりながらみた(*^_^*) ので、そんなに怖くはなかった。 58
0歳児抱っこで寝かしつけがてら鑑賞。
面白かった。怖かった。
さくさく見れた。
子供とは見れない。
ミスリードされ申した
終盤のネタが分かるとこはなるほど〜って感じで腑に落ちておもしろかった
ラストはもうちょいなんかあるかと思ってたけど
外国人なら日本人より楽しめそう
ayui

ayuiの感想・評価

3.0

サプライズスリラーってなにか、見た後でもわからない。

友情に乾杯。
きゃう

きゃうの感想・評価

3.7
ロッド、、、
foxtrot

foxtrotの感想・評価

2.8
 白人と黒人と、差別の加害者と被害者と、差別主義者と自称非差別主義者と、男と女と、家族と他人と、警察(権力者?)と一般人と…

 全体的な雰囲気として確かに何かがオカシイと感じながらも、その違和感がそれぞれのポジションにおける見方見られ方を過剰に意識しているが故にバイアスがかかりある種被害妄想に陥って入ってしまったがためのものであるかもしれない…などと核心が持てない。

 差別意識の有無と、無意識の差別と。故意によるものと、無理解によるものと。時に差別主義者と非差別主義者の構図がひっくり返ったりもする。区別と差別が混同されその誤解から大きな不和へと発展することだってある。

 こういったデリケートな問題があるとして、腫れ物でも触るかの様な外側からの消極的なアプローチの魅せ方は見事だった。


 「スケルトン・キー」(2005)…「シェルター」(2010)…「ユージュアル・ネイバー」(2013)…「インビテーション」(2015)…「セルフレス 覚醒した記憶」(2015)
>|