ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

3.7
結構面白かった。不気味さの演出が上手くてぞわぞわさせられる。
ちゃそ

ちゃその感想・評価

4.4
皆さんの顔芸がすごい。笑えるのに、怖くて、面白い。
恋人の家族に会いに行く、しかし自分は黒人だから心配。
警官に身分証の提示を執拗に求められ、彼女の実家には黒人の使用人がいる。
ニュースで、授業で聞き及んでいた黒人差別描写の数々に「向こうではこれが当たり前の光景か、恐ろしい」と思った。

しかし真の恐ろしさ、いやおぞましさはそこじゃなかった。
深層心理に無自覚に寄生する「黒人はこう」という考え方そのもの。
そして別の生き物と捉えている常軌を逸した了見。
後半の種明かしではそれをまざまざと突き付けられ動悸がした。

比喩や暗示を思い返して、見識のある方の解説を見て脚本の巧みさに唸った。
カメラに無駄に映った物は無いんですよ。

脚色されているとは言え、少なくとも今現在起こっている事実を元にしていて、しかもこの様な思想の組織が実在しているんだから恐ろしい。

「日本人には縁がない差別問題でノレない」と仰る方々が散見され、その意識の低さがなぁ…と思ったり。
複雑さもありますがちゃんと日本人役に日本人をキャスティングしています。
その方は国際大山空手道連盟の最高師範、大山泰彦さん。
息子さんが脚本家で、監督のジョーダン・ピールと面識があった事からオファーに至ったとか。
そう自身のウェブサイトに書き綴ってらっしゃいました。
大山さんは慣れない撮影現場でクリスと同じ様な居心地の悪さを感じたに違いない。

別エンディングがDVD/Blu-rayに収録されていますが、確かにこちらのほうがよりズーンと重くのしかかっていたと思う。
確かに公開版の方が希望はある。
それでも監督が特典収録させるほど惜しいと思う別エンドのメッセージ性も凄まじい。

他の伏線は解説を見てある程度解決したのですが、何で鹿が登場するんだろう?と調べたところ
【“doe”はもともと雌鹿という意味の英単語です。
「男性パートナーのいない女性」や「若い娼婦」を意味するようになりました。】
あー、なるほど。。。

監督はこの映画の立ち位置を
「良いホラー映画には主張がある。
しかし人種差別の心理を描くことは無視されてきた。
その隙間を補うつもりで書いた。」と。
何かを讃えたり貶したりではなく
「俺らから見たらお前らこんなんだわ!」とコメディアンの監督が皮肉と“話を盛って”渾身の力でホラーに落とし込んだんではないでしょうか。

「クリスは自分の中の悪魔から解放された」と監督は言っていた。
それでも地獄はここにあります、頭の中に。
目の前の景色は目を閉じればそれだけで消えるけど、地獄からは逃れられない。
だってそれはこの頭の中にあるんですから。

差別はもちろん悪であるし、無自覚はグレーでしょう。
しかし何から何まで排斥するのも違うし…。
人の心に当たり前に、簡単に根付いてしまう差別意識、だから難しいし。
この映画が生まれ、そして一定の評価を得ているという事自体が問題とも思う。

そしてこの作品を「黒人賛美」とひとまとめにする人が心底恐ろしいと思います。

このレビューはネタバレを含みます

この映画は、ジャケットだけ見てポンっと借りた。。 序盤は黒人差別のあんまり好きじゃないテーマで、失敗かぁと思うたが、、、、 観てるうちにドンドン引き込まれて、なんか異様でどーなんねやろ😧?って

いや、そう来るの(⊙ꇴ⊙) 監督の意図にまんまとハマった!! 全然予想つかん展開に🐸 最近観た中では皆にオススメ出来る映画🎬 皆の感想も気になる!
ラストは白人が憧れる?! 黒人のポテンシャルの高さを実証した感じで、フラグ回収してた所も良かった🆒
alisa

alisaの感想・評価

4.3
歴史的な文脈を踏まえて描いた、黒人差別の伏線張りまくり痛烈な風刺サスペンス。タイトルに各々出てくる抽象的な小物、演出 すべてに意味があって観終わった後に解説を読むと別のゾクゾク感が沸き起こった。シャイニング的怖さだった。異変の正体に気付いた時、点が一気に線へと変わる。脚本凄すぎる。黒人達の瞳に悪寒が走った。怖かった·····
ストーリーはベタではあるけど、演出が良い。
怖い映画ってホラーだと「思い出すのも嫌」って感じだけど、これはたまに思い出して「怖かったな〜」って色々考えちゃう感じ
Saimi

Saimiの感想・評価

3.7
音の使い方すごい、より不気味さが掻き立てられてた
snoopy

snoopyの感想・評価

3.0
B級スプラッターにしか見えなかったけど、解説を読んで高評価な事に納得はできた。前半の一触即発な雰囲気は嫌いじゃない
aya

ayaの感想・評価

3.6
白人の恋人の実家を訪れた黒人の青年に降りかかる恐怖を描いている。
前半は恋人の家族や親戚から違和感や不気味さを感じ、後半では前半での伏線が回収されていく。
薄気味の悪いホラー映画でありながらも、コメディ要素も含まれた不思議な作品だった。
>|