ゲット・アウトの作品情報・感想・評価・動画配信

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

人種差別的なテーマを持ちながらホラー、ミステリーとしても面白い。

冒頭からオープニングにかけての時点でめちゃくちゃ引き込まれる。
彼女の実家ってだけで居心地悪いのにどいつもこいつも気味が悪い。

好きなテイストの怖さ。
Kintaro

Kintaroの感想・評価

3.9
最初に轢かれた鹿はブラックバッグ、、
なるほど、、この監督、、鬼才!!
設定がめっちゃおもしろい!
点と点がつながって線になって
ぬぉぉ、、って鳥肌がたつ
そんな絶叫する感じではなく、
ぞくっとサイコホラー?スリラー?ってかんじ
ティーエス・マザファッキンエイ ニキだいすき
黒人の人が白人の人へ感じていること、白人の人が黒人の人へ感じていることを描いているけれど、アジア人の自分からすると想像を巡らせても憶測でしかわからない部分があるなあと思った。

そしてハッと気付いた時の不気味さがすごい。なんとなくココおかしい、という描写がうますぎる。。

お父さんちょっとだけジョブズっぽく見えた。
面白!!!
Usを先に見ていたので、なんとなく予想はできてたけど
やっぱりジョーダンピールの映画に出てくるキャストの笑顔の怖さ!
そして彼が階段に昇ったらみんなで無言になって上を見るところ!!!めちゃくちゃびびった!!!!
明るいところでドッキリ仕掛けてくるの上手だなーー😂あとこれに比べてUsってめちゃくちゃお金かかってるなー!ゲットアウトが相当売れたんだなあ!!
親友が最高だった。

白人の中に一人に日本人がいたけどあれもどういう意味なんだろう?アジア人も相当差別されると思うんだけど。
Usと同じで考察サイト巡ろうかな。


追記

https://globe.asahi.com/article/11532864
にて日本人のインタビュアーが監督に聞いた記事の参照
>劇中、タナカという日系人あるいは日本人の中年男性が、裕福な白人集団にまじって出てくる。彼が登場した意味を聞くと、ピール監督は日本人の私に言葉を選びつつ、答えた。「タナカはマイノリティーだが、白人エリートの文化に受け入れられ、彼自身も溶け込み、カネもある。そうした『モデル・マイノリティー』を描こうという考えからだった」。あぁ、とてもよくわかる。日本の人はアジア系として米国ではマイノリティーに位置するのに、まるで自分が「白人」の側にいるかのようにふるまい、「黒人とは違う」と分けて考えてしまう人がいる。

ものすごく納得した。白人側にいる人すごく多い。これは男尊女卑(またはその逆)をする側にすごく多い。
ほね3

ほね3の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

見やすいホラー映画でした。専門家が好きそう。人種差別がテーマかと思いきやミスリードになってて黒人差別一家ではなく実は黒人大好き白人一族の話ってのが徐々に推理してわかるような作りになってるのがすごい良かった。所作が白人の老人の黒人とか気持ち悪さが出てる。外科医、精神科医、人攫い、人攫いの家族が手口が極まり過ぎて嫌になるよね。システムがよくできてる。持つべきものは黒人の陽気な友達ですね、やっぱり。
ダニエル・カルーヤさんの表情筋が凄かった

正気を疑うわーって顔で言ってる感じ
眉間を自由に操れるの凄い
アスの興奮冷めやらぬのでこちらも見ました…めっちゃ面白かった…主人公が感じてる違和感を見てるだけでも共感できて、同じくらい怖かった…😭
怖かった、、、、
表情がみんなこわいこわい
nao

naoの感想・評価

-
usからの流れで観ました。
ジョージナなんであんなに不気味なの…ダントツ不気味だった😭こわい。
もっと最後粘るかと思いきやあっさり勝ったね。ローズ役の女優さん初めて観た女優だったけど可愛かった。
考察はこれから読んでみます!
>|