ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

4.0
面白かった。

借りてみても損は無い。
最後まで観て、get outの意味を考えてゾッとする
そして2回目観て冒頭からの伏線に気づいてまたゾッとした…

監督の次回作も楽しみ
差別を扱ってるのに説教臭くないのがすごい。ホラー映画としてちゃんと怖いからだと思う。
他所の国の文化を理解するのが難しいことって結構ある。けどこの映画は黒人視点で展開して感情移入させることで、そこの障壁がなくなってる。
意識せずに意識しなきゃいけないってすごい難しそう。
K

Kの感想・評価

3.0
今後クリスは白人に違和感と不信感しか抱かなくなるんじゃないかと心配😢
予想と違う。
あっ、タイトルそういうことね!
かなり、高評価す。
米国がかかえる社会問題に人種問題、とくに黒人との人種問題があり、これを扱った映画は、数多くある。
その多くは、社会派作品であり、エンターテイメントとしての味付けは、サスペンスが多かった。

ゲット・アウトも黒人と白人との間にある、超えられない溝が描かれているが、サスペンス仕立てのホラー映画だ。
登場する白人は、誰もが知性的で所謂リベラルと称して良い人たちだ。

1960年代に書かれた五木寛之のエッセイに、「黒人差別をする米国白人は、黒人を人間として差別をしているが、欧州でみかける黒人を連れ添う白人は、自らの進歩性を誇示するアクセラリーとして扱っている」という内容のものがあった。

この映画を観終った時に、若い頃読んだこのエッセイを思い出した。
監督のジョーダン・ピールがコメディ分野というのが驚きだ。

考えれば、米国には人種問題が横たわっており多くの国民は社会的関心とは無縁とはならず、どんなにふざけた作品であっても、ふとした拍子に深みを感じてしまう。韓国映画も同様に、内戦や軍事独裁、民主化運動を経た歴史ゆえにヤクザ映画であっても時に社会性が垣間見られる。
つまり、これらの国では、横たわる社会的課題とは無縁の映画は作りづらく、何らかの影響を受ける。反対に国民誰もが共通認識する課題もなく、国政選挙の投票率が50%前後の日本では、ファンタジーであるアニメーションが発展した。
『使用人!!』
走るは、笑いながら泣くは、怖すぎー💦 
全然展開が読めなくて、観終わってからなるほどー!な作品。使用人の正体もちゃんと分かって、全ての謎が解けたとこで、もう一回オープニングに戻したくなる。
spica

spicaの感想・評価

4.0
どういう映画か知らないまま見始めた。
だんどん不穏な感じがしてきて…
怖くて、その怖さを楽しめた。
うえの

うえのの感想・評価

4.5
伏線とメタファーのオンパレード。めちゃくちゃ作り込まれてる。タイトルも良い。
見終わったあとのこのなんとも言えない感じもひさびさ。
>|